たらし込みで描く水彩画(淡彩画)

初めての水彩画!スケッチや写真を見て、野菜などをさらっと淡く色彩豊かな透明水彩絵の具を使って描いてみましょう!

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
旅行でスケッチした際や、写真を見て、雑誌を見て鉛筆などでちょっと描いたものに色をつけたり、さらっと描く際に絵の具の使い方や、コツ、描く際のヒントなどをお話しします。
当日は描きたいものをご用意いただくか、こちらで用意する資料やモチーフ(野菜)などを見て鉛筆で描き、透明水彩絵の具で淡く着彩してゆきます

<こんなことが出来るようになります>
今回は透明度の高い透明水彩絵の具を使用します。絵の具は描いてみないとわからない偶発性が面白いのですが、絵の具の性質や水分量を抑えるだけでぐっと描きやすく簡単に使用することができます。

<こんな風に教えます>
少人数制ですので、わからないところやこうしてみたいなどその都度丁寧にお教え致します。
レクチャーとワークを組み合わせた二部構成です。
他の方の作品も見ることで表現の幅も広がり、自由に楽しく学んで頂けます。

<持ち物>
描きたいものがあれば、その資料や写真など(実際ご持参いただいても構いません)

<定員>
基本 6名
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

秋葉原・御茶ノ水

価格(税込)

¥3,000

受けたい
23人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

視覚を知る・描く 絵画ワークショップ

SHIKAKU workshop
視覚、知ること、描くことの3つを核にARTを楽しんで頂ければと思い活動しています。

主催:
小川千尋

2007.3東京藝術大学 大学院美術研究科絵画専攻油画技法・材料研究室 修了

2008 みなかみコレクション(みなかみ街芸術村設立実行委員会)卒制・修了作品寄贈
個展 馬喰町art+eat) 2011『行商 ギャラリーサーカス』(表参道スパイラル )
2011 個展(馬喰町art+eat)
2014「見ること・描くこと」―油画技法材料研究室とその周縁の作家たち(東京藝術大学美術館)
2016 個展 (伊勢丹 浦和店) 、グループ展(伊勢丹 松戸店)

大学でのアシスタントを経て現在作家活動と共に専門学校・絵画教室講師・公民館などでのワークショップなど、幼児から大人まで幅広い層の美術指導に携わり活動中

SHIKAKU workshop :
http://shikaku-art.tumblr.com/
SHIKAKU workshop 動画:
https://www.youtube.com/watc... + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <当日の流れ>
    10分 レクチャー
    40分 制作(下図)
    10分 休憩
    50分 制作(着彩)
    10分 軽く全体講評と片付け

    終わりの時間が少しずれ込むこともございますが、上記が大体の目安です。
    尚、始まりは10分前開場になりますので何卒よろしくお願い致します。
  • こんな方を対象としています

    ・絵を描いてみたい
    ・水彩絵の具を使ってみたい
    ・旅行でスケッチをしてみたい
    ・中学生ぶりだけれどやってみたい
    ・絵が苦手だけれど興味がある
    ・普段描いているけれど、違う表現も挑戦してみたい
    ・デジタルは描いたことがあるけれどアナログも挑戦してみたい
  • 受講料の説明

    受講料他に、レッスン料、画材費、場所代が含まれます
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    当日は上記資料以外は手ぶらでお越しくださいませ。(こちらで全てご準備いたします)
    描くのに楽な格好やそんなに汚れないとは思いますが、ご心配の方は汚れても構わない服装でいらっしゃっていただけましたら幸いです。

    ※準備等ございますので10分前の開場にてお願い致します。

more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています