NPOマネジメントのための成果ロジック"見える化"講座

あなたの社会貢献活動は成果を確約できますか? 活動が成果につながる論理(ロジック)を見える化して市民からの広い支援を集めましょう。

learn

こんなことを学びます

【この講座について】
 社会貢献活動が市民からの広い支援を得るには「情」と「理」の両面で活動をアピールする必要があります。どれだけ美しい理想を掲げても、活動が「無駄な努力」と思われてしまっては支援は集まりません。

 活動の妥当性を検証するツールとして近年注目を集めているのが「ログフレーム(ロジカルフレームワーク)」と呼ばれる手法です。この手法は、活動が理念実現に至るまでの過程を「活動」「結果」「成果」「ゴール」の4段階に分け、段階ごとに中間目標を設定し予想されるリスクまで記述することで社会貢献活動を"見える化"し、活動の妥当性を分かりやすく示すものです。

ログフレーム手法導入のメリット:
・活動計画を最適化できる
・団体内部での意志統一が図れる
・外部に活動を説明しやすい
・支援者増加を期待できる
・定期的な活動見直しの際にも利用できる

 本講座は、「ログフレーム」手法を解説し、さらにログフレームを描く上で必要な「問題分析」の方法をワークショップによって体験していただくものです。

 本講座は社会貢献活動に興味のある方全般を対象としています。特に、NPO活動や社会的企業などのコアメンバーで新規活動/新規事業を計画中の方にお勧めします。

 本講座で、ログフレーム手法を皆さんの活動に導入し、活動計画の最適化と支援の獲得につなげてください。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格

¥3,000

受けたい
4人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

数字の向こうに人が見える!「ビジネス見える化」先生

ビジネスの基本は人。消費者も従業員もビジネスパートナーも人です。この基本を忘れ、ただの勘定残高や統計データとして人を見てしまったらビジネスの成功は望めません。数字の向こうに人が見える「見える化」、チームが一致団結できる心のよりどころになる「見える化」が必要です。

市場、顧客、財務、経営理念、顧客満足度…ビジネスにけるあらゆるものが見える化の対象です。「見える化」は難しくありません。難しいのは「見える化」できていない事に気付く事です。

私の講座では、講義による気付きと実習による体感で皆様のビジネス「見える化」を応援します。

<略歴>
 家電メーカー企業で情報家電の商品企画とユーザー調査業務を経た後、 2012年にコンサルティングファーム「ユーリカ株式会社」を設立。顧客との継続的な対話の中から真に顧客の喜ぶ商品サービスを創り上げるものづくりの方法論「人間中心設計プロセス(HCD)」の導入支援を主業務とする。
 認定人間中心設計専門家、特定非営利法人人間中心設計推進機構正会員、日本人間工学会アーゴデザイン部会会員。 + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    当日は前半部分で講義を行った後、ワークショップ形式で一連の課題を行っていただきます。ワークは4人一組で作業を進めていくスタイルになります。

    18:30 受付開始19:00開始
    19:00 あいさつと全体説明
    19:10 ログフレーム手法の解説
    20:00 問題分析ワークショップ
    20:45 まとめとふりかえり
    21:00 終了
  • こんな方を対象としています

    社会貢献活動に興味のある方。特に、NPO活動や社会的企業などのコアメンバーで新規活動/新規事業を計画中の方。
  • 受講料の説明

    場所代・配布資料代等すべて込みの価格です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    * 筆記用具をお持ちください。
    * 記録として当日の会場の様子を写真撮影いたします。写ることを希望されない方はお申し出ください(撮影時に再度確認いたします)。

more

この先生の他の講座

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も見ています