災害時などに役立つロープを使ったロープ・タクテクスの簡単講座!

突然に起きる自然災害や人災、または日常生活のちょっとした場面で重宝する簡単ロープワーク!!

learn

こんなことを学びます

内容を一部、変更させて頂きました、科目の追加、時間の延長、受講料金の変更がありましたので、お知らせいたします。

最近、日本各地で起こっている、大規模な自然災害、地震、その後に起きる津波や火災、ゲリラ豪雨や大雨により起こる土砂崩れ、洪水、台風や竜巻などによる被害がニュース等で報じられています、ニュースの被害映像等を見ていると、私の過去の経験から、なんとか役立てる事は出来ないか、常に考えていましたが、災害の映像を見ていて、私の中では幾つかの対処方法が有効ではないかと思う事があり、その一つにロープを使った戦術の応用で、災害時に使えるロープワークが効果的ではないかと思います。
大規模な災害の時は、被害があまりにも広域なため、専門の救助や支援を受ける事が出来ず、受けられるまでに、あまりにも時間が掛かり、地震の場合、場所によっては津波、また火災の発生などの緊急を要する場合に災害救助に応用出来て役立てる場合があると思います。

また、日常生活への応用としてでも、ちょっとした場面で、覚えておくと非常に重宝することがたくさんあります。

自衛隊のレンジャー隊員は、一人が最低でも、10人分の役割をこなせる様になる事を基本コンセプトに、特殊な教育と訓練を受けます、10人のレンジャーで、100人の部隊が行動するのと同じ、又はそれ以上の効果を得られると言う少数精鋭方式です、各人が様々な特技を持ち、それらの技術を災害の救助などに応用し、その様な考え方と同じで、少人数で、大勢でないと出来ない様な事を出来る様にする為の方法の一つである、ロープワークと、それをどの場面でどの様に使えば良いか等を解説と実技を交えた、簡単に解りやすく出来るロープワークです。

開催リクエストをして下さい、開催リクエストをして頂くと、優先的に講座を開催します。


<こんなことを教えます>
ロープの特性と結び方、どの様な場合に有効か、日常生活や災害時への応用としての簡単なロープワークを教えます。

<こんなことを学びます>
ロープの結び方
1.本結び
2.8の字結び
3.巻き結び
4.もやい結び
   手の内もやい結び
   身体もやい結び
   物にもやい結び
5.引き解き結び
   カウボウィ結び
   各種結びの引き解き
6.暗闇での結び(目隠しロープワーク)
7.アンカーについて(係留点)
8.その他=上記1~6までを完璧に出来る様になった方には、器具と摩擦を使った懸垂降下の要領(30cm降下)などを実施します。

<こんなことが出来る様になります>
日常生活のちょっとした時のロープワークと、いざと言う時に使えるロープワークを覚える事が出来ます。

<こんなふうに教えます>
屋内で簡単な座学、あとは、雨天でなければ、場所を変えて屋外で実施します。

<持ち物>
メモ帳、筆記具(気になった事や自身が大事だと思う事はメモると良いかも!)
目隠し用のタオル(目隠しロープワークで使用します、目隠し出来ればどの様なタオルでも構いまいません)

<定員>
2名
(要望と開催スペースに応じて変わる場合があります)

<補足事項>
レンジャー訓練で実施していた内容とは、違いますので、厳しくキツイイメージを持たれている方がいるとおもわれますが、和気あいあいとした感じです。



続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

吉祥寺・三鷹

価格

¥6,500

受けたい
18人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

大高 功士のプロフィール写真
ロープタクティクスのスペシャリスト!
大高 功士

平成2年3月、陸上自衛隊入隊、朝霞、習志野で教育を受け、都内某所の普通科部隊に配属される。
平成4年7月、部隊レンジャー課程を修了、その後、基地警備訓練の対抗部隊でゲリラ部隊として行動、大都市総合防災訓練に空中機動救助要員として参加、警察レンジャーとの合同訓練参加、東京サミット緊急対処要員、阪神淡路大震災の災害派遣要員、某宗教団体同時多発ゲリラ対処要員などを経験
平成8年3月、陸上自衛隊を退職、民間の警備会社に就職、要人警護、調査業務に従事する。
民事トラブルの案件で、警備・警護中に同僚が凶弾に倒れる、武装している犯人をその場で制圧、現行犯逮捕するも、撃たれた同僚が殉職(映画 第二警備隊のモデルとなる)その後、民間の警備会社の業務に限界を感じ、
特殊危機管理対策として、オオネスト レスティーコップ スペシャル セキュリティー・インクを設立、特殊危機管理対策業務として、特殊警備、特殊調査、特殊訓練を主に活動中
平成14年4月、即応予備自衛官として再入隊、緊急事態対処要員として勤務、平成29年4月、自衛隊を定年で退職、21年間の貴重な経験を業務を通じて社会に貢献して行く事を目指し、活動中

この講座の主催団体

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    自己紹介=約5分(先生・生徒)
    ロープと結びの種類と特性の解説=約45分
    各種結び方の練習を反復して実施=約180分(途中10分位の休憩あり)
    まとめ約10分
    約4時間位の内容です。
  • こんな方を対象としています

    ロープワークに興味のある方、日常でロープワークを使いたいと思っている方
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    当日は、動きやすい服装で参加して下さい。
    (半袖、半ズボン、サンダル等は避けて下さい、ロープの摩擦等での火傷や怪我の防止の為)
    時間には、遅れないようにお願いします。
    もし遅れる場合には、連絡して下さい。
    開始時間の30分前から開場しています。

more

この主催団体の他の講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています