『経理館のAccessプログラミング講座』10a_未回収管理_前編

『経理館の未回収管理』で経理を楽しむ

learn

こんなことを学びます

未回収管理で必要なBasic言語プログラミングを実習する講座です。

『経理館の未回収管理』を解体して
どんなプログラミングが施されているかを知ります。

学んでいただきたいのは
  プログラミングの技術より
    未回収管理の速さと正確性・信頼性です。

どこを変更すれば自社で使えるようになるかに挑戦していただきます。
既存のアプリを自社で使えるように手直しすることをカスタマイズと言います。
ここでは主に入力と出力のデザイン部分の手直しです。

前編で「未回収管理」の概要説明と請求データの登録までをおこないます。
後編で入金処理と照会画面及び未回収リストの作成をおこないます。

モジュールの使い方(Basic言語プログラミング)を実習します。
入力画面を開く時や得意先コードのチェックや日付の計算、
請求データの登録実行時のプログラミングなど。

ご安心ください
経理館のプログラミングは "文系プログラミング" です。
レベルはソフトハウスの初級レベルです。
誰が見ても内容をすぐ理解できるレベルです。
関数はマニュアルを読まなくても分かる簡単なものしか使いません。

当講座を受講する前に「商業ACCESS」4コマの受講をお薦めします。
4コマ受講しても2,000円(2017/01/01以降、4,000円)です。


『経理館の未回収管理』とは

Excelによる未回収管理の十倍から二十倍の効率アップ(得意先が
200社を超える企業の場合)につながります。
請求データの登録は振替伝票単位とバッチ(締め切り日ごとのデータ)の
2通りできます。
入金処理が簡単。
数十万件の中から入金相手を瞬時に呼び出せます。
請求データを入力すると入金予定日を自動計算します。
入金予定日を過ぎると入金遅れ日数を自動計算します。
部署別、担当者別の未回収リストが瞬時に印刷出来ます。
得意先元帳も瞬時に照会できます。
帝国データの評点を未回収画面に表示できます。

『経理館の未回収管理』は
会費管理や授業料管理にも応用できます。

teacher

この講座の先生

Matsui Tsuneo

ACCESSで経理を楽しむ

都立一商卒で経理に就く。その後日大理工Ⅱ部に進学し理系に方向変換。経理からシステム開発部門に異動。30代中頃からシステム監査と経営管理学を学ぶ。46歳で転職し再び経理を始める。戦う中堅印刷会社(錦明印刷株式会社)で社長と共に帝国DB評点62以上維持を目指して内部会計システムを運用。そこで役に立... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    30分概要説明
    90分プログラミングの実習
  • こんな方を対象としています

    経理、販売管理、経営管理室で未回収管理をしている方
    学校や教育機関で授業料管理をしている方
    規模の大きい事業所で会費管理をしている方
    Accessで業務アプリ開発をしてみたい方
  • 受講料の説明

    ご希望の方に『経理館の未回収管理』正式版を、10,000円にてご提供いたします。この正式版は、本講座講師が、社員50名(取引先50社)~社員1200名(取引先5000社)規模の企業4社にて経理とシステム開発の両方の実務経験を基に作成したものです。ちなみに講師は国家資格の情報処理システム監査技術者の資格も取得しています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    パソコンは当方が準備したパソコンを使用しますので
    パソコンは持参されなくて結構です
    USBメモリを必ずお持ちください
    実習結果をお持ち帰りできます