研究者の解説でその生態を知ろう!アオサギ繁殖地観察講座

アオサギの集団繁殖地で長年研究している研究者と一緒に歩いて、その生態や行動など分かりやすく解説します

learn

こんなことを学びます

★7月30日は、日野市の多摩動物公園にあるアオサギ繁殖地を観察します。巣立った巣も多いですが、大きくなったヒナの様子を探してみましょう!
★今シーズンもKOWAの双眼鏡の無料貸出を行っています!

アオサギの繁殖地をじっくり観察したことはありますか?なんと東京都内にも5カ所ほど繁殖地があります。

アオサギは繁殖期に集団で繁殖地に集まり繁殖コロニーをつくります。普段は川や池でじっとしていることが多いですが、関東では1月〜2月になるとそれぞれのアオサギは嘴や足が赤くなり、巣の上で飾り羽を広げたりして美しい姿を見ることができます。求愛行動として嘴を鳴らしたり、高低さまざまな声で鳴き、普段とは違った姿が見られます。繁殖が進む4月〜6月にはヒナの姿も観察できるでしょう。

行動的にも興味深い繁殖期のアオサギを、長年研究を続けている研究者と一緒に観察してみませんか?繁殖行動の細かい解説や、個体識別したからこそ分かったこと、巣内でのオスとメスの関係など繁殖にまつわるいろいろな話の他、非繁殖期はどうしているかなど、このような講座ならではの話題で、誰よりも詳しくなっちゃいましょう。

初めての方でもよく分かるように、いろいろな質問にもお答えします。

これまで開催した講座での写真はblogに掲載しましたのでご覧下さい。
多摩動物公園
http://ardea.blog.so-net.ne.jp/2014-03-17 (2014年3月15日)
第六台場コロニー&浜離宮庭園バードウォッチング
http://ardea.blog.so-net.ne.jp/2014-03-24 (2014年3月22日)
http://ardea.blog.so-net.ne.jp/2015-03-29-2 (2015年3月21日)
水元公園コロニー
http://ardea.blog.so-net.ne.jp/2014-04-15-1 (2014年4月13日)
http://ardea.blog.so-net.ne.jp/2015-04-18 (2015年4月18日)
横十間川コロニー
http://ardea.blog.so-net.ne.jp/2014-05-19 (2014年5月17日)
http://ardea.blog.so-net.ne.jp/2015-04-11 (2015年4月4日)
50人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:多摩

    受講料:¥ 2,500

過去に開催した日程一覧

白井 剛 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

白井 剛

野鳥研究者が街で鳥や生物の見つけ方楽しみ方をご紹介

都留文科大学と和光大学で動物生態学の非常勤講師。アオサギ博士(博士(理学))。街ブラ系ナチュラリスト。
普段は東京近郊、特に多摩川のアオサギの行動や繁殖に関する生態を研究。また多摩丘陵北端「たま-ゆめ崖線」もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    集合場所(今回の講座の説明と、観察場所の紹介)
      ↓
    採餌場所での観察(20〜30分、なお、都合によりできないこともあります)
      ↓
    繁殖地の観察
     繁殖行動やその時点での繁殖状況について解説します
     (3箇所ほどまわります。1箇所20分程度)
      ↓
    講座のまとめ。
    (順番は前後することがあります)

    開催期日は3月〜6月を予定しています

    【横十間川コロニーと水辺の鳥の観察講座】でのコースは下記の予定です。
    南砂町駅集合 → 川沿いに集まる野鳥観察とアオサギの魚とり場所探し → 繁殖地で巣とサギ類・カワウの観察 → 親水公園に集まる鳥の観察 → 東陽町駅で解散(予定)


    【水元公園コロニーの観察と水辺の鳥観察講座】でのコースは下記の予定です。
    金町駅からバスで移動(バス代は各自お支払いください)→ 小合溜や園内の水路、ガマ田などに来る野鳥の観察 → バードサンクチュアリのサギとカワウのコロニーの観察 → カワセミの里まで移動後、解散(予定)
    ※予定は変更することがあります。


    【多摩動物公園コロニーの観察講座】でのコースは下記の予定です。
    (入園券は大人600円、65才以上300円、中学生200円を別途お買い求めください)

    集合場所出発 → ペリカン池での給餌観覧とアオサギの採食行動観察 → 園内のコロニー観察と解説(4カ所) → 講座のまとめ

    【お台場のコロニー観察と浜離宮での野鳥観察】のコースは下記の予定です。(東京水辺ライン乗船料620円は各自お支払いください)

    浜離宮大手門前集合 → 庭園内で林の鳥と水辺の鳥の観察(アオサギの採食とねぐらの話を中心に)→ コロニーのみどころと繁殖行動の事前解説 → お台場海浜公園行きの船に乗船 → 船上からコロニーの観察(正味10分程度)→ 下船後、桟橋から沖合にあるコロニーの観察 → 講座のまとめ

    ※観察地は他に、立川柴崎町などでも予定しています。(場所はご要望も承ります)
  • こんな方を対象としています

    これからバードウォッチングを始めたい方
    身近な自然や野鳥が気になっている方
    動物の興味深い行動を実際に見てみたい方
    双眼鏡を初めて使う方にもおすすめです。
  • 受講料の説明

    参加費には資料代が含まれます。
    入園料がかかる場所では、別途入園券を講座開始前にお買い求め下さい。
    (交通機関とのセット券がある場合もあります)
    ※中学生以下のお子様と一緒に参加される場合は、大人の方のみの申し込みで参加可能です。その際はお子様とのご参加の旨、ご連絡ください。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ・多少、距離を歩きますので、歩きやすい服装、靴でご参加下さい。
    ・持参する望遠鏡を皆さんで覗けますが、双眼鏡を持参するとより便利です。
    ・傷害保険には加入しておりませんので、参加中のケガ等にはご注意ください。

review

レビュー

  • 女性 40代

    この講座は「研究者の解説でその生態を知ろう!アオサギ繁殖地観察講座」でした

    子供の夏休みの自由研究のために親子で参加させていただきました。バードウォッチングは初めてでしたが白井先生が道々丁寧にご説明くださりとても楽しい学びの時間となりました。自由研究の旨事前にお伝えしていたためか、先生は資料などもご用意くださり、どんな質問にもご親切に回答くださいました。都会の中に逞しく生きる生き物たちにご興味のある方にとってとても価値のある観察会だと思います。この場をお借りして白井先生にはお礼申し上げます。

  • 男性 40代

    この講座は「都心部に暮らす野鳥の子育てを観察できる講座」でした

    目的地は、東京湾に浮かぶ台場のアオサギコロニー、
    水上タクシーで東京湾の上から観察というシチュエーションだけでも、
    ちょっとした観光ツアーみたいで楽しかったです。

    アオサギだけでなく、出発地の品川付近では何組ものカルガモ親子が見られ、
    台場にはカワウや他のサギ類もたくさん営巣していました。
    上を見上げればレインボーブリッジ、すぐそこにはフジテレビ本社、
    そんな都心の真ん中でたくさんの野鳥が子育てをしているとは盲点でした。
    さすが研究者の方は視点が違うなーと思います。

  • W3

    女性 30代

    この講座は「初心者でも楽しく学べる講座」でした

    先生が丁寧にご説明してくださり、また詳細なパンフレットも用意されており、しっかり準備されていると感じました。色々な鳥が観察できて面白かったです。こんな近くに多様な鳥がいるとは、今まで気づきませんでした。

  • 女性 50代

    この講座は「野鳥と海を楽しめる、ちいさな旅」でした

    品川は高浜運河から船(東京ウォータータクシー)に乗って、レインボーブリッジの真下の第六台場へ。帰りは新芝浦運河を通って田町に着くという、小旅行みたいな講座でした。
    出だしから、カルガモの子育てに遭遇。可愛い雛を双眼鏡で観ながら、カモの生態を教えていただきました。台場ではアオサギ、ダイサギ、コサギに加えて鵜もたっぷり観察、知識も増えました。
    早成性、晩成性などの専門用語も、丁寧に解りやすく説明してくださって、鳥を見る目が変わりました(*^^*)
    時間が合えば、別のコースにも参加したいです。

  • 男性 40代

    この講座は「やっぱりアオサギ好きにはたまらない」でした

    今回は多摩動物公園に紛れ込むアオサギについての講座でした。

    以前にも個人でペリカン池のアオサギを見に来たことはあったのですが、
    その場でいろいろ解説をして頂けるので、一味違う楽しさがありました。
    自力では到底見つけられそうもない園内の繁殖場所の様子なども見せて頂き
    とても充実した時間を過ごさせて頂きました。

  • 女性

    この講座は「アオサギをよく知ることができる講座」でした

    4月下旬の多摩動物公園の講座に参加しました。ペリカン池での迫力あるエサとり観察から始まり、解説を聞きながら、巣をみつけ、雛、幼鳥、求愛や抱卵、巣作りと多様なアオサギの生態観察をしました。多摩動物公園は白井先生のフィールドだそうで、過去に自ら標識したというアオサギも数羽残っていました。中でも緑36(15歳越えのメス)はエサ場の絶好の場所をキープするも、なかなかエサをとらず。足や嘴を水につけエサを取ろうとはするが、すぐあきらめるの繰り返し。その間にほかのアオサギがどんどん目の前でエサを取っていく。先生に聞くと、いつもそんな調子とか。しかも最近、若いアオサギといつも一緒にいるという。どうも気になり、緑36がエサをゲットするまで見守ることに。ようやくエサをゲットした時は思わず歓声を上げてしまいました。何年にもわたり研究観察してるからこそわかる鳥の個性、自分一人ではできない体験でした。

  • 男性 40代

    この講座は「アオサギ好きにはたまらない」でした

    今までいろいろなところでアオサギを見てきましたが、
    アオサギの子育てをこんなにはっきり観察できる場所があるとはびっくりでした。
    さすが研究者さんは格が違いますね。
    かわいい・・かどうか微妙な(笑)雛たちの姿も見る事が出来てとても楽しかったです。

  • 女性

    この講座は「アオサギがたくさん見れる」でした

    アオサギ以外にも色々な鳥を見れて双眼鏡の使い方や見方も教えてもらえてとても勉強になりました!楽しかったです。

  • 男性 40代

    この講座は「貴重な体験」でした

    アオサギの繁殖行動を観察できたことは、とても貴重な体験でした。
    巣作りの作業も見れましたし、卵を暖めていると思われる姿も観察できました。
    内容の濃い資料と説明に満足、少人数のため気軽に質問できたのも良かったです。

  • 男性 40代

    この講座は「アオサギの巣作りを観察できる講座」でした

    開催された3月上旬は、葉が落ちていてアオサギの巣が良く見える観察には良い時期でした。巣にはたくさんのアオサギが入っていて、巣作りのために枝を盛んに拾ってきては、パートナーに渡す姿が観察できました。ヒナが誕生するのは4月過ぎてとなるようですが、まずはこの時期に巣の場所や様子を確認しておくと良さそうです。
    多摩動物公園は山の中で気温が下がるので、防寒はしっかりとしていくと良いです。