自己紹介で活かせるオリジナル英語JOKEを作ろう(初級者歓迎!)

日本と欧米のユーモアの違いを理解し、知的で大人なジョークの作り方の基礎を学ぶ!一生使えるオリジナル自己紹介ジョークを作りましょう!

learn

こんなことを学びます

>>>好評により延長!期間限定 新学期特別価格 (9月末まで)<<<<


世界最大のコメディコンテスト「THE FUNNIEST PERSON IN THE WORLD」(世界でもっとも面白いやつ)日本代表、

またアジア5億人の視聴者数を誇るAsia's Got Talentに出演、

NYコメディコンテスト準決勝進出!

純国産 バイリンガル・コメディアン Kaori が、英語ジョークの作り方の基礎を伝授します。

(ワシントンDC)
https://www.youtube.com/watch?v=CbhQNN-2hfQ

(NYの地下鉄でゲリラライブ)
https://www.youtube.com/watch?v=VO6caYgBfpc

◆海外に行ったら海外風に?ー自爆する日本人あるあるー
”アメリカンジョークは下ネタが多い” 
”人種ネタが多い海外では日本人の自虐ネタが好まれる”
そんな風に考える方は非常に多いです。

確かに一理あります。

しかし、欧米のコメディアンっぽくしようとした結果、卑屈なジョークに終始し自爆・・・

こんなパターンも非常に多いのです。

ステレオタイプ、そして『人からどう見られているのか』を理解することはとても大事ですが、

その上で”Be yourself"であることが欧米の価値観では求められるのです。

日本人であることの”強み”を生かし、自虐も卑屈にならない、明るいジョークを作れるようになりましょう

◆英語・海外でのジョーク
海外ではジョークは、知性ある大人のたしなみ。

英語では、大統領のスピーチでも、TED Talksを見ていても、必ずと言って良いほど、ジョークを挟み笑いが起こっています。

日本人はかしこまった場で、ユーモアを披露することに抵抗がありがちですが、欧米ではユーモア・ジョークは一種のマナー。

外国人の友人を作る時、英語でスピーチをする時、などに、さらっと知的なジョークを言うことができたら、一気に相手の心を掴めると思いませんか?

レッスンでは
日本のお笑いとの違い(TVで流れるコメディ)
ジョークを作り、言う前の心構え
英語のジョークの基本的な仕組み
笑いを取る基本的なコツ
を伝授!

自己紹介やアイスブレイクに使える「あなただけの」オリジナルジョークを作りましょう!

*英語カリスマ講師・安河内哲也先生(東進ハイスクール)とスピーキング術について退団しています⇩⇩

東洋経済オンライン「英語スピーキングの達人から盗む!絶対話せる学習法7つの鉄則」
URL:http://toyokeizai.net/articles/-/65325



***Kaori 実績****

・”Asia’s Got Talent” (AXN)
・“Welcome to the Railworld” (8TV/Malaysia)
・New Yorkコメディコンテスト 準決勝
・”エンタの神様” (NTV/Japan)
・ NHK World “Dining with the Chef” ステージ MC (Sakura Matsuri 2015,2016)
・ Sakura Matsuri Japanese Street Festival (ワシントン D.C・英語)
・Seattle Comedy Competition選出
・ NY 単独公演 (2015,2016)
・ 東洋経済オンライン対談連載(w/安河内哲也 氏)
・ English Journal 巻頭特集
・ 亜細亜大学グローバル人材育成フォーラム講師
・ Subaru Sakura Matsuri (フィラデルフィア・英語)
・ Sakura Matsuri (ブルックリン・英語)

その他、式典、パーティーでのバイリンガル司会等
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格

¥3,900

受けたい
42人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

日本人女性ただ一人のバイリンガルコメディアン

唯一の日英バイリンガルの日本人女性コメディアン。
英検1級・通訳案内士合格。
フジTV『全力!脱力タイムズ』(2016年11月11日放送)「綾部の通訳」として話題に。

東京学芸大学附属高校中退・早稲田大学卒業。大学在学中、黒人大学への留学経験を持つ。
国内外のステージ出演と合わせて、実践で培った英語プレゼンテーションスキルの指導・講演も数多く行っている。

亜細亜大学(2015年〜)を2016年グローバル人材育成フォーラム準優勝に導くなど指導実績多数。
(参加大学:お茶の水女子大学、国際基督教大学、上智大学、昭和女子大学、中央大学、東京医科歯科大学、一橋大学、早稲田大学 他)

東洋経済オンラインでは安河内哲也先生との対談連載が話題となる。
「非ネイティブのための英語スピーキング術」
http://toyokeizai.net/articles/-/66684

English Journal等英語系メディアでも多数特集が掲載。
”エンタの神様”、”Asia’s Got Talent”(AXN), “Welcome to the Railwor... + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    計120分

    -英語のジョークってどんなもの?
    -欧米の笑いと日本の笑いの違い
    -ジョークの基本構造
    -実際にオリジナルジョークを作ってみよう
    -人に面白く伝えるには?
    -実演

    ※人数・参加者によって内容/スピードに多少差異があります
  • こんな方を対象としています

    ・英語で接することが多い方
    ・外国人のお友達を作りたい、第一印象を良くしたい方
    ・笑いの基礎を学びたい方
    ・英語の笑いのレトリックを学びたい方
  • 受講料の説明

    受講料にはレッスン代・場所代が含まれます

review

レビュー

  • 7

  • 楽しかった!( 6 )

  • 勉強になった!( 5 )

  • 行く価値あり!( 6 )

  • 男性 30代

    この講座は「かおり先生の他のレッスンも受けたくなるレッスン」でした

    自己紹介というか、自分が作ったなんちゃってコメディーを見て頂いたんですが、さすが世界で活躍するプロです。的確に改善点を洗い出してもらえました。レッスンの流れも生の教材を使った導入から始まって、日本語と英語のユーモアの比較をしたり、オリジナののジョークを考えるための下ごしらえの方法もステップバイステップでしっかり教えてもらえました。実は自分も英語を教えているんですが、同業者の目線からも学ぶことがたくさんありました。生徒をリラックスさせながらも、次のレベルに自然と向かわせる手法はなかなか真似できませんけどね。英語/プレゼン/お笑いの分野で、初心者から上級者まで自信を持ってオススメできます。なんだか宣伝みたいになってすみません!本当に何ももらってないって!(笑)

  • 男性

    この講座は「ジョークという新たな視点で、スピーキングを試してみる講座」でした

    楽しく英会話のトレーニングを続けるための手段としてジョークに着目され、そのロジックを学べました。講師のアメリカでの経験が活かされており、日本人の英会話の不足しているところを絶妙に言い当てているものとなっていました。

  • 女性 40代

    この講座は「とても勉強になりました。」でした

    英語で自己紹介を作る場合のポイントがわかり、とてもためになり、感激しました。ネットで調べてもわからないような海外の情報など、いろんなことを教えてくださり、行って本当によかったです。ありがとうございました。

  • M3

    男性 40代

    この講座は「6月 28 7:00PM 初中級者:プレゼンで掴む!!オリジナル英語JOKEを 作ろう」でした

    kaori先生は、明るく気さくな方で初対面にもかかわらず緊張することなく2時間があっという間に過ぎてしまいました。話が上手なだけでなく聞き上手でもあるので、仕事のことまで聞いて頂きました。楽しい講座でした。

  • 男性

    この講座は「表現力の大切さを学べました」でした

    アメリカのTVショーを手本に海外の人にウケる自己紹介を作るという授業でした。
    何と言っても先生が現役のパフォーマーなので、説明にも説得力がありました。
    自分が話しているところを動画に撮ってもらって自己分析できたのもとても良かったです。
    先生は人間的にも魅力的な方で、実際に海外で頑張っていらっしゃるので大変刺激になりました!

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています