お写べりレッスン1☆フォーカスの合わせ方

最初の一歩は、あなたの相棒(カメラ)をよく知ることから・・・

learn

こんなことを学びます

写真撮影の最初の一歩。「基本のき」を教えます。

イメージ通りの写真を撮るには、まずは自分が思ったところにピントを合わせることが大切です。

しかし、カメラ任せのフルオートでは、ピント位置を自由に変えることができません。

知っているのが当たり前と思われがちのところから、やさしくレクチャーしていきます。

「カメラの構え方」ちゃんとできているつもりでも、自分がどんな風にカメラを構えているか曖昧だったり・・・

「ボケ」と「ピンボケ」、「ブレ」と「手ブレ」の違い、知っているつもりでも意外とわかっていないことも・・・

小さな疑問をそのままにしないで、ひとつひとつ確認しながらレッスンを進めていきます。

まずは、あなたの相棒(カメラ)と仲良くなって、写真を撮ることの楽しさを体験してください。

<こんなことを学びます>
レクチャー
・イメージ通りの写真を撮るために必要なこと。その1
・カメラの持ち方・構え方。
・ピント(フォーカス)について。
・プログラムオートモード(P)での撮影方法について。
・写真の明るさ(露出補正)について。

<ワーク>
・ご自分のカメラの設定を、講師と一緒に見直します。
・小物などの静物を撮影します。

<こんな風に教えます>
セラピーを行っている心地よいサロンで、
少人数グループで、やさしくていねいに教えます。
講師が一方的に教えるのではなく、レクチャー(学び)とワーク(実践)を交互に行いながら、参加者のみなさまとお写べりしながら楽しく学んでいただけます。

<定員>
女性限定 4名
(女性専用サロンを使用するため、男性の方はご遠慮ください。)

  *・‥‥………‥‥・*・‥‥………‥‥・*・‥‥………‥‥・*・‥‥………‥‥・*

streetacademyにまだ登録なさっていない方は、下記のリンクから登録されると、受講料が500円OFFになるポイントがもらえます。

https://www.street-academy.com/friend_invites/eDflAdiD

teacher

この講座の先生

Mimoto Naomi

写真でこころを表現するフォトセラピスト

フォトセラピストの Mimoto Naomi です。

私は、フラワーアーティスト、アロマセラピストとして、美しい花たちの生命力に包まれて、20年以上仕事をしてまいりました。

最初は、デザインの記録として撮っていた花の写真が、いつの間にか自分のこころを見つめるためのツ... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    120分

    <当日のレッスンの流れ>
    ・自己紹介
    ・写真&カメラについてレクチャー
     (なるべく専門用語を使わずに、やさしい言葉でご説明します。)
    ・ご自分のカメラの設定を、講師と一緒に見直します。
     (カメラの設定を、自分モードに設定して使いやすくします。)
    ・小物など静物撮影
     (自分のカメラで、撮影をしてみましょう。)
    ・撮った写真をシェアして、学びを共有します。
     (みんなで見せ合いっこします。)
    ・質疑応答
  • こんな方を対象としています

    ・楽しく写真を学びたい方。
    ・写真の学び方がわからない方。
    ・カメラの説明書に出てくる、専門用語や数字が苦手と感じる方。
    ・カメラは持っているけど、操作が難しくて使っていない方。
    ・カメラの操作方法がわからない方。
  • 受講料の説明

    受講料には、レッスン代・サロン使用料・テキスト代が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    <当日の持ち物>
    ・カメラ :レンズ交換できる、一眼レフ・ミラーレスカメラ。
    ・レンズ : キットの標準ズームレンズ
    ・電池:必ずフル充電でお持ちください。
    ・空の記憶メディア :空き容量の確認をお願いします。
    ・カメラの説明書:お使いのカメラメーカー・機種によって操作方法が異なります。カメラ操作が不安な方は、事前に説明書に目を通していただくことをお勧めします。(カメラによっては、説明書をダウンロードものもあります。その場合は、あらかじめスマホなどにダウンロードしてください。)
    ・筆記用具:ペンをお持ちください。

    <お願い>
    お申込み時に、お使いのカメラメーカーと機種名・携帯電話番号を、お知らせください。

    <サロンでのご飲食について>
    お飲み物はご自由におとりいただけますが、お食事はご遠慮いただいております。