お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

アフリカの太鼓•ジャンベ 伝統ワークショップ

対面

単純なリズム、力強い音。音楽であり、スポーツである、ジャンベの演奏。汗をかいてストレス発散。

こんなことを学びます

西アフリカの伝統音楽の楽しさを体験したい方のためのワークショップです。
歌とジャンベの伴奏を習えます。


入門クラスとは違い、歌を歌い※、ジャンベの合図、ジャンベの伴奏、ジャンベのソロ、ジャンベのエショフマン(盛り上がりどころ)、を叩けるようになることを目標にします。
※歌は、ワークショップの進み具合により割愛する場合がございます。



基本のリズムは、単純明快なので、音楽経験が全くない方でも安心してお越し下さい。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

豊中・吹田

価格(税込)

¥1,500

受けたい
17人が受けたい登録しています

対面で受講できる日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥1,500
場所 豊中・吹田

この講座の先生

アフリカの太鼓•ジャンベを叩こう

1985年生まれ。大阪大学卒業。
在学中に「TALIBE(タリベ)」というジャンベサークルを創設。2016年、サークルは活動10周年を迎える。

本場ギニアを訪れ、世界的ジャンベ奏者ファムドゥ•コナテ氏、ナンサディ•ケイタ氏に師事。
日本人として初めて、マンデン文字「ンコ」を独自に研究、現地のンコ情報誌にその記事が掲載。外国人として世界で初めてンコ定例会議に出席。研究成果の一部を発表し、拍手喝采を浴びる。
他方、現地のパーカッショングループの一員として現地国営放送に出演。結婚式、収穫祭、黒魔術儀式などで演奏活動を続ける。
マリンケ族の農耕音楽を独自に調査し、外国人として初めて現地で最も有名な農耕吟遊詩人にインタビュー並びに演奏法を師事。マリンケ族の農耕音楽の奥の深さを日本に伝えた第一人者。
太鼓だけでなく、現地語ならびに音楽的背景全てを包括的に学ぶことの大切さを提唱していたが、最近は専ら太鼓を楽しく叩くことに主眼を移している。

国内では「変人」、現地では「先生」と呼ばれる。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    5分:ウォーミングアップ
    50分:レッスン
    5分:おさらい

    伝統的な型の練習をひとつずつゆっくり丁寧に進めていきます。
    参加者それぞれのレベルに応じた内容を行います。


    ※本ワークショップ終了直後に、同じ場所でアフリカンダンスワークショップも開催されます。お時間ある方は、ジャンべの伴奏としてダンスワークショップ参加可能です。無料です。ダンスワークショップは1時間です。
    • こんな方を対象としています

      音楽経験、年齢、性別不問です。
      アフリカ現地をはじめ世界中で、小さなお子さまからシニアの方まで楽しまれている太鼓•ジャンベ。
      どんな世代の方でも楽しんでいただけると思います。
      ご自身のペースでご参加いただけます。
      親子でのご参加も大歓迎。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ◎レンタルジャンベの要否を必ず教えてください。(レンタルジャンべの数には限りがございます。ジャンべをお持ちの方は、ご自身のジャンべをお持ちいただけると助かります。)
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?