お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

常設展で名画の撮影にチャレンジ!〔国立西洋美術館〕

対面

めでたく世界遺産に登録された国立西洋美術館で、撮影可能な常設展の作品を撮りましょう!

こんなことを学びます

『国立西洋美術館』の常設展の作品では、モネの『睡蓮』などの有名な作品をはじめ、それぞれの時代の名画が展示されています。こうした“本物”の美術品を写真に撮れるのをご存知でしょうか?
ストロボや三脚が使えないなどの制限はありますが、高感度を使えるデジタルカメラでは、十分に撮影可能です。
この講座では、常設展の撮影可能な作品(絵画)について、光量の少ない中で、より正確に撮影する方法をアドバイスいたします。
名画をしっかり写し取れる楽しみを、味わっていただけます。

<撮影地> 国立西洋美術館(JR上野駅公園口下車、徒歩3分)
<常設展・入場料> 500円(一般料金)
         

<教える内容>
●展示の絵画作品について、撮影の基本と、カメラの設定について説明します。
●常設展の撮影可能な作品について、ライティング等撮影に適した作品を選び、作品ごとに最適な撮り方をアドバイスします。〔作品点数5~8点程度〕
●撮影後、希望者には、撮影結果の大まかな講評を行ないます。

<使用カメラ・レンズ、三脚不使用について>
◆レンズ交換式一眼レフ・ミラーレスカメラと、標準ズームレンズ(高倍率ズームレンズ)のある方。キャプション(タイトル・説明文)も大きく撮りたい場合は、高倍率ズームが有利です。
◆美術館では三脚とストロボ使用不可(AF補助光もOFF)です。

<撮影した作品の取扱いについて>
撮影可とされている作品は、個人的に観賞する目的でのみ撮影を許可しています。営業活動・販売などの目的では使用しないでください。

<混雑の状況等により、撮影が全面不可となった場合>
撮影地の美術館で、諸々の事情で作品の撮影が全面不可となった場合は、予定していた当講座を中止とし、講師都合でキャンセル(返金手続き)いたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、「参加申し込みコメント欄」に「当日ご使用のカメラ・レンズの機種名」と、「当日の連絡先(携帯番号)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。
<集合場所の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、詳しい集合場所をお知らせします。本講座のグループメッセージをご覧ください。
<雨天開催>
本講座は主に屋内での撮影のため、雨天開催します。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

浅草・上野

価格(税込)

¥3,800

受けたい
26人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥3,800
場所 浅草・上野

対面受講料に含まれるもの

参加費は受講のみの価格です。
撮影地の国立西洋美術館では、常設展・入場料500円(一般料金)が必要です。

この講座の先生

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

◇◇◇◇◇◇◇◇【 お知らせ 】◇◇◇◇◇◇◇◇
2020年11月、ストアカ・アワード『最多リピーター賞2020』を受賞しました。
これからも、リピーターの皆様のお役に立てる講座を開催しますので、よろしくお願いいたします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を掲載。

四季の花をテーマに撮り続けて、花写真教室で指導を続けています。フルール花写真教室⇒ http://cfphoto.exblog.jp/

近年、花撮影のほか、レンズの使いこなし術をテーマに、いろいろな新講座を企画しています。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    〔午前に開催の場合〕
    10:00 国立西洋美術館・入口脇に集合。 
    10:00~10:10 当日の撮影に合わせて、カメラの設定を説明します。
    10:10~11:00「常設展」に入場し、撮影ポイントで講師が撮り方を説明。参加者に撮影してもらいます(個別にアドバイスあり)。
    11:00~11:20 撮影後、希望者には、撮影結果を大まかに講評します。

    〔午後に開催の場合〕*14:00集合の日程があります。
    13:30 国立西洋美術館・入口脇に集合。 
    13:30~13:40 当日の撮影に合わせて、カメラの設定を説明します。
    13:40~14:30「常設展」に入場し、撮影ポイントで講師が撮り方を説明。参加者に撮影してもらいます(個別にアドバイスあり)。
    14:30~14:50 撮影後、希望者には、撮影結果を大まかに講評します。

    〔夜間に開催の場合〕 *開室時間延長時
    19:00 国立西洋美術館・入口脇に集合。 
    19:00~19:10 当日の撮影に合わせて、カメラの設定を説明します。
    19:10~20:00「常設展」に入場し、撮影ポイントで講師が撮り方を説明。参加者に撮影してもらいます(個別にアドバイスあり)。
    20:00~20:20 撮影後、希望者には、撮影結果を大まかに講評します。
    • こんな方を対象としています

      ◆西洋絵画がお好きで、キチンと写真を撮ってみたい方。
      ◆美術館内での絵画の撮影法について、基本を学びたい方。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ●レンズ交換式の一眼レフ・ミラーレスカメラで、標準ズームレンズ(高倍率ズームレンズ)をお持ちの方。
      ●事前に、カメラのストロボ発光停止・AF補助光OFF・操作音OFFを確認してください。
      ●カメラの電池はフル充電したうえ、あれば予備電池をご持参ください。
      ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー8

    • 楽しかった!( 4 )
    • 勉強になった!( 5 )
    • 行く価値あり!( 6 )
  • M2

    男性 60代

    この講座は「少し知的になれた講座」でした

    主に露出補正を学びました。この絵は暗いからマイナス補正、この絵は明るいからプラス補正ということでした。だいぶたくさんの絵を撮影しました。こういう機会でもないと、こういった場所に来ることもないので、いい一日でした。講師に感謝。

  • W1

    女性 30代

    この講座は「名画の撮り方を学べる講座」でした

    絵画ならではのカメラ設定の仕方を学びました!
    いかに絵の通りのコントラストを写真に切り取れるか。あとは練習あるのみです。

  • W1

    女性 30代

    この講座は「アート写真を撮ろう講座」でした

    美術館で鑑賞しながらの撮影はとても楽しかったです。
    反射に注意しながら忠実な色味を加減しながらアートな写真が撮れて大満足です。

  • M3

    男性 80代

    この講座は「常設展で名画の撮影にチャレンジ!〔国立西洋美術館〕」でした

    絵画(名画)の撮影は初の挑戦で、室内の明かりと被写体(名画)の表現に明暗が異り、露出補正の大切さを丁寧にサポート頂き、露出補正で結果の好不好を会得した講座でした。 
    本当に有難う御座いました。

  • M1

    男性 50代

    この講座は「常設展で名画の撮影にチャレンジ」でした

    美術館で写真が撮影できるとは知りませんでした。
    暗い中での撮影方法などいろいろ学べました。
    初めての本格的な美術館体験でしたので少しテンションがあがってしまいました。何枚か気に入った絵の作者などを調べたり、常設展示の入れ替えなどありましたら、今度は一人で撮影と観賞を楽しんで見たいと思います。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?