お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

2回コース ゼロからともに学ぶ「折れない心」でパフォーマンスを出す方法

〜最新の知見に基づいたストレスマネジメント・ワークショップ〜

こんなことを学びます


https://www.slideshare.net/rubatoslide/20180929-pr-presentationf

<こんなことを学びます>

「日々の仕事にやる気をもって前向きに取り組みたい」
「何かと完璧主義を求めて、プレッシャーを感じる」
「仕事やプライベートでのチャレンジでストレスがたまっていて改善したい」
日々の生活でこんな悩みを持っていませんか。

私たちは日々、ストレスに囲まれて生活しています。一方、ストレスは成長のために必要なものでもあります。

新たなことにチャレンジする時に私たちは多くの場合ストレスを感じ、それを乗り越えることで新たな経験やスキルを身に付けることができます。これは、筋肉トレーニングの際に筋肉痛や筋肉疲労が起きるのと同じです。ストレスは一種の成長痛のようなものと考えられます。

仕事やプライベートの中で次々と現れる課題でこのストレスをうまくマネージする力を持つことは、ストレスマネジメント力として必須のスキルになりつつあります。

近年の研究で、セルフマネジメントができる人は「折れない心=ストレスマネジメント力」と「やり抜く力=モチベーションマネジメント力」の2つの力を持っていることが示されており、これらが相互に正の影響を与えることで、セルフマネジメント力がいっそう向上していくと考えられます。

今回の2回コースは、まずは「ストレスマネジメント力」にフォーカスしています。ワークショップを通して、セルフマネジメント力を高め、毎日を生き生きと過ごしませんか?

※「やり抜く力」にフォーカスしたワークショップは別途開催予定です。

<折れない心/ストレスマネジメント力とは?>
困難・ストレスに出会っても折れてしまうことのない心のことを「折れない心」と私たちは呼んでいます。

本ワークショップでは、マインドフルネス、レジリエンス、認知行動アプローチといった、ストレスマネジメントにおける最新の知見を紹介します。自分の心の状態や認知のクセを理解し、それらをコントロールするためのエクササイズを学ぶことができます。

<こんなアプローチで深めていきます>
 まず知っていただきたいのは、実は心も筋肉のように鍛えられるということです。これは様々な脳神経科学や心理学などの研究によって徐々に明らかになっています。

Google等が導入し注目を集めている「マインドフルネス瞑想」なども、これらの研究に影響を受けています。本ワークショップではそれらの研究を通して科学的に実証されたエクササイズを学んでいただき、「ストレスマネジメント力」を高めていただきます。

またワークショップに参加いただいた方には、自身のトレーニングの進捗を定量的に把握できるオリジナルのワークブック・オンラインツールを提供いたします。これらのツールが参加者のみなさんの学習の振り返りを支援し、ワークショップで学んだエクササイズの体得を支えます。

最後に一人ひとりのストレスマネジメントプランを作り、今後のストレスをマネージする戦略を作ります。ストレスは感じ方やポイントが一人ひとり異なりますので、カスタマイズされた戦略が必要です。この講座では、企業の第一線で日々研鑽を積んでいるサポーターやプロのコーチが、自身の経験も踏まえて参加者の継続的な学びをサポートします。


<日程>
第1回
テーマ 「ストレスマネジメントを実践する」
キーワード 「認知行動アプローチ」「レジリエンス」


第2回
テーマ 「ストレスマネジメント戦略を作る」
キーワード「マインドフルネス」「グロースマインドセット」
※第2回は動きやすい服装でご参加ください

続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

東京(その他)

価格(税込)

¥19,000(¥9,500 × 2 回)

受けたい
133人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

セルフマネジメント研究チーム WAのプロフィール写真
実践と実証と和を大事にするメンバー

セルフマネジメント研究チーム WA

柗上純一郎
神戸大学大学院、University of East Angliaを修了。
米国戦略コンサルティング会社やNGOでの厳しいプロジェクト経験を基に、ビジネスマンのためのエビデンスベースのセルフマネジメント力を探求する。株式会社ルバート代表取締役。

その他に外資系企業やベンチャー企業で日々研鑽を積んでいるメンバーが参加しています。

この講座の主催団体

Rubatoアカデミア

ビジネスパーソンが社会で活躍するために不可欠な「ビジネスコアスキル」と「セルフマネジメントスキル」の2つの領域の実践的な講座を提供するアカデミアです。ビジネススキル習得のための集大成ともいえるロジカル思考に基づく「戦略的プレゼン資料作成講座」をメインに開講しています。

▼Rubatoアカデミアのミッション
Rubatoとは「テンポを自由に動かしながら演奏すること」を意味する音楽用語です。人ぞれぞれ、自分に合ったテンポで人生を歩んでいく。人は学び続けることで、自らを変え、人生を選び取っていくことができると私たちは考え、学びたいと思うすべての方に真摯に向き合います。

▼Rubatoアカデミアをスタートした背景
会社勤めの方から、よくこんな悩みを耳にします。
– ちょっとした資料や分析に時間がかかり、気がつけば残業。。。
– 話の内容や資料が分かりずらいとよく言われる
– 根性がウリだが、それだけでは通用しないと感じてきた
– 自分の考えを上司に上手く伝えられない
-顧客に提案がうまく伝わらない

仕事で... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる

カリキュラム

  • 第1回 ストレスマネジメントを実践する

    <イントロダクション>

    <概論>
    ストレスマネジメントを理解する

    <「折れない心」を高める>
    「折れない心」(レジリエンス)を理解する
    自分の見方の偏りを知る
    自分の強みを認識する
    自分のライフチャートを作成する

    <日々のエクササイズを学ぶ>
    観察力を高めるSTAI
    統制力・観察力を高めるマインドフルネス瞑想

  • 第2回 ストレスマネジメント戦略を作る

    <振り返る>
    行動とエクササイズを振り返る

    <「折れない心」を高めるマインドフルネスを知る>
    大企業(Googleなど)で導入されたマインドフルネスを学ぶ
    理論と事例を知る
    メカニズムと効果を理解する

    <マインドフルネスを実践する>
    マインドフルネス瞑想を実践する
    ボディスキャンを行う
    観察力を鍛える

    <ストレスマネジメント戦略を作る>
    自分とストレスを理解する
    自己観察力、認識力、統制力を活用する
    具体的なアクションに落とし込む

  • こんな方を対象としています

    <こんな方を対象にしています>
    日々忙しく心に余裕がないと感じる人、具体的には
    1. 仕事やプライベートでの出来事でストレスを感じている
    2. 仕事やプライベートのチャレンジでのストレスコントロールが苦手
    3. ストレスなことを長く引きずってしまい、仕事などに集中できない
  • 受講料の説明

    受講料には教材費が含まれております。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ①第2回は動きやすい服装でご参加ください
    ②第1回と第2回は別会場での開催となります。ご注意ください。
※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

レビュー

  • 6
  • 楽しかった!( 4 )
  • 勉強になった!( 3 )
  • 行く価値あり!( 5 )
  • W3

    女性 50代

    この講座は「ゼロから共に学ぶ「折れない心」でパフォーマンスを出す方法」でした

    ストレスのレジリエンススキルには発散型があるが、さらにもう一段上の、ストレッサーへの認知の仕方を変えること、そしてその方法を学ぶことができた。

  • W3

    女性 40代

    この講座は「楽しく学べる講座でした」でした

    自分の傾向がよくわかったので、良かったです。
    講座後もメンバーで助け合える?のも良いです

  • W3

    女性 40代

    この講座は「客観的に自分を認識し、行動を変えるスキルを身につけられる講座」でした

    自分の考え方のクセを理解・認識することで、うまく感情をコントロールできるようになることを教えてもらいました。また自分の強みをうまく使って、日々の行動を変えていくことをトライしてみようと思います。

    まだうまくできない瞑想ですが、これからも瞑想を続けながら、有事のための心構えを作れて行けたらと思います。

    また参加者同士のワークを通じて、多くのことを学べ、非常に有意義な講座でした。
    ありがとうございました。

  • M2

    男性

    この講座は「レファレンス付きのセルフマネージメントを共に考え、実践する講座」でした

    最新の理論に基づいた「セルフマネージメント」を学び、講座の一ヶ月の間にそれを実践してみる(試行錯誤してみる)といった内容の講座です。
    もちろん座学で理論を学ぶことも勉強になりましたが、この講座の肝は講座が開かれる約1ヶ月間の間の講座のない日の実践にあったと思います。
    サポーターとなった講師の松上さんとスタッフ、Workshopに参加したメンバーとともに自身の1ヶ月間を作り上げていくといったユニークな講座でもありました。
    今までの毎日を少し変えてみることで新しい何かが生まれていく、そんな講座でした。

  • M1

    男性

    この講座は「「脳力」を高めて、「能力」を最大化することを学べる講座」でした

    ■メンタルを安定状態にすることで、自分の能力を最大限に引き出す
    ・スキルアップのために、これまでハードスキル(論理思考、マーケティング、経営戦略、プレゼン資料作成、Excelの使い方)を熱心に講座を受けてきました。それに比べると、マインド、メンタルは重要だという意識があまりありませんでした。しかし、最近「マインドフルネス」という言葉を耳にする機会が増え、一方で具体的に何のことかわからず気になっていました。それで、この講座を受講することにしました。

    ・受講して感じたことは、ハードスキルxメンタル=パフォーマンスということです。メンタルを良い状態に保つことが、ハードスキルにも作用し、自分の能力を引き出すことを実感しました。(受講した今ならプロスポーツ選手が、フィジカルのパフォーマンスを引き出すため、メンタルトレーニングする意味が理解できます)

    ■日常生活や仕事での効果がありました。例えば、
    ・朝目覚めた後、パッと起きれるようになりました(以前は、布団の中でグダグダしていました。)
    日常でも作業がパッパと進み、時間を効率的に使えるようになりました。
    ・仕事で意見が対立したときに、穏やかに話を聞き、議論できるようになりました。もう1人の自分が自分を見ている感覚(=メタ認知)を持てるようになりました。(以前は、対立場面では、自分の主張ばかりしてしまうとか、相手に食ってかかったりして、あまりうまくいきませんでした)
    ・心が穏やかに集中して、仕事に取り組めています。高いアウトプットを出すフロー状態をつくれているのだと思います。

    ■科学的に学び(実践し)、継続できる仕組み。
    マインドフルネスは、(メンタル)スキルだと思います。スキルを定着させるために、この講座では2点、①科学的であること、②継続させることにこだわって設計されています。特に、この講座は全4回(回と回の間は2週間のインターバル)。講座では、インターバルも学んだことを実践し、継続するよう設計されています。(例えば、スマホアプリで瞑想の時間を毎日記録するなど)インターバルワーク(呼吸瞑想など)を講座期間中、毎日続けることで、スキルの定着を実感できました。(私の場合、単発講座で自分一人で継続は難しいだろうと思います)

    以上

  • この主催団体の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?