ヌードデッサン講座:人物デッサンの表現力を身につけよう!

人物デッサンがうまくなりたい方に最適!

  • 開催回数

    9
  • 受けた人

    21
  • 受けたい人

    20
  • 感想読む

    5

こんなことを教えます

講座の最初にクロッキーをしたあと、女性ヌードの固定ポーズを最初から最後まで5時間かけてじっくり描き人物デッサンをします。

講師は全て美大出身のプロの画家になり、美大や美術予備校などの授業と同じ形式で授業を進めていきます。

本格的な人物デッサンの基礎を学んでみたい方におすすめの講座です。


モデルを描いている最中も講師が実際に描いて見せるなどしながら人物の骨格や筋肉の捉え方のコツと正しくプロポーションを取るコツなどを伝授していきます。

美術解剖各資料なども配布して解説しており、描いた後は作品を並べて講評します。

毎週土日に都心でヌードクロッキー会を開催している東京クロッキー会主催のヌードデッサン講座です

この講座の先生

大河原 愛
WEB

大河原 愛

人物デッサンなら東京クロッキー会へ 

画家 大河原 愛  (Ai Ohkawara) 略歴  
 
昭和女子大オープンカレッジ元講師

昭和女子大オープンカレッジでの人物デッサン講座は毎回満席になるほど好評を博した。

2002年   武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数9

教えた人数21

当日の流れとタイムスケジュール


モデルポーズ時間 前半: 14:00-16:30

(途中1時間休憩)

モデルポーズ時間 後半: 17:30-20:00

講評:20:00-20:50

こんな方を対象としています

ヌードデッサン・クロッキーの基礎や、人物デッサンの表現力に幅をもたさせたい方におすすめです。デッサン初心者の方でも丁寧に基礎から教えます。

受講料の説明

受講料には、モデル代、講師料が含まれます。
初めての方でも、入会金などは一切不要です

受講する際は以下をお読み下さい

*受講定員は16人ですが、ストリートアカデミーからの申し込み以外の、以前からの受講生による継続受講申し込みが平均して毎回11人程度はあり、ストリートアカデミーのサイト以外の申し込みにより、満席になることがあります。


定員は16人とした上での残席表示がこのサイト上でできないため、このサイトでは定員を少なくすることで、現在の残席数を表示しております。


*講師大河原愛が講師できない日もありますが、その場合は多摩美出身の森聡講師や、写実的な油彩でご活躍の油画家、本木ひかり講師や牧弘子講師が指導します。

*講師は受講予定者が11人を上回る場合は講師2名で指導します。講師の都合や体調不良などにより、予定していた講師が変更になる場合がございます。

講師スケジュール予定
11月19日: 森 聡 ・牧弘子
12月4日: 大河原 愛・森 聡・ウエダ リュウタ
12月23日:大河原 愛・牧 弘子・本木ひかり

*画材や画用紙の販売はありませんので、必ず下記の画材をご持参ください

F6号~F20号程度までのサイズの木製パネル もしくは画板、
四切サイズ以上の画用紙(世界堂などで売っているシリウス水彩紙でお願いします)、クリップ
鉛筆(4B、2B、B、HB、F、H)ステッドラーの鉛筆がおすすめです。
けしごむ、ねりごむ、クロッキー帳、カッター、その他使いたい画材があればご持参ください。



*お願い
※ヌードモデルさんの写真撮影は固くお断り致します。
※ポーズ中は扉が閉まっています。入室、退室はポーズ休憩中にお願い致します
※携帯電話はポーズ前に、サイレントモードにしてくださるようお願い致します

感想 5

楽しかった!

( 1 )

勉強になった!

( 4 )

行く価値あり!

( 2 )

男性 60代

この講座は「描き込むことや講評で並べて見て助言していただく中で、自分の課題に気付かされた」でした

2時から8時までの講座に初めて参加しました。
迷っている時に、タイミングの良いアドバイスをいただき、とても有り難かったです。
またクロッキーと違い、鉛筆でしっかり描き込むことによって、おぼろげだった自分の特徴や課題が少しはっきりしてきました。
講評では、他の方の違う角度や入れ方、デッサンについての話も興味深く聞きました。

女性 30代

この講座は「課題に対してのアプローチを丁寧に指導いただきました。」でした

課題に対してのアプローチを丁寧に指導いただきました。
ありがとうございます!

女性 30代

この講座は「とても勉強になります。」でした

重量の表現、デッサンの狂いなど、丁寧にご指導いただきました!

男性 70代

この講座は「人物デッサンを土台にした表現力をつけるには」でした

講座受講2回目でした。
2回とも鉛筆デッサンでトライ。

1回目では形のとらえかたを学んだような気がします。
鉛筆でバックを塗るのに苦労した。
50年ぶりのデッサンでした。

2回目では鉛筆の色の載せ方を自分のテーマとして見ました。
鉛筆の種類も多くしてみた。
形の前後関係の表現力がまだだいぶ甘い。
鉛筆の色も粉っぽい

3回目は形の前後関係の表現力がテーマとして
1・2回でやり残しを少しは進歩させたい。

先生方は、とても親切です。
描いている途中で完成の方向性を示してもらえるのは
非常に助かります。
独学では出来ない、
講座の意味もこの辺に有るのでしょう。

最後の講評も1時間たっぷりかけて、
良いところを注意深く見てくれるのはありがたい。
自分の描いた絵を他の人の絵と比較して見ながら
講評を聞いているのも絵の見方を広げてくれる。

木炭紙や水彩にトライはまだだいぶ先になりそう。

女性 70代

この講座は「今までより発展した絵が描ける気がします。」でした

昨日は有難うございました。私は初めての鉛筆デッサンにトライしてみました。何時もは木炭やコンテでしたので、今回は多少硬い絵になってしまったように思います。講師の大河原先生や他の先生のご指導も具体的でとても役に立ったと思います。次に描く時には今一歩工夫した絵が描けそうです。楽しみです。

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

過去に開催した日程一覧

この講座の関連ツイート

Page Top