【ふんわり・滝流れ】&【リズミカル・玉ボケ】を撮る!<三脚指南付>

23区内にある落差8mの滝を撮ります!低速シャッターによるふんわり水流と、木漏れ日などの玉ボケ表現で、自然の造形を楽しみましょう!

こんなことを学びます

江戸の昔より、夏場の避暑地として庶民に親しまれてきたのが『名主の滝』。王子村の名主が自宅庭園の滝を開放し、その後の所有者も自然石で整備して、一般の利用に供してきました。現在は公園として開放され、地下水を汲み上げて迫力ある滝を見せてくれます。
この講座では、三脚を使用した低速シャッター速度で、『滝の流れをふんわり表現する撮り方』をアドバイスします。三脚のセットの仕方、ISO感度の設定、露出補正など、撮影に必要な技法と絵づくりを、実際の撮影を通して学ぶことができます。
また、常緑のツバキなどをポイントに、『リズミカルで綺麗な玉ボケの撮り方』もアドバイスします。

<教える内容>
●その日の撮影に適したカメラの基本設定を、参加者の皆様にお知らせします。
●勢い良く落下する滝の流れを、低速シャッター速度で撮影します。同時にブレを防ぐ三脚の使用法もアドバイスします。
●豊富な木漏れ日を使って、ズームの望遠側を活用して、綺麗な玉ボケの作り方をアドバイスします。
●撮影後、希望者には、写真を拝見して大まかに講評いたします。

<使用カメラについて>
●レンズ交換式の一眼レフ・ミラーレスカメラで、標準ズームレンズ(高倍率ズーム可)をご持参ください【滝流れ撮影用】。
●高倍率ズームまたは望遠ズームをお持ちの方は、できるだけご持参ください【玉ボケ撮影用】。
●低速シャッター速度で水流を撮るので、三脚をご持参ください【滝流れ撮影用】。
●ご使用レンズの口径に合う「NDフィルター」または「CPLフィルター」をお持ちの方はご持参ください(より低速のシャッター速度を使えます)【滝流れ撮影用】。

<三脚の使用について>
滝の周囲は足場が狭くなっており、他の利用客の迷惑にならない範囲で三脚を使用します。状況によっては、脚を狭めて使うなどの工夫をしていただく場合があります。

<その他の注意点>
●滝や水流の近辺は、とても滑りやすくなっています。当日の靴は、できるだけ滑りにくいものをご使用ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、「参加申し込みコメント欄」に「当日ご使用のカメラ・レンズの機種名」と、「当日の連絡先(携帯番号)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問(NDフィルター、CPLフィルターを使いたいなど)がありましたら、ご記入ください。
<集合場所・時間の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、当講座のグループメッセージで詳しい集合場所をお知らせします。
<雨天中止>
本講座は雨天中止です。雨天や荒天が予想される場合には中止とし、前日23時までに当講座のグループメッセージでお知らせします。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

8月25日(日)

10:00 - 12:00

東京 / 東京(その他)

予約締切日時

8月24日(土) 10:00 まで

参加人数

1/4人

開催場所

JR・東京メトロ南北線 王子駅 徒歩12分
北区岸町1-15-25  名主の滝公園

価格(税込)

¥4,500

  • 受付中

    8月25日(日)

    10:00 - 12:00

    東京 /東京(その他)

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
97人が受けたい登録しています

この講座の先生

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇【 お知らせ 】◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2019年4月で、延べ受講人数が1,000人を超えました。
これも、受講者の皆様のご支援・リピートがあってのことです。これからも、充実した講座となるよう、精進しますので、よろしくお願いいたします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を掲載。

四季の花をテーマに撮り続けて、花写真教室で指導を続けています。フルール花写真教室⇒ http://cfphoto.exblog.jp/

近年、花撮影のほか、レンズの使いこなし術をテーマに、いろいろな新講座を企画しています。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    〔午前に開催の場合〕
    10:00 現地(公園入口)に集合
    10:00~10:15 当日のカメラの基本設定の説明と確認をします。
    10:15~11:40 滝の流れ(メイン)⇒樹林帯(玉ボケ)と移動しながら、撮影ポイントごとにアドバイスしながら撮影していただきます。
    11:40~12:00 撮影後、希望者には、写真を拝見して大まかに講評します。

    〔午後に開催の場合〕
    13:30 現地(公園入口)に集合
    13:30~13:45 当日のカメラの基本設定の説明と確認をします。
    13:45~15:10 滝の流れ(メイン)⇒樹林帯(玉ボケ)と移動しながら、撮影ポイントごとにアドバイスしながら撮影していただきます。
    15:10~15:30 撮影後、希望者には、写真を拝見して大まかに講評します。
  • こんな方を対象としています

    ◇自然がお好きで、滝のふんわり撮影を体験してみたい方。
    ◇自然光が作り出す玉ボケ作りを、体験してみたい方。
    ◇涼味あふれる滝・水流の撮影で、リフレッシュしてみたい方。
  • 受講料の説明

    参加費は受講のみの価格です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ●カメラの電池はフル充電したうえ、あれば予備電池をご持参ください。
    ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
    ●滝や水流の滑りやすい場所から撮影しますので、滑りにくい靴でご参加ください。
    ●当日の天気・気温に合わせた服装・身支度でおいでください。
    ●天気予報で小雨が予想される場合は、折りたたみ傘をご持参ください。

レビュー

  • 28
  • 楽しかった!( 20 )
  • 勉強になった!( 24 )
  • 行く価値あり!( 21 )
  • W2

    女性 30代

    この講座は「初心者でも分かりやすく次に生かせそうな講座」でした

    全くの初心者ですが、三脚についての基本的な説明と大まかなポイント、水をふんわり撮影する方法、玉ボケを作って撮影する方法を簡潔に分かりやすく教えていただきましたので、満足いく写真が撮れました! 自身で旅行に行って景色のよいところで撮影するのに役立つ知識を得られたと思います。

  • M3

    男性 50代

    この講座は「暑い中、滝の水流と光の玉ボケを素敵に撮影する講座」でした

    朝10時スタートにもかかわらず、非常に暑かったです。
    先ずは三脚の基本を教えていただき、その後設定の確認をして撮影に臨みました。
    滝の脇に行って三脚を使用して長時間露光に挑戦、なかなかいい写真を撮らせていただきうれしかったです。
    玉ボケは主題をどこに置き、玉ボケの大きさと位置をどう配置するかを考えさせられる撮影でした。
    楽しく勉強になりました。

  • W3

    女性

    この講座は「素人でもステキな滝の写真と玉ボケが撮れるようになる講座」でした

    「都内にこんなところがあったなんて!」という環境で滝の撮影が出来、とても勉強になりました。滝撮影に不可欠な三脚、NDフィルターの使い方、カメラの設定など、丁寧に教えて下さり、素人でもふんわりとした滝の写真を撮ることができました。
    玉ボケについても、構図の探し方から丁寧に教えて下さり、自分では撮れると思っていなかった写真を撮ることができました!
    ありがとうございました。

  • W1

    女性 40代

    この講座は「ふんわり滝の撮影に必要な設定が学べる講座」でした

    三脚初心者でしたので、基本のセット方法を学べました。
    滝の撮影では、段階的にシャッター速度や露出を変えることにより、変化が分かって面白かったです。
    あとは実践して身につけたいと思います。

  • W1

    女性

    この講座は「初心者でも滝と玉ボケ写真が撮れるようになる」でした

    三脚の使い方から教えていただきました。レジュメもあり、丁寧でわかりやすく、写真もうまく撮影することができました。
    次回からは自分でチャレンジしてみたいと思いました。

  • この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています