生命科学の博士が教える大人のための生命科学 入門

身近な生命科学(医学・農業・環境)のニュースを読み解くための基本を勉強しましょう。

  • 開催回数

    3
  • 受けた人

    3
  • 受けたい人

    15
  • 感想読む

    1

こんなことを教えます

<生命科学って何?>
こんにちは、生命科学(生物学)って勉強したことありますか?
生物学は学校では選択科目だったので、何も勉強したことがない!なんて方もいるかもしれません。小学校まで、中学校まで、なんて方も実はたくさんいるのではないでしょうか?
どなたでも出来ますので、まずはやってみましょう。

<こんなことが体験出来ます>
最近話題になったいくつかのニュースやトピックスを題材に、生命科学の基礎を理解できるように説明いたします。

今回のテーマはズバリこれ!
・臓器・組織・細胞・細胞内器官を区別しよう
 ⇒iPS細胞網膜移植の話を題材に生命科学の基本用語を解説します。
・STAP細胞は何が新しいか?
 ⇒「STAP現象の再現」のニュースがありましたが、何が正しくて何が間違っているのかを解説します。
・DNA・RNA・タンパク質の違いを知りましょう
 ⇒「ニホンザリガニ、川の水で生息分かる」というニュースを題材に、次世代シーケンサーの解説と、DNA・RNA・タンパク質という生命科学の基本キーワードの解説をします。
・腸内細菌は個人差にとって重要!
 ⇒腸内細菌についての最近のニュースを振り返り、最先端の情報をご紹介します。
・最先端技術「ゲノム編集」とは?
 ⇒確実に将来ノーベル賞を受賞すると言われている革新的技術です。知っておいて損はないです。

<こんな風に教えます>
少人数制で分かり易く、わからないことは気軽に質問できるので、もやもやをできるだけなくして帰りましょう!

<このレッスンで得られるもの>
生命科学は医療や農業、環境など幅広い現象の説明が可能です。いつものニュースがもっと身近になるような教養を、少しでも提供したいと思います。

<定員>
基本 3名程度
(要望と開催スペースに応じて変わります)

この講座の先生

Takezawa Shinichiro

Takezawa Shinichiro

日本で唯一の国際学術論文出版社の創業者

2007年、学術論文の出版を手掛けるGH株式会社を創業。
京都大学理学研究科、東京大学農学生命科学研究科を経て独立行政法人科学技術振興機構の研究員として遺伝子の制御機構の研究を9年間行いました。研究者としての経験を活かし、企業で新しいサービスを考えています。

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数5

教えた人数7

当日の流れとタイムスケジュール

<所要時間>
60分程度+質問コーナー(最大30分)

<当日のレッスンの流れ>
60分 講義
~30分 質問コーナー

こんな方を対象としています

生物学を勉強したことがない人、勉強したことはあるけどほとんど忘れてしまった人。
もちろん、生物学や生命科学に興味深々なことは最低条件です。

受講料の説明

受講料には聴講料、場所代、お水代が含まれます。

受講する際は以下をお読み下さい

質問コーナーは最大30分確保します。生物学関連の質問をお持ちいただければ、その場でできる限りの回答をお伝えします。

感想 1

楽しかった!

( 1 )

勉強になった!

( 1 )

行く価値あり!

( 1 )

男性 30代

この講座は「生命科学に興味がある人にはおすすめです!」でした

最近のニュースを足掛かりに、ワクワクするような話や、こんな技術があるのかとうい話を沢山聞かせてもらいました。
こちらの質問にも丁寧に答えて下さって、勉強になりました。
ありがとうございました。

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:秋葉原・御茶ノ水

    受講料:¥ 4,000

この講座の関連ツイート

Takezawa Shinichiro さんの他の講座

Page Top