ホスピタリティ/サービス関係の英語

道案内からおもてなしまで/レストラン、お店ほか、サービス業の方ほか

learn

こんなことを学びます

接客業で、あるいは、ご自宅でもお客様をおもてなしするのに、最もよく使う表現をシンプルに言う練習をします。

〜はいかがですか?

〜しましょうか?

〜してもよろしいですか?

〜していただけますか?

〜かしこまりました。

〜どうぞくつろいでお過ごしください。

〜ご自由におとりください。

〜残念ながらわたくしどもでは扱って降りません。

等々の基本をおさえつつ、応用を効かせることで基本のコミュニケーションが
スムーズに。

この言い方がわからない、これでいつも困る、通じない、などのご質問にも
お答えします。



*************************************
<ホスピタリティの英語とは>

ホスピタリティ=おもてなし です。

道案内くらいはさくさくっとしたい!というお声をよく聞きます。

また、接客、電話受付などをスマートにしたいというお声もまた伺うことがあります。

サービス業、観光、レストラン関係ではいわゆる「お客様」に対する英語を話すわけで、ぺらぺらであっても、「友達言葉」ですと、かえって印象が悪くなります。

逆に、丁寧で暖かい話し方ができれば、お店やサービスに良い印象を持っていただけます。

帰国子女の友人から、開催するように勧められていたレッスンでもあります。

「英語がぺらぺらの日本人女性が接客しているレストランに行ったら、友達言葉でカジュアルすぎ。あれではかえってお店の格が落ちると思うの。場にふさわしい英語のレッスンがあったらいいのでは?」

場面設定など、工夫しながら、単発で学んでいただけるプログラムを考えて行く予定です。

<こんなことが体験出来ます>

その回によって内容は変わりますが、例として道を教える言い方、
ご案内する言い方、また、ご予約を取る場合、サービスの内容を説明する場合など
大人としてふさわしく、丁寧で、失礼のない言い方を学びます。

<こんな風に教えます>

少人数制で分かり易く丁寧に指導します。

<このレッスンで得られるもの>

言葉だけでなく、文化の違いから起こりやすいトラブルやちょっとした勘違いなどを含め、わたし自身がサービス業で経験した話なども含め、ご紹介できたらと思っています。

<定員>
基本 4名
(ご要望と開催スペースに応じて変わります)

teacher

この講座の先生

渡部 泰子

通訳メソッド & 英語筋トレ

TOEIC985点。元ユナイテッド航空機内通訳( ISR)

株式会社マグノリア•コンサルティング代表。

学生時代の専攻は英語、英語音声学、言語学。

三菱商事(役員秘書)、日本IBM(外国人アサイニーのサポート)、ユナイテッド航空... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    10分 ご挨拶、本日の目標、気をつける事

    30分 サンプル文章、練習

    35分 実践。

    10分 Q&A

    5分 まとめ
  • こんな方を対象としています

    ①外国人の方に道を聞かれたら、わかりやすく教えられるようになりたい。
    その言い方を学びたい。という方。

    ②ホスピタリティあふれる英語でよい接客をしたい。という方。
  • 受講料の説明

    料金に含まれるもの:

    2時間のレッスン料、表現集プリント、電源、WiFi使用料
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    毎回、トピックを発表します。

    あらかじめ、そのトピックについて知りたい内容がある場合、
    メールにて、お知らせください。