木村 尚義のプロフィール写真

木村 尚義

(1)
  • 3人
  • 3回

木村尚義(きむらなおよし)1962年生まれ。創客営業研究所代表取締役。六本木ライブラリー個人事業研究会会長。
汎用機SEを経てOA機器販売会社へ。
売上げ不振パソコンショップのテコ入れを命じられ、たった一人で東北に赴任、秋田店の運営を任される。
逆転の発想を駆使して初年度で5倍の売上げを達成。

その後、IT教育会社に転職、受講者は通算2万4千名を超える。
法人向けITセミナーでは依頼主への受講者レポート提出の経験から、個人の隠れた強みを 発見することが得意。
2008年に法人化。通信、銀行、商社で逆転の発想セミナーを実施。
1千名以上の受講者から好評を得る。
2011年に費用対効果を追求しすぎて閉塞感ただよう現状を打開したい一心で執筆した「ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門」がベストセラーとなる。
ロジカルシンキングは頭の筋トレ、ラテラルシンキングは頭のストレッチ。
「筋トレばかりしていると頭が固くなりますよ」をキーワードにラテラルシンキング活用の啓蒙活動を行っている。

企業研修のご依頼はこちら
木村 尚義の教室ページの見出し画像

あなたの総合力をアップするNOロジック思考講座

前例のない問題が発生した時、新しい発想が必要なとき、大胆な発想に転換できると思わぬ角度からアイデアを生み出すことができる。「斬新な発想」は、一部のアイデアマンだけでなく、日頃の心がけ次第で誰でも可能。ゼロベースで新たなアイデアを出す考え方はどうしてたらできるのか。

現状は、AIやロボットが高価なため普及までに時間がかかります。
しかし、今後はどんどんAIやロボットが導入されていきます。
携帯電話が安価に誰でも持てるようになったように、AIやロボットも日常的に使われるようになります。
そうすれば、わざわざ人間を雇うのでしょうか。

こうした時代の変化には50年以上の実績のある思考法「ラテラルシンキング」で乗り越えられます。

日本で一番ラテラルシンキング関連の書籍を執筆している著者が直接指導に当たる教室です。

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー1件

男性

この講座は「遊び感覚で楽しめる講座」でした

発想をどうやって出すかという方法論はいろいろあるとは思いますが、楽しみながら出来るというのは面白かったと思います。覚えたスキームを友達とか、小さい子供とかと共有できると楽しめそうです。

続きを読む
1 件中 1 件表示

photo

教室風景写真