お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

Murata Tomoyaのプロフィール写真

Murata Tomoya

本人確認済み
(41)
  • 138人
  • 28回

「新しく何かを始める」をサポートします。

「何かを新しく始めたい」と思い行動することは素敵なことだと思います。そんな前向きな方に、一つでも多くの知識と経験をお伝えして新しいことにチャレンジすることをサポートできればと思います。

【profile】
現在、大手企業と中小企業のWEB関連全般や動画コンサルタントの傍ら、自身でのクリエーターとしても実写撮影と編集を行う。
動画配信による有料コンテンツ「Study for Practice」の事業を起業し自身で運営を行う。

【動画企画実績】
・ATSUGI 様:https://youtu.be/XdH7iS-zagc
・LITALICO 様:https://youtu.be/OCm-5V6bdmU
・日本政策金融公庫 様:https://www.jfc.go.jp/n/finance/ippan/guide_movie3.html
・ゴルフダイジェストオンライン 様:https://youtu.be/8xvHj3nFbnU
*各種権利等の兼ね合いでお見せできない実績もございます。

企業研修のご依頼はこちら
Murata Tomoyaの教室ページの見出し画像

動画制作・マーケティングに関わるなんでも相談

2017年アメリカではTV広告費をインターネット広告費が超えたという情報もあり、日本でも動画広告の市場が2019年に2,000億円、2022年に3,000億円になる予測とのことです。

ますます進化するインターネットやスマートフォンなどの技術の進歩によりマーケティングが多様化してきました。

そんな中、WEBマーケティングの知見を持ち、動画制作の経験がある私が、企業さまとクリエーターがよりミスなく素敵なマッチングを行うことができるスキルをお伝えできればと思います。

企業さまには、何故同じ動画に見えて費用がかかるにか?そして、どのようにしたらクオリティを高い動画をを作れるのか?また費用を抑えて動画を制作するために必要なこと。などの制作側の相談からどう活用すれば良いかなど、今までの動画制作のわかりずらかった費用のことや制作また企画についてご説明いたします。

クリエーターの方には、今まで企業さまとの折衝をおこな際に必要な内容や、企業さまにお伝えすることで適正な費用の提示を行う方法。案件を増やすためお伝えさせていただきます。

またクリエーター志望の方には最低限必要なカメラの知識と動画の撮影方法・簡単な編集方法と企業様対応にて知っておくべき内容を講座でお届けできればと思います。

動画コンサルタントとしてディレクションを行い、自身でもクリエーターとして活動する中での経験知識をお伝えさせていただきます。
まずは確認したい内容など個別でメッセージいただければお応えさせていただきます。

また、企業さまのご依頼など要件がマッチングする場合は、クリエーターを直接ご紹介させていただくことも可能ですので、お気軽にご用命下さい。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー41件

男性

この講座は「動画作りの基本が学べる講座」でした

予算の考え方など他では聞けない話しも面白かったです。

女性 30代

この講座は「全体的には吸収できた内容も多く、意義のある時間」でした

講師のMurata Tomoya先生は写真や映像を学校ではなく、実務で技能を習得されたとのこと。
営業職の経歴をお持ちで、具体的な例を用い説明は明瞭でわかりやすかったです。
SONY製のカメラを使用し撮影をされていて、他のカメラメーカーの製品は「聞いた話では」と断りをいれての説明でした。

開催日は土曜日の昼の時間帯。
案内を受けた開催場所は駅からほど近いのマンション内にあるレンタルオフィス。
受講者7名と講師1名で20平米あるかな?くらいの1Rでの講義です。
照明スイッチは先生がいらっしゃる部屋の奥から遠く、入り口近くにあり、休憩以外の3時間を暗い部屋で過ごしました。
ホワイトボードにプロジェクターで操作画面を投影されていました。
Adobe Premiere Proのワークスペースは文字が小さく細かいので、レクチャー中は「このへん操作しているな」というのがなんとなく分かる感じです。
閉所暗所と空間に対しての人の密度を気にされる方は受講者が集まりやすい休日開催の受講にご留意ください。
電源の数は限られていたので、コンセントを使えない人もいらっしゃいました。
電源タップを持ち込まれると安心です。
wi-fi環境は共有されません。携帯電話のテザリングでしのいだのですが、Adobe Premiere Proのライセンス認証が外れた時は焦りました。

・一眼レフ・ミラーレスで動画を取りたい方
→実機の操作などはありません。
・Youtuberになりたい方
→先生ご自身が「Youtuber向けの講義ではない」と説明されていました。

「iPhoneを使った撮影設定」もあるとのことで楽しみにしていましたが、2019年9月でiPhone11proが発売されている現在、先生が所持されているiPhone6sでの説明でした。アプリ紹介はありません。

『たった3hで動画クリエーターとして撮影・編集ができるようになる講座
基礎的な知識から、実際の仕事の見つけ方などもお伝えし、自立したクリエーターとしてサポートします。』字面に期待を持ちすぎ多くを講義内容に求めてしまったと反省しています。

受講後、仕事中に動画制作会社から営業の電話を受けました。
「御社のHPのトップに動画を載せませんか?何分の動画を何本、何十万円で作成します」。
この内訳のイメージがつくようになりました。それだけでも大きな収穫です。

男性 30代

この講座は「良い空気でできる講座」でした

映像制作全般ににかかる費用を丁寧に教えていてだ来ました。

女性 50代

この講座は「初めて知ることばかり」でした

実際にクライアントを相手にしてる講師の方からの交渉の仕方、予算の見積もりなどが分かって又一歩進めそうです。

38 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真