味村 彰久のプロフィール写真

味村 彰久

(0)
  • 1人
  • 1回

サッカーで運動不足を解消し、技術の向上を楽しもう

自己紹介

リフティングの最高回数 1000回以上。

1 サッカー歴 小学校・中学校・高校
2 ポジション DF・MF・FW 一通り全部
3 コーチ経験 有り(小学生)

野球、バスケなどと球技に関わるスポーツには興味関心があり、その中でサッカーを継続的にしてきました。

普段は塾を運営しています。また、脳科学を研究中。運動、時間の使い方、改善方法、新しさ、モチベーション、学習との因果関係を結び、応用をしています。

運動をすることで、柔軟性のある新しいニューロンを産むことができます。それは、大人になってもです。それら柔軟性のあるニューロンを持っていると、情報のインプット、アウトプットがスムーズに行うことができます。また、記憶力、学習能力、モチベーションの向上など、認知能力と言われる機能を活かして仕事や生活ができるようになります。

将来の認知症やアルツハイマーの予防、メタボなどの対策のためにも適度な運動は効果があるとされています。


味村 彰久の教室ページの見出し画像

考えを楽しもう

教室を通じて生活の質を上げる。

 近年、運動不足になる傾向があります。理由は、知識作業が仕事になるためです。そのため、運動時間を意識的に確保する必要性があります。近くで運動コミュニティがあれば参加することも可能ですが、その機会がないこともあります。

 社会人にとって、運動は趣味とかではなく、生活の質や仕事の質を上げるために必要な要素となります。その質の向上と共に技術が上がれば良いに越したことはありません。

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真