小川 ふさえのプロフィール写真

小川 ふさえ

(0)
  • 0人
  • 0回

ストレス品質管理士&繊維製品品質管理士

主に大手総合商社で海外アパレル生産品質管理一筋30年。
繊維製品品質管理士。
お仕事大好き。
特に繊維製品の家庭用品品質表示法関連と職人仕事がマニアックに大好きです。
現在は物流加工会社で品質管理課スーパーバイザーとして主に品質管理体制の構築と社員教育に従事しています。

もともと性格的にストレスに弱く、たびたび精神と身体へのストレス反応による軽うつ症状と自律神経失調症に苦しみ、対策を模索していた時に「ニュートラルベースNLP®」と出会い光を見出しました。
約4年かけてプラクティショナー、マスタープラクティショナーを終了し精神的、肉体的なストレス症状を緩和してきました。
2016年夏から約2年、同団体でプラクティショナーコースの部分的講座の講師を担当。
教えることの難しさと楽しさをおぼえました。

現在は本業の傍ら、「自律神経失調症」を未然に防ぐストレスコントロール法を中心に勉強を深めお伝えする活動しています。
また、洋服のお手入れの方法や、個人輸入販売者向けの表示法規関係の必要項目など、ファション業界の専門的な知識を活かした講座も展開していきます。

小川 ふさえの教室ページの見出し画像

The room of well♡being

well-being とは、

1946年WHO(世界保健機構)提示した声明につかわれた言葉です。
直訳では福祉や幸せと訳されることが多いのですが、原文によると更に深い意味になります。

a feeling of being comfortable,healthy,and happy.
ただ単に健康な状態、心の病がない状態を指すのではなく
・自分の能力を活かせている(気づいている)
・日々のストレスに対処できる
・実り多く働けいている
・自分が所属するコミュニティに貢献できている
満足な状態をwell-beingと言います。

成功を追い求め常に満足出来なかった30代40代、
人生50年の節目に出会ったNLP(神経言語プログラミング:脳科学に基づく心理学的実践コミュニケーション手法)プラクティショナーコースで成功と幸せは違うものだと学びました。
色んな幸せがありますが、私の欲しい幸せの形がwell-beingだったので教室経営理念としてこの言葉をいただきました。

また、私はこれまで30年間従事してきた品質管理の仕事も大好きです。繊維製品品質管理士としてアパレル業界にまだまだ貢献したいと考えています。

心理学と繊維製品に関連がないようで、実は多々関連するところはあります。

まだまだ働く同世代と未来ある後輩たちに、持てる知識やスキルを常に刷新して提供します。

続きを読む
  • Icon share シェア