きたさわ そらのプロフィール写真

きたさわ そら

(2)
  • 7人
  • 6回

パワハラやつらい人間関係から心地よい職場へシフト!

わたしには、上司と同僚からのパワハラを経験しているあいだに、父と母が亡くなり、責務の重い仕事をこなさなければならなかったというつらい期間がありましたが、あることをやっただけで心地よい職場にシフトすることができました。

あることとは、自分の内側を平和にするワークです!自分のつらい気持ちを癒し、つらい考えを止めるワークです。ワークとは、とても単純で型にはまった手順のことで、機械的にそれを実践するだけで効果が現れるものです。

17年間の専業主婦生活の後、11年間公立の学校で教員をしていました。そのうちの4年間、わたしは情緒障害をもつ生徒に気持ちのコントロール方法を教えることに従事していたのですが、このワークはこの間に試行錯誤して生み出したものです。

イライラして教室をとびだしてしまう生徒が、教室をとびださないで済むように、簡単で即効性のある手順を教える必要があったからです。生徒のためにと思って編み出したそのワークは、自分自身にもすごい効き目がありました。つらい時期にわたしはただワークに取り組みました。気がついてみると職場は居心地のよいものに変わっていました。

きたさわ そらの教室ページの見出し画像

パワハラ・つらい人間関係から心地よい職場へシフト

今のままの職場にいながら、パワハラや職場のつらい人間関係から抜け出せる講座です。

方法はワークによって、自分の気持ちを癒すことと、考えていることをととのえることで、その人の放出している波動を変え、パワハラやつらい人間関係を引き寄せない人になるというものです。

つらい気持ちを癒すこともパワハラを引き寄せない考え方をするようになることも、どちらも簡単な【ワーク】を行うことで達成することができます。

わたしのセミナーで、【ワーク】とは、とても簡単な手順のことです。ご自身の中にあるものをことばにして外に出す作業です。紙に書き出したり、声に出したり、ときには手を動かすこともありますが、型にはまったアウトプット作業なので、どなたでも簡単に取り組むことができますし、機械的にそれを行うだけで、効果が現れるものです。

ただ講義を聞いて帰ってから自分で何かを実践するというのと違い、効果をその場で実感することができ、即刻癒されることが多いので、【ワーク】を帰宅後もやろうというモチベーションも一緒に持ち帰ることになります!

セミナーでは【引き寄せの法則】の原理と【ワーク】の方法をご説明したあと、すぐにそれらの【ワーク】に取り組んでいただきますので、その場で癒しの効果が実感できることと思います。

何種類かのワークをやっていただきます。どれも簡単なワークですので、どなたでも簡単にできるようになります。

あとはご自宅に帰ったあともそれを実践していけば、心地よい人間関係しか引き寄せない波動を出すあなたに変わっていくことができます。

【引き寄せの法則】とは、【類は友を呼ぶ】と同じ意味ととらえていただいていいと思います。写真に興味をもっている人の周りには写真に興味をもっている人が集まるように、いつも気分のいいひとの周りにはいつも気分のいいひとが引き寄せられてやってきます。

つらい人間関係から抜け出したいと思われるのであれば、つらい気持ちを解消して気分のいい状態を保ち、気分のいい波動を出す人になれば、同じように気分のいいひとを引き寄せられるようになるのです!

90分のコースで、講義形式の時間とワークに取り組んでいただく時間を交互にもっていただくようになっています。

3名の方を募集します。もっと居心地のよい職場であったら…と考えおられる方は参加お待ちしております!

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー2件

女性 40代

この講座は「心の深い部分への発見がある講座」でした

きちんと理論に基いた講義と、先生のあたたかいお人柄にが大変心地よく充実した2時間でした。自分自身、マイナスの感情はあまり表に出さずに押し殺してしまうことが多いのですが、自分の感情に向き合って共感して手放すことを学びました。また、マイナスの感情を持つことは決して悪いことではないことがわかり、少し安心しました。講義中のワークを通して自分の真の欲求が見えたときはびっくりしましたが、同時にもっと自分を労わってあげようと思えるようになりました。すぐに実践できることばかりなので、これからも続けて生きたいと思います。

続きを読む

男性 40代

この講座は「続ければ感情のコントロールができる可能性が見えた」でした

ワークの継続をする事で、感情のコントロールができそうな可能性を得られました。おまけとして、呼吸法も教えていただけました。
次回は静かな場所で、とにかくワーク中心に受けたいです。

続きを読む
2 件中 1 - 2 件表示

photo

教室風景写真