Nakanishi Ayaseのプロフィール写真

Nakanishi Ayase

(0)
  • 0人
  • 0回

ママもパパも子どもも幸せになる アドラー式子育て

大内 彩瀬(おおうち あやせ)*旧姓 中西(なかにし)

1977年ニューヨークで生れ、小学時代をロサンゼルスで過ごす。同志社大学文学部教育学科を卒後し、商社やメーカーで勤務。現在は4歳と3歳の子ども達の育児に追われながら英会話教室を開講している。色んな親御さんと出会う中で子育てに悩んでいるママやパパが多い事に気づく。親も子どもも幸せになる為の子育てを模索する中でアドラー心理学と出会う。

Nakanishi Ayaseの教室ページの見出し画像

ママもパパも子どもも幸せになるアドラー式子育て入門

子育てでイライラしていませんか?
子供にガミガミ怒っていませんか?
子供にとっての本当の「成長」を理解して子育てをしていますか?

子どもに怒鳴ったり叱ったりするママやパパを街でよく見かけます。

仕事や家事、育児に追われて常にイライラして余裕がない。その中で子ども達が言うことを聞かない、やってほしいことができない、となると怒りが瞬間的に膨れ上がり、つい大声で叱ってしまう。小さい子を持つ親ならば誰もが経験していることです。

今の日本の子育ては、何かが出来たら褒められ、出来なかったら罰せられたり、怒られる「賞罰教育」がベースとなっています。そして、多くの人にとってはそれが当たり前の育て方になっています。

しかし、「しつけをしっかりとする」「甘やかさない」「人に迷惑をかけないよう教える」「褒めて伸ばす」など、子供の成長のためにと思ってやっていることが、逆に子供の成長を阻んでいるとしたら、それでも同じやり方で子育てを続けますか?

本セミナーではアルフレッド・アドラーが提唱した心理学(アドラー心理学)に基づいた子育ての基本的な考え方とコミュニケーションの手法をお伝えします。アドラー心理学は数年前に100万部を超えるミリオンセラーとなった「嫌われる勇気」という本で紹介されたことで日本での認知が一気に広がりました。本を読んだり、言葉を聞いたことがある方も多いと思います。(アドラー心理学自体は子供だけを対象にしたものではありませんが、その中で子育てや教育改革は社会を良くするために重要であると位置付けられています)

アドラー心理学ではコミュニケーションにおいて「勇気づけ」と言う方法を使います。勇気づけとは「困難を克服する活力を与える事」です。これは褒めることとは違います。(違いは当日ご説明します)

当日は
・圧力や暴力ではない方法で問題を解決する(叱らない子育て)
・褒めるのではなく、勇気づけのコミュニケーションで子供を育てる
という点についてお話をし、具体的な話しかけ方について練習します。

心理学という名前がついていますが、考え方は誰にでも理解できるシンプルなものです。この2つを理解するだけで、あなたの子育てが180度変わるかもしれません。

勇気づけの子育てができるようになると、子育てがこんな風に変わります。
・ママもパパも子供も笑顔が増える
・子育てが楽になる、楽しくなる
・子供がいろいろなことを自分でできるようになる

子育てに奮闘している全てのママやパパに是非一度聞いてもらいたい講座です。

当日お子様連れのご参加が可能です。

ぜひご参加ください。

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真