お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

河野 佑紀のプロフィール写真

河野 佑紀

本人確認済み
(1)
  • 1人
  • 1回

そろりそろり♪と楽しく狂言の声を出そう!

そろりそろり、、とすり足したり、
はーっはっはっははー!と大声で笑ったり
子供から大人まで、楽しみながら、
狂言の台詞を喋っていると、
いつのまにか綺麗な和の所作や、声が大きくなりますよ^ ^

「狂言を習うと?」
狂言は堂々とした姿勢で、大きな声を出し、人前に立ちます。
今でこそ狂言師として活動していますが、小学生の頃は恥ずかしがりやで、人前に立つのも異常に緊張し、伝えたい事があっても、それが出来ませんでした。
そんな元恥ずかし屋だからこそ…
「大きい声が出せるようになりたい」「人前で堂々としたい」など色々な悩みが理解でき、、

それは、狂言を楽しく学ぶ事で解決できます!

○お稽古の中身
狂言の謡や、舞、台本を使用して、楽しく役を演じながら、声や、和の所作、姿勢を磨いていけるよう、お稽古させていただきます。
また、袴の着付けなど、そういった事もお教え出来ます。

徳島県出身/和泉流狂言師
劇団青年座研究所講師、尚美学園芸術大学非常勤講師

企業研修のご依頼はこちら
河野 佑紀の教室ページの見出し画像

狂言で楽しく、自分の殻を破ろう!

たのしい伝統芸能、狂言を体験しよう!

<狂言ワークショップの狙い>
日本で外国人と出会う機会が多くなりました。
多くの外国人が日本ならではの文化、芸能に興味を持ってくれていますが、
自国の文化、伝統芸能について、自信を持って話せる人はどれ程いるでしょうか。

・1度見てみたいけど中々足が出ない
・難しそう
・何言ってるかわからなそう

消極的なイメージが優先する伝統芸能ですが、

実はとてもわかりやすい、狂言を
子供の時に知り、楽しく体験してもらうことで、
大人になった時に、「狂言って楽しかったな」と
思ってもらえるよう、
そして、伝統芸能に対する先入観、イメージを変えたいと思い活動しております。


<狂言を経験して、変わる事>
狂言は、胸を張り、どうどうとした、立派な姿勢で、
とにかく大きな声を出します。
人見知りだった子、発言したくても上手に発言出来なかった子が、
狂言に挑戦することで、
自分の殻を破る事に繋がります。



<狂言を通して、学べること>

650年前の日本人が、笑いを楽しんでいたこと。
教科書を読んでもピンとこない昔の人達の、
物の考え方や、現代に生きる人達と笑いの感性が変わらない事を知る事で、過去との繋がりを意識します。


<狂言ワークショップの中身>
・狂言を初めて見る子供達へ、今のお笑いとも絡めながら、わかりやすくお話。
・綺麗な正座、立ち座り、すり足体験
・特徴的な狂言の笑い、泣き、怒る演技
・動物の動きや泣き声、歩き方の体験。
・狂言で自己紹介に挑戦等々。
全て講師によるお手本をしっかりお見せします。
また1回限りのワークショップだけではなく、
半年程かけて、親子や友達同士で実際に狂言を演じて貰うことなども行なっております。
初めて、台詞を覚えたり、他人と台詞の掛け合いをする事、
また、発表会などを設ける事で、それに向かって努力し、人前で演じる事は大きな財産になると思います。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー1件

男性 20代

この講座は「大きな声を出してスッキリする講座」でした

伝統芸能と聞くとなんだか堅苦しいものと思うのですが、カジュアルに狂言を楽しむことができました。
テレビで見たような名乗りや、喜怒哀楽の表現方法を知ることができ、恥ずかしいという気持ちを捨てて実際にやってみることで一皮剥けた気がします(笑)
狂言と出会って引っ込み思案の子の性格が変わったという先生のお話も「たしかに!」と感じました。
正座が苦手で、作法を学ぶ際にはフラフラとしてしまったのですが、無理せずに形だけでもと丁寧に教えていただきさすがだなと思います。
あっという間の時間で、さらに狂言について知ってみたく講座でした。

1 件中 1 件表示

photo

教室風景写真