お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

平井 里枝のプロフィール写真

平井 里枝

(0)
  • 0人
  • 0回

どんな肌も、卵肌に変換する方法を伝授します。

.肌再生家
.YH化粧品開発者
.自然流生活実践家
.野草料理研究家

私の得意分野は、メイク術ではなく、皮膚の生理に基づいた輝くお肌を維持、または肌トラブルを抱えている人の肌を卵肌にに輝かすことです。
どんな肌も、輝くお肌の情報を受けて実践していただければ、
誰でも卵肌にして差し上げられます。

yahooの知恵袋の「ニキビ」と「アトピー」のカテゴリマスターとして、8,000人ほどの質問に、日々薬を使わない自然の摂理に沿った安全で、かつ誰でも簡単にできる療法をお伝えしています。また、Quara(知的知識共有型SNS)では、スキンケアと健康関連を担当しています。

自社サイトにおいても、重篤な肌トラブルの相談を、10,000人以上対応しています。

ヘアケア(禿、薄毛、脂漏性皮膚炎)、花粉症も、得意な分野です。




企業研修のご依頼はこちら
この教室に現在公開されている講座はありません。

どんな肌も、卵肌に変換する方法を伝授します。

.素肌を輝かしたい人
.肌トラブルを抱えて、生きる価値を見いだせなくなっている人必見!!

<こんなことを学びます>
1.スキンケアやシャンプー剤の成分表の見方を学ぶことができます。
2.皮膚の生理学に基づいた化粧品の選び方が学ぶことができます。
3.皮膚の生理学を学ぶことで、内臓の仕組みも同時に学ぶことができます。
4.肌トラブルを、自分で治す方法が学べます。
5.肌を輝かす食材や摂り方を学ぶます。

<こんなことが出来るようになります>
1.自分に合った化粧品を、自分自身で選べるようになります。
2.肌に自信が持てるようになります。
3..不要な化粧品を購入しなくなるので、無駄遣いが減るようになる。
4..肌トラブルを抱えなくなり、薬と無縁な生活になる。
5.皮膚疾患だけでなく、病気知らずの健康体になれる。

.<こんな風に教えます>
1.ご自分の使っているシャンプー剤やスキンケア商品を持ってきてもらい、どの成分が肌トラブルを引き起こしているか、お伝えします。
2.肌に必要な物、必要でない物を、皮膚の生理学にもとづいたケアを教えます。
3.肌トラブルになる原因を。きちんと伝えます。
4.日ごろの悩みの質問に回答します。

<講座に特に受講してほしい人>
●保湿が油分だと思い、乳液や保湿クリームを使い バリア層を壊し、肌の乾燥を招いている人
●水分が蒸発しないように、乳液で蓋をするのが 正しいケアと思っている人
●日焼けすると、シミや皮膚ガンになると、 SPF値の高いUVカット商品を使っている人
●髪の毛を石鹸で洗うと髪が傷むと思っている人
●皮膚科で勧められる化粧品は、刺激が少なく安全だと思っている人
●敏感肌用の化粧品は、肌に刺激がないと思っている人
●化粧品の全成分を確認しないで、周りに使用感を聞いて購入する人
●化粧品の主原料が水なのに、有効成分を追い求めている人
●皮膚科に行けば、肌トラブルは治ると信じている人
●たくさんの種類を使えば使うほど、肌に栄養を与えきれいになると思っている人
●原因になっている物を止めないで、薬で治そうとする人

<持ち物>
今、使っているシャンプー剤とスキンケア商品の持参

<定員>
基本 5名
(要望と開催スペースに応じて変わります)

肌は、とても大切な臓器。
腸が内臓の免疫機能の70%を担っているとすれば、皮膚は、身体の外の免疫機能を100%担っています。ですので、肌に使う化粧品の選び方が正しくないと、内蔵にも支障をきたすことになりかねません。

美肌の定義であるハリと透明感のある肌は、内臓もトラブルのない健康な体になっていることです。

2,001年から、化粧品メーカーは、すべての化粧品の成分を開示するよう、厚労省で義務づけられました。それと同時に消費者も、自己責任で購入することが求められるようになりました。

ですので、購入した化粧品が肌に合わなくても、メーカーに訴えるようなことはできません。

しかし、私たち消費者は、購入する際に、成分表を確認しないで、周りの人の評価を優先して購入する人が多いため、なかなか自分に合った化粧品に出会えずに、化粧品ジプシーを続けている人も珍しくないのが、現状だと思うのです。

購入前においても、全成分はHPなどにきちんと記載されていますので、配合されている成分が理解できていれば、自分の肌にピッタリな物が購入でき、無駄になりません。

また、皮膚の生理に基づいたケアを理解することで、肌にたくさんの種類を使う必要もなくなり、無駄遣いが省けるようにもなります。

肌トラブルで、皮膚科や美容皮膚科に受診しても、検査や薬が優先され、原因になっている物のアドバイスは、殆どないのが現状です。

配合成分や皮膚の生理学を学ぶことで、仮に肌トラブルを抱えるようになっても、私たちの体は元へ戻ろうとする力が備わっていますから、大事にならない内に、自分で治すことも可能です。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真