原 庸一朗のプロフィール写真

原 庸一朗

(9)
  • 37人
  • 14回

人生の80%をプレゼン・資料作成に費やしてきた男

株式会社マッシュルーム 代表取締役
株式会社MOLCURE 取締役COO
マジキチアーティストユニット Majikitchen プランナー

学生時代より多数事業企画を行い数々のビジネスコンテストにて受賞。大学卒業後、医療IT・バイオ・IoTなどのスタートアップを計3社を創業し、VCより2億円以上の資金調達を実施。国内外のイベントやアクセラレーションプログラムで多数受賞歴あり。事業計画の作成から営業提案資料、顧客企業の新規事業計画作成支援など、プレゼン・資料作成の枚数と回数のトライアンドエラーに人生の80%の時間を捧げてきた

結果として資料作成のためのテンプレ枚数2,000枚以上、デザイン素材数14,000以上をストック

スタートアップのピッチプレゼンやクライアント向け営業プレゼン、配布用営業提案資料、新規事業企画など、目的に合わせて最適なスタイルのスライドデザインを得意としています

相手に最短の時間で伝えたいことがノイズなく伝わるため、見た目のデザインの「美しさ」は当然のこと、「ストーリー」と「メッセージ」「論理展開」を重視した資料を「短時間で」仕上げるTipをお伝えします

原 庸一朗の教室ページの見出し画像

伝わるプレゼン・企画提案資料高速作成講座

<こんなことはありませんか?>

様々なセミナーに参加したり、ビジネス書を読んでいると「こうしなさい」「こうあるべき」という [あるべき理想] のインプットは日々しているけど、いざ仕事で必要とされた時「でも、具体的に手が動かない...そんなに簡単に実践できないよ...」という経験はありませんか?

ロジカルシンキングやプレゼン術、デザインルールなどの[メソッド] は、頭に詰め込んで実践することが不可能なほど多数世の中に溢れていますが、結局仕事においてそれらを使いこなして「効果的に」「短時間で」アウトプットを出せる状態にはないことが多いのではないでしょうか?

<なんでそんなことが起きてしまうのか?>

英会話スクールにどれだけ長く通っても、なかなか使いこなすレベルになれないように「いますぐマスターできる魔法の杖なんてない、場数や実践経験が大事」と言われ、習得期間というあなたの大切な「時間」を投資しないと体得できない...残念ながらそんな時間泥棒的状況をビジネス書やセミナーがもたらしてしまっているのかもしれません。

1冊のビジネス書を読んだり、セミナーに1回参加するだけで習得実践されてしまったら、次の本が売れなくなったり、セミナーのリピートがなくなったりと、その業界の人は困ってしまいます。つまり彼らがそれを商売にしている以上、売りたいものは「習得できるようになる期待値」であり「習得できること」ではないというロジックが裏にはあるのではないでしょうか。

しかし、現在ではクラウドソフトウェアは経理の専門家でなくても簡単に短時間で経理処理できるようにしてくれたり、写真アプリはプロカメラマンでなくても簡単に短時間でプロっぽい写真加工をしてくれたり、習得できるようになる「期待値」ではなく「アウトプット」を出すためのソリューションを提供してくれる時代になってきており、マスターしたエキスパートでなくてもかなり完成度の高いアウトプットが出せるツールが沢山提供されています。

つまり、本当に我々ユーザーが求めているものは「期待値」ではなく、その目的を最短最適効率で実現してくれる「ツール」であると考えられます。

<資料作成における問題認識>

プレゼンや営業、新規企画の資料作成において、スキルを習得していないと時間がかかるものには大きく分けて以下の2点があります。

① ストーリー構成・論理展開作成 :相手へメッセージが伝わるか?(相手が理解できるか?)
② レイアウト・デザイン素材選定 :相手にメッセージが伝わりやすいか?(相手に見てもらえるか?)

この2点のアウトプットのクオリティが、ビジネスの成否を左右する大事なものであることは言うまでもありません。しかしながら、そのスキルが不足しているために資料作成に要する時間が膨大にかかったり、アウトプットのクオリティが低かったり、改善ブラッシュアップに要する時間がかかったりと、投下時間 = コスト が膨大になっていることが大きな問題だと考えられます。

本当にあなたに求められている仕事の専門性(ファイナンス、営業、新規事業アイデア、エンジニアリングなど)とは関係のないスキルである、資料作成スキルの習得(修業)に人生の貴重な時間を費やすことは、家族との時間を増やすためにも、キャリア設計上の観点からも避けなければならないことです。

<これらの問題を解決する方法としての本講座内容(こんな事を教えます & こんなツールを提供します>

A. スタートアップのピッチプレゼン、新規事業企画、営業プレゼンなどのプレゼンテーション資料を作る際の ① ストーリー構成・論理展開 ② レイアウト・デザイン のポイント説明
B. 事業計画資料、営業提案資料、社内説明資料などの配布資料を作る際の ① ストーリー構成・論理展開 ② レイアウト・デザインのポイント説明

上記のポイントを踏まえた資料を短時間で作成するためのツール・テンプレート・素材の紹介ならびに使い方説明

(参加者の方には私がストックし続けてきた数百枚のテンプレート・数万点の素材を共有させていただきます)

<こんな事が出来るようになります>

①資料作成に投下する時間を、これまでの30%に圧縮
②これまでの3倍のクオリティの資料を作成することによって、提案・企画・プロダクトの魅力を相手に対して的確に伝わるように
③ より多くの方に使ってみたい! 投資したい! と思ってもらえるようになります

<こんな風に教えます>

インタラクティブな形で進めたいと思っていますので、こちらで用意した資料でのキーポイント説明と並行して、参加者の方に持参いただいた、作成中もしくは作成した過去の資料を見ながらコメント・フィードバックを行い、ツールやテンプレによる効率化を実感してもらう形で進めます(参加者が少ない場合は、可能な限り各参加者の資料に個別フィードバック・改善提案をさせていただきます)

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー9件

男性 40代

この講座は「プレゼン準備の効率化を図りたい人にお勧めです」でした

ストーリーを意識したプレゼンの構成、様々なプレゼンテクニックやツールなどについて教えていただき非常に勉強になりました。
すぐに実践できる内容となっているので、特に企画・提案でこれからプレゼンを行う方などにお勧めできる内容かと思います。
これからの提案活動に活かしていきたいと思います。

続きを読む

男性

この講座は「ピッチプレゼン向き」でした

実践に使える情報に溢れております!

続きを読む

女性 40代

この講座は「センスの良い資料の作り方が学べます」でした

レビューが遅くなり申し訳ありません。
まず、講師の方がとても良い方で、ご自身の資料等惜しみなく提供してくださった上、講座の翌日に質問をした際もすぐに答えてくださいました。
今月開催のセミナーの資料作成のヒントになればと思い参加しましたが、おかげで良い資料が作れました。

ありがとうございました。

続きを読む

男性 20代

この講座は「効率化を重視したセミナー」でした

タイトル通り、効率的に資料作成ができるツールを教えていただきました。

アイコンを使うときはまとめて一つのアプリで管理をしたり、流行のデザインスキルなども教えていただきました。

また、素材も頂けましたので早速活用させていただいております。

資料作成に時間がかかっている方は特におすすめです。
教わったやり方で作成すれば今までの時間がかなり短縮されるかと思います。

続きを読む
9 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真