村田 りかのプロフィール写真

村田 りか

本人確認済み
(0)
  • 0人
  • 0回

差別と偏見から脱却し社会公認されるMtFになる為に

法律上戸籍女性名への変更審査において必須のGID診断書(性同一性障碍者)を持たずにMtF(自己女性化症候群)なまま
2009年12月に川崎家庭裁判所にて「女性名改名」し法律で「戸籍氏名りか」を特例的に取得した奇跡の「MtFみなし女性」村田りか。

そして2019年7月現在。その女性的社会就労の10年間の
実績「既成事実」を積み上げてSRS性適合手術を行い
既に戸籍性別「女」となっています。

戸籍女性名を改名許可後「非エンターティメント」として一般業種で「見なし女性」として就労している私村田りかのノウハウで
趣味や遊びや性癖と言った社会的に差別と偏見を受ける地位から脱却し平等な社会的地位である戸籍女性名を取得するステップとして学ばれて下さい。

企業研修のご依頼はこちら
村田 りかの教室ページの見出し画像

男感排除それが一番大事

昨今、とりわけ若年層女性が粗暴で乱雑な言動を示してもそれを咎める事が時代錯誤とされる風潮の中
その風潮に甘んじて同様同種の言動を女性的な容姿や美貌或いは資格やスキルや肩書でまかり通す方々は少なくありませんが
男の娘でも女装でもニューハーフでもGIDでも女性名改名済みMtFでも
エンターテイメント職やパフォーマー職や風俗職と言った非普通職では無い
普通職社会の就労と女性生活ではとどのつまり「女性らしい評価」を得られるか否かです。
そしてその審判は本人がたとえ自負自認していたとしても
最終的に決定するのは「社会」なのです。

かくいう村田りかは女性名改名許可を得て10年「いち女性として」普通社会で就労し女性生活を維持継続しています。いえ「できています」
つまり「できている10年」その裏づけは圧倒的に男感が無いからに他ありません。

そのノウハウを短期間短時間で習得する為の教室ですので1日も早く「女性らしい人」と普通社会から認められたい方は勉強し役立て下さい。

1人でも多くの方が偏見や差別やレッテルと言った苦痛から開放され事を願っています。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真