う きのプロフィール写真

う き

(0)
  • 0人
  • 0回

最新の医療をファッションから発信します

私は作業療法士と言う仕事についている、リハビリテーションの先生です。
療法士ですが、それ以前に人が大好きなだけの一人の人間です。
生きた暖かい人を愛してやみませんが、私の持つ国家資格は

冷たい『死』や
苦しい『病気』に

とても近いところで仕事をする資格でした。

寝ること。
食べること。
大切な人と話すこと。

このような当たり前の日常が一瞬で当たり前でなくなってしまう現場を何度も見てきました。
ご家族の悲しい顔、ご本人の悔しい顔、健康の大切さを何度も患者さんから学びました。

健康とは白紙の紙のようで、体の不調が何も無いことです。
肩こりや腰痛・疲れやすさ。
それを当たり前と感じているかもしれません。
それは、西洋医学だと名前が付いていないだけで、東洋医学で言うところの未病の段階です。
灰色がかった紙を当たり前だと思っているのはもったい無いです。
白紙の紙があったら、もっと今より沢山の未来を描けるとは思わないですか?
白紙以上の状態もあります。沢山の色を載せられます。

当たり前に感じている事の大切さが分かるのはもちろんですが、仕事は今より2倍はかどり、大切な人とのコミュニケーションは3倍楽しめると思います。

常に重力を『味方』にし、重力と平和に『和解する』。

コンディショニングを体験すると体の変化と同時に『世界の変化』を味わえます。
背骨が楽に動くことで視野が広がり、手の届く範囲が増すことで世界が近くなります。
歩くことでは、体が楽になることで地面と戦わなくなり、大地と和解します。
インパクトが大きい人は体の変化があることで『世界観』も変化します。
私はこれが人によっては健康な状態でもリハビリテーションであると考えています。

皆さんと身近な所でお会いする事はなかなか無いですが、本当に大事な『健康』について少しでもお伝えし、体の変化について楽しんで頂きたいと思っています。



企業研修のご依頼はこちら

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真