日向 大祐のプロフィール写真

日向 大祐

(104)
  • 203人
  • 23回

マジックエアリスト=楽しい空間を創る職人

■プロマジシャン
■2009年欧州マジックチャンピオン(日本人唯一)
■専門分野はお客様の目の前で演じる「クロースアップマジック」
■東京大学工学部・同大学院卒

マジックエアリスト。東京大学工学部卒・同大学院修了後、マジシャン・即興俳優として活動を開始。観客の目の前で見せる「クロースアップマジック」を中心に、都内レストランや各種イベント・企業パーティーにてパフォーマンスを行っている。

2009年、ヨーロッパのマジック大会「Blackpool Magic Convention」にて優勝し、日本人初の欧州チャンピオンに輝く。同年、マジックのオリンピック「FISM」日本代表。2011年から小劇場での公演活動を精力的に行い、マジックに演劇、即興劇、パントマイム等の表現を融合させた独自のスタイルは、Mr.マリック、メンタリストDaiGoなど国内外の専門家からも高評価を得る。また、マジックでプレゼンテーション能力を磨くセミナー・ワークショップを社会人や大学生向けに定期的に開催しており、のべ1000名を超える社会人へ指導を行う。
著書「3分で心をつかむ かんたんマジック(KADOKAWA)」ほか

日向 大祐の教室ページの見出し画像

心をつかむ!マジック入門教室

必ずできるようになるマジック教室!

初心者向けのマジックレッスンです。

マジックというと「難しそう」「器用じゃないと出来ない」と思われがちですが…

常に笑い声の絶えないレッスンとなっております!

それは「やればできる」という成功体験があるから。

手先の器用さなどは関係なく、きちんとした準備と、順序立てた練習を積めば、どなたでも必ずできるようになります。

レッスンでは、日本人初・欧州チャンピオンに輝いたマジシャンが、至近距離で直接指導。映像では伝えるのが難しい、細かい手の動かし方、セリフの組み立て方、失敗した際のフォローなどもバッチリ。質問もいつでもOKですので、1人1人に合ったアドバイスが得られます。

目的・シーンに合わせて、複数の講座をご用意しております。

●人前で喋るプレゼンスキルを磨きたい方
→「マジックで学ぶコミュニケーション&プレゼンテーション」
●パーティーなどで何か披露したい方
→「即戦力!パーティーマジック!」

他にも開講予定です。

ぜひお気軽にお申し込みください!

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー104件

男性 30代

この講座は「手軽な手品ができる」でした

身近にあるもので手軽にできるマジックを教えてもらえます。
後日動画配信もあるのでアフターフォローもしっかりしているなとおもいました。

続きを読む

男性 40代

この講座は「忘年会対策バッチリな講座」でした

簡単だけど、あっと驚くマジックを覚えることができました。そして、マジックってただ、技を見せるのじゃなく、相手としっかりコミュニケーションをとることが大事なんだと気付きました。相手を喜ばせることができる特技を身につけるのはとても幸せな気分になれます。

続きを読む

女性 30代

この講座は「すぐやってみたくなる、身近な道具ですごいマジック講座」でした

『びっくり!』『楽しい!』『やってみたい!』が素直な感想です。
身近な道具を使われていて、私にもできるかも!と思わせてくれるマジックばかりでした。

道具は、輪ゴム、ネームストラップ、コイン、ハンカチ、ティッシュ、紙コップ。

まず日向先生がお手本を見せてくれます。
その後どのようなマジックか教えて頂き、もう実践です!

これが思ったより上手くいかない(笑)
時間をもらい何回か練習をして、ペアになって見せ合います。
成功した時の高揚感と言ったら!!

ぜーんぶ教えてもらった後、覚えたマジックの一つか二つを組み合わせて発表!いざ、本当に飲み会などでやる時のシチュエーションを想定し、皆の前でやらせていただきました。

人前でやってみないと分からなかったことを発見できたし、こうしたらもっとよくなるというアドバイスも頂きました。
復習もディベートもできて、
即戦力を求めにやってきた私としてはすごく有難かった時間でした!


日向先生は、会場に着いた途端気さくに話しかけてくれて、
緊張を解きほぐしてくれました。
お芝居もしている方とのことで、お客さん役として見てくれた時には小芝居などを入れつつ(笑)
お話もわかりやすく、安心感があり、始終 笑いのある教室だったように思います。
クロースアップマジックという近くで見せるマジックを得意としている、その意味がわかったような気がしました。

日向先生は「お客さんに楽しくなってもらう」ことが大事だと言います。演者だけが楽しくても、マジックの楽しさや不思議さがお客さんに伝わらなければ、又、伝わっても、意図しないことでなんだかモヤっと気持ちよくなく感じさせてしまうなら、例え、トリックが成功したとしても、パフォーマンス全体の成功とは言えないのかもしれません。

日向先生は、今までは観客だったけどこれからマジックの演者となりうる私たち生徒と果敢にコミュニケーションをとって、マジックの楽しさを伝えてくれました。
私たち生徒の中から、すごいマジシャンが誕生する日もそう遠くないかも!!?(笑)

1日経ちましたが、改めて
お客さんが何を求めてるのか、どうしたら伝わるのか
考えることのできる講座だったなぁと感じています。
仕事に活かせそう。
また行きたいです。

続きを読む

男性 30代

この講座は「とても楽しかったです。」でした

素晴らしいレッスンでした。


およそ手品を覚えてみたい。興味本位で。などという私と同じようなフツーの会社員にとって、まず意識するハードルは[手先の器用さ]じゃなかろうかと思います。
理屈はわかっても手先の器用さを要求されては、できそうにもない。時間かかるし。仕事あるし。何時見せるかわからないんだし。プライベートもあるんだし。他にやってみたい事もあるし。

そりゃピアノが弾ければ素敵だろうよ。俺だってリヒテルみたいに平均律クラヴィーア曲集が弾きたいよ。だけどそんな技術はないし、身に付ける時間もないよ(あっても無理だけど)。家にピアノすらないよ。

セット───その時点で完結。
戦争ではアマチュアは戦術を語り、プロは兵站を語ると言います。相手と銃剣の間合いに入る前に結果が確定しているのが手品でもあるんだと、正直感服しました。
あ、そっか、そういう事なんだ、と目から鱗です。私のような日々のルーティンワークな会社員仕事をしている方には是非。きっと違う視点から仕事を眺める事ができるように・・・なれればいいなあと私は思ってます。

事実。レッスンの帰りに西荻窪のバーで見せたら大ウケでした。酔っ払いしか周りにいませんでしたが。それで良いのです。私には。

大満足のレッスンでした。先生に感謝します。

続きを読む
104 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真