向川 敏秀のプロフィール写真

向川 敏秀

(0)
  • 0人
  • 0回

ブランド・マネージャー認定協会 認定トレーナー

戦略コンサルタント/組織マネジメントコーチ
1990年積水ハウス株式会社入社。
分譲マンションの企画・販売を通じてマーケティングの実務現場を経験。その後、ITベンチャー企業にて事業部長として2年続けて新規事業を立ち上げた後、松下電器産業(現:パナソニック)に入社。通信機器のマーケティング戦略、コーポレートブランド戦略など幅広く携わる。

2008年、戦略コンサルタント・企業研修講師として独立起業。
主に成長戦略立案、事業計画策定、新規事業・新サービス開発、現場導入の支援と、関連ビジネススキルの指導に努める。
2015年、株式会社シナプスに参画。コンサルティング・企業研修講師を務める傍ら、ビジネスパーソン向け公開講座運営にも取り組む。

成功確率を高めるロジカルなコンサルティング力と、プロジェクトチームのモチベーションを高め、可能性を引き出すコミュニケーション力に定評があり、企業研修、コンサルティング、公開講座と幅広く活動中。

向川 敏秀の教室ページの見出し画像

ブランド・マネージャー認定協会 札幌エリア

あなたがブランディングを確実に
ビジネスに活かすための3講座を開講します

ブランド・マネージャー認定協会で提供するカリキュラムはブランド構築の「型」の形になっています。この「型」は単なる机上の道具ではなく、現場で使えるように再現性のある「型」です。

■ライセンスの発行
認定書の発行機関である協会が、ブランドに関する知識の取得、ブランド構築を学んだ証明証を発行いたします。
ベーシックコースを卒業された場合は「2級資格認定証」
アドバンスコースを卒業された方は「1級資格認定証」
を取得できます。

■ブランド戦略とは
ブランドとは資産であり、経営戦略から一貫して派生するものです。
企業戦略において、ブランド戦略はマーケティング戦略と
一体であり、特にブランド価値を高めることに力点をおいて、マーケティング施策を計画、実行していく過程のことをブランド戦略と呼びます。

■ブランド・マネージャーとは
ブランド・マネージャーは、ブランドの資産としての価値を高めるために、その構築から管理までの活動全般にわたる広範囲の経営的責任を担います。
その意味で、広義のブランド・マネージャーとは、役職名ではなく、経営者的視点からブランドの価値を高める経営戦略を実現する役割を担う人を指します。
ブランド・マネジメントやブランド戦略を体系的に学び、
実践できる人財は現状ではまだまだ少なく、マーケティングにおいて重要かつ希少性のある資格・知識です。

■ブランド・マネージャーの資格を持つメリット
当協会は、日本で唯一ブランド・マネージャーを養成し、
資格を発行している専門機関です。
講座卒業生は、全国で1000名を超え、様々な業界で活躍されています。
企業はブランド戦略の重要性を認識し、ブランド構築に力を注いでいます。
しかしながら、ブランド戦略やブランド・マネジメントを
体系的に学び、マーケティングに活かすことが出来る知識やスキル、資格を持った人財は多くありません。
そのため、企業はブランド戦略を遂行するにあたっては外部ブレインを頼らざるを得ないのが現状です。
「ブランド・マネージャー」の資格は、マーケティングの重要な要素である「ブランド戦略」を担うことが出来る
非常に希少性の高いスキルです。
今後、「ブランド・マネージャー」の資格を持った人財は、マーケティング、ブランディングにおける社内の専門家として、企業の永続経営のキーパーソンとなれることでしょう。
また、クライアント様へのコンサルティングなどにも、当協会独自のブランド構築の「型」が役立ちます。
対外的にも信用度と説得力のある、ブランド・マネージャー資格をぜひ取得ください。

続きを読む
  • Icon share シェア