お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

落合 崇のプロフィール写真
(60)
  • 147人
  • 32回

役を生きる、映像演技

早稲田大学第二文学部演劇専修卒。 映画製作会社・プルミエインタ ーナショナルの契約社員、フリー助監督を経て、映画・ドラマの監督になる( 2005 年 BS-TBS ショートコメディ・オムニバス「スパイ道」の中の『ハウスメイドスパイ moe 』で監督デビュー)以後、ドラマ、VP、DVD 映画などの演出に携わる。
2009 年からは若手俳優のためのワークショップ講師をグループ・ファーストエ ース他で始め、2014 年 1 月より劇団ひまわり青年部「映像演技」を常勤講師と して担当している。2015 年には アジアピクチャーズエンターテインメント 俳 優育成スクール Acvie 第 1 期金の卵プロジェクト・映像演技講師をつとめた。

企業研修のご依頼はこちら
落合 崇の教室ページの見出し画像

映画、ドラマ『役を生きる、映像演技!』

<こんなことを学びます>
映画ドラマに出演してみたい!
そんな夢を抱いてる人たちに向けて、映像に映った自分の演技が、いきいきと生命が宿ったものにするための講座です。

<こんなことが出来るようになります>
役とは自分ではない誰かの人生を生きること。
役のお芝居セリフは、役の人生そのものでなければ観ている人の心を捉えることはできません。
借り物のセリフではなく、パーソナルな自分の言葉として、役の心を演じられるレベルの獲得を目指します。

<こんな風に教えます>
古今東西を問わず映画作品の中から抜粋した該当シーンを題材に、
撮影現場と同じく、テスト・本番テスト・本番を実践(疑似体験)します。
デジタルビデオカメラで演技を撮影、モニターで再生し、合評します。
映像でお芝居を観て、多くの気づきを発見し、次の演技へとフィードバックしていきます。
レクチャーとアクト(実際に演技すること)を組み合わせた二部構成です。
講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、
自由に楽しく学んで頂きます。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー60件

男性 40代

この講座は「人間性や表現力を伸ばしてくれるセミナー」でした

・自分が考えている事と表現、そして求められている演技がかけ離れている事がよく分かりました。
・自分で考えさせて気づかせるだけではなくて、ご指摘もあり何度かやり直しをさせて、求められている演技に近づくことができます。
・非日常的な空間であり、日ごろのストレスからも解消され、面白く有意義な時間が過ごせました。
・生徒の質も高く、心優しく初心者の方にもお勧めです。
・送られてくる動画も非常に楽しみにしております。

女性 20代

この講座は「役を生きる講座」でした

この体験後の先生からの熱いメッセージが好きです。そして、実際自分がお芝居した時の動画が送られてくるのですごく参考になります。

授業は、役の心を捉え、演技にどういう風に活かせば良いかを先生が教えると言うよりかは、問いただしてくれる感じです。「この人はこの時どんな気持ちでこの言葉を言ってると思う?」「この間(ま)に君は何を感じる?」など、生徒の中にある答えを引っ張りだそうとしてくれます。
すごくためになりました。ありがとうございました。

女性 20代

この講座は「役と真剣に向き合える講座」でした

演技をするにあたって基本的な役への理解について深く学べる講座です。
過去数回参加したことがありますが、毎回新しい発見があり成長に繋げていけると思います。
講座後に送っていただける映像と合評文からも先生が親身に向き合ってくださっているのが感じられます!

女性

この講座は「たくさんの気づきを得られる講座」でした

感情を演技として表現するには、どう考えればいいのかを学べました。

60 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真