お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

プラシーボ-初歩から映像、舞台の現役スタッフが初歩から教えます教室ページの見出し画像
プラシーボの団体ロゴ

プラシーボ

主催団体確認済み
(0)

教えた人数

0

講座の開催回数

0

  • Web

こんなことを教えています

初歩から映像、舞台の現役スタッフが初歩から教えます

初心者も初歩から教えます。
映像ディレクター、脚本家から見た演技に必要な要素を
個々のレベルに合わせ、1つ1つご指導いたします。
役者を目指す方だけでなく、一般生活や社会でも通用する部分も多くありますので、広い範囲の方に受講していただけると考えております。

続きを読む

講座

写真

篠木 沙智雄

映画「MARIONETTE」の監督でカメラマン 1969年兵庫県生まれ 東京工芸大学において映像を学び、TVドラマ、VPの制作に携わり、 1998年から独立し、記録映像、PV、CS放送番組のディレクターとして活動。 2002年有限会社プラシーボの前身である有限会社スタジオジールを設立。 2019年オフィスプラシーボと合併し有限会社プラシーボで引き続き、ディレクター、カメラマンとして活動している。

中島 康行

映画「MARIONETTE」の脚本家で演出・役者 役者・脚本・舞台演出もこなす。 言葉の裏側で動く人間模様を描くことに重点を置いて脚本を書くことを心掛けている。 2008年ダンス&アクターズ専門学校を卒業し、劇団プラシーボを立ち上げる。 2014年に企画演劇オフィスプラシーボに名前を変える。 2019年有限会社スタジオジールと合併し有限会社プラシーボになる。

2 件中 1 - 2 件表示