お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

ビジネス・コミュニケーション英会話 Globali (グロバリ)

主催団体確認済み
(29)
  • 105人
  • 55回
企業研修のご依頼はこちら
ビジネス・コミュニケーション英会話 Globali (グロバリ)-Globali ビジネスパーソン向け英会話体験教室教室ページの見出し画像

Globali ビジネスパーソン向け英会話体験教室

<Globaliのビジネスコースが英会話教室や他の英語学習教材などと違う理由とは?>

Globaliのビジネスコースは、あなたが本気で取り組めば、6ヶ月の学習期間で必ず成果をあげることができます。その理由は、Globaliでは従来の日本の英語教育とは違った方法で言語習得アプローチをしているからです。最新の言語学研究に基づき、言語習得を論理的に解説し、効率的な学習ができるカリキュラムを実践しているため、6ヶ月で確実に話せるようになることができます。Globaliでは様々な言語学研究のメソッドを活用していますが、その例をいくつかご紹介します。

■アメーバ式の学習

従来の日本の英語教育は、ひとつの文法を完全に理解してから次の文法を学ぶ、といった積み上げ式の学習方法です。それに対してアメーバ式の学習とは、英会話に必要な様々な要素を蜘蛛の巣のようにバランスよく少しずつ習得していく学習方法です。例えば、Be動詞を学んだ直後にそれをすぐに使いこなせるようになるわけではなく、仮定法や現在完了形など他の分野を学んでいるうちにBe動詞への理解がより深まる、といった解釈です。

「英語は積み上げ式の学習で使えるようになるのではなく、様々な状況で使っているうちに完全に使いこなせるようになる。」というのが、近年では海外で広く支持されている方法です。つまり、日本の英語教育のように文法や単語をひとつずつ完璧にしてから話す、というのでは話せるようにはなりません。Globaliではアメーバ式の学習を実践し、受講開始からすぐに実践の会話を行ってもらいます。実際に様々な場面で使いながら理解を深めていくことにより、自然と話せるようになります。

If you want to swim, you first need to get wet!
泳ぎたければ、まず濡れる必要がある。(濡れないで泳げる様にはならない。= 話さないで、話せる様にはならない。)

■英語を話す時の3つのaspects

言語習得には、下記の3つの要素を会得することが重要です。

①Fluency(流暢さ)

間違っていても良いので、瞬時に考え、言うことができる。(間が少ない)
e.g. ‘Yesterday [ ] my train [ ] was [ ] delayed [ ] for an [ ] hour.’ vs. ‘Yesterday my train was delayed [ ] for one hours.’
*[ ] は、間を表しています。

②Accuracy(正確さ)

正しい文法や単語の選択をおこなうことができる。
e.g. ✖‘Tomorrow me soccer play do go’ vs. ◯‘Tomorrow, I’ll playing soccer’

③Complexity(複雑さ)

シンプルでなく、複雑な文章を作ることができる。
e.g. ‘I like chocolate’ vs. ‘If I had to choose a favorite food, then I guess it would have to be chocolate, to be honest, I eat it almost every day.’

この順番がとても大切になります。頭の中で考える余裕が生まれFluencyが上がってきたら、質を改善しAccuracyを上げ、次に文章内容のComplexityの底上げが可能となります。

人の脳は二つ以上のことを同時に行うことができません。同時に考えていると思っていても、それは片方が既に習慣的に無意識的に考えることができるようになっているためであるか、もしくは、瞬時に二つの情報を行ったり来たりすることができているか(同時ではない)のどちらかです。

例えば、免許をお持ちの方は、運転し始めのころがイメージしやすいかもしれません。ハンドル操作の方法、ウインカーのつけ方、運転しながらのサイドミラーの確認、歩行者の確認、アクセル・ブレーキ操作など、様々なことを一つひとつ、確認しながらおこないますよね。でも、慣れてくるとそれらにことを無意識に同時に行うことができるようになります。ちなみに、日本の英語教育はaccuracyとcomplexityをメインに学ぶため、いつになってもfluencyが身につきません。Fluencyの練習をしたとしても、先にaccuracyとcomplexityを学びすぎているため、間違えることを恐れて、常にその2つのことで頭がいっぱいになる癖ができてしまっています。ただし、実際には、瞬発的に話す余裕(fluency)が出来てから、accuracyとcomplexityを考える余裕が生まれるのです。

■言語習得の4つのステップ(Levelt's Model)

言語習得には4つのステップがあり、そのステップを繰り返し行うことで確実に話せるようになることができます。

①Conceptualization

何を言うか(What to say)を準備する。
e.g. 映画の感想を聞きたい。

②Formation

どのように言うか(How to say)を知るために文法や単語、発音などを学ぶ。
e.g. How was the movie? と言えば良いとわかる。

③Articulation

①で準備した「言いたいこと」を②で「どのように言うか」を学び、それを実際に言ってみる。
e.g. How was the movie? と言ってみる。

④Monitoring

自分の言ったことが正しかったか、相手が理解しているか、などを観察、考察してみる。
e.g. 口に出してみた文法や発音は正しかったか?相手のリアクションはどうか?

①〜④を繰り返し行うことが大切です。④で自分の英語が正しくないと発見した場合は、何が間違っていたのか、何を改善すれば相手に伝わるのか、を修正していくことで正しい、伝わる英語が話せるようになります。Globaliのビジネスコースでは、普段の学習で①〜②を準備し、週に一度のネイティブ講師とのオンラインセッションや、他の学生とのインタラクティブタスクで③〜④を実際に試す機会が豊富にあるため、着実に英語スキルを上げていくことができます。

続きを読む
  • 講座一覧

  • 先生一覧

  • レビュー29件

Ayumi Kawasaki

"英語は不得意"というレッテルを取り外したい 英会話講師の川崎あゆみです。 自身が運営する【グロバリ英会話スクール】で 英会話講師として、活動しています。 また、大学院(TESOL)に在学中で、 世界中の教員の方々と 第二言語学について日々研究に取り組んでいます。 高校卒業後、米国大学に留学したものの、 英語が全く通じずに ひきこもっている時期がありました。 中高の6年間で、一番得意な科目は英語。 渡米し、ようやく気付きました。 実は話せない(笑)。 それから、英話コミュニケーションを 研究し続けること10年。 自分が経験したような遠回りを、 できる限り回避してもらい、 早くに可能性を広げていただけるよう 実践的な、英語コミュニケーションを、 みなさまにお伝えしています。 ■ 経歴 ・Emporia State University:最短2年半次席にて卒業 主な活動: ・(株)栄陽子留学研究所 ・(株)国際開発センター(留学コンサルタント) ・学校法人 東京国際大学 (英語講師) ・(株)FPTJapan(コミュニケーション会話講師) ・他、著名人通訳など多数

1 件中 1 件表示

男性 20代

この講座は「先生のスキルが素晴らしすぎる!!!」でした

本当に素晴らしい講座でした。わたしが伸び悩んでいる原因と、その解決方法を、あゆみ先生に具体的に提示していただきました。

日々の英語学習はもちろんですが、タイムマネージメントや、モチベーションの維持についてまで、じっくりとご教授いただき感謝しております!

女性 50代

この講座は「個別対応で、英語のスキルを丁寧に分析し、最適な学習方法の提案がありました」でした

先生がとても親切、かつ、適切なアドバイスでした。
英語学習方法のプロフェッショナルと感じました。大学院での言語の専門家でもあられ、ご自身の英語学習の過程の体験からも、よく出来上がったプログラムだと実感しました。
引き続き、こちらの学習プログラムを継続していきたいと思いました。

男性 50代

この講座は「改善点を具体的に教えていただきました。」でした

英語で会話していく中で弱点をみつけていただき、また会話の中で普段の英語学習方法をヒアリングしていただくことで、弱点を改善する学習方法を的確に示してもらいました。その後の学習の進め方も教えていただき、とても有意義な時間でした。

先生からのコメント

Thank you so much for your comment! It was so great to talk with you :)

男性

この講座は「英語を学びたい、自分のモノにしたいという方に最適なカウンセリング」でした

終始リラックスして受講できました。英会話に不慣れな私でも緊張することなく楽しめる90分でした。
ポイントは英語、英会話を自分のモノにしたい「目的」の明確化と語学習得に必要な考えの共通の理解者の獲得です。共通理解していただける「誰か」が誰なのか、どんな人であるべきなのかを自分は理解できたと思います。
おすすめの90分です。個人的には、他人にはお勧めせず隠しておきたいと思うくらいです(笑)。

29 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真