「英語で伝える」ための日本語発想技術トレーニング

日本語での発想技術を鍛えれば、「伝わる英語」が身につけられる!

  • 開催回数

    1
  • 受けた人

    1
  • 受けたい人

    12
  • 感想読む

    1

こんなことを教えます

英語と日本語は、文化的・言語的に大きな違いがあります。その違いを意識せずに、日本語を話すときの発想のまま英語を話そうとしても、なかなかうまくいきません。

英語を上手に話すには、まずは日本語の発想技術を鍛えること。そうすれば、限られた文法・単語力でも、「伝わる英語」を身につけることができます。

この講座を受講して、「英語で伝える」ための日本語発想技術を鍛えましょう!


<英語と日本語の違いを意識する>
普段日本語を自然に話している私たちが、文化的・言語的に大きく違う英語を話すには、日本語と英語の違いを知ることが大切です。違いはたくさんありますが、特に以下3点をおさえましょう。

1. 省略
日本語は省略がたくさん、英語は日本語に比べて省略が少ない。

2. 語順
日本語の語順はバラバラでもOK、英語は語順に厳しい。

3. 論法
日本語は説明が先で結論が後、英語は結論が先で説明が後。


<英語に翻訳できる日本語>
普通、英語を話すときは、「まず日本語で発想し、それを頭の中で英語に翻訳して、口にだして話す」というプロセスを経ます。このとき、実は、英語が得意な人がやっている方法をご存知ですか?それは、「英語に翻訳しやすい日本語」で発想するということ。

つまり、英語が不得意な人は「日本語->英語」と発想するのに対して、英語が得意な人は「日本語->英語に翻訳しやすい日本語->英語」と発想しているのです。

この「英語に翻訳しやすい日本語」を身につけることが、英語を上手に話す秘訣です。


<上手に説明する・意見を伝える>
日本人は、物事を簡潔に説明したり、意見を伝えることが苦手です。それは、日本語が曖昧な言語だからです。もちろん、曖昧さは日本語の良い点であって、決して日本語が言語として劣っているいうわけではありません。

しかし、英語を話すときは、その曖昧さが仇となります。英語は、日本語に比べると、具体的に意見をズバッと伝える言語だからです。「曖昧な日本語」で発想をしていると、「具体的な英語」に翻訳ができなかったり、翻訳ができても曖昧な意見となってしまい、外国人と上手にコミュニケーションをすることができません。

「曖昧な日本語」ではなく「具体的な日本語」で発想する力をつけることが、英語を上手に話す秘訣です。


※このイベントは、弊社の初心者向け講座から、本講座向けに必要な事を抜粋したものです。(http://www.kilc.co.jp/english/event_yarinaoshi_from_april.php

画像版権: redrockerz / 123RF 写真素材(http://jp.123rf.com/profile_redrockerz

この講座の先生

大城 慶太

英語を使ってあなたの人生を切り開くお手伝いをします

1985年生まれ。国際基督教大学(ICU)卒業。ヤマハ株式会社入社後、国内音楽教室業務や海外事業部インド市場等を担当し、退社。現在は、九段日本文化研究所・日本語学院で九段英語学院のディレクター兼講師として活動する傍ら、iPhoneアプリ開発も行う。TOEIC915点。趣味はドラム演奏。

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数2

教えた人数2

こんな方を対象としています

英語が苦手な方、英語初心者の方、英語を仕事で使いたいけどイマイチ上手に使えない方、自分の意見を上手に伝えたい方、上手に説明ができるようになりたい方。

受講料の説明

講座は90分間です。

受講する際は以下をお読み下さい

筆記用具を持参ください。

感想 1

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 1 )

行く価値あり!

( 0 )

女性

この講座は「異文化を知る!」でした

私が外国人と話をする時に感じていた疑問が解決しました。
英語を知ることで日本語を知ることもでき、とても面白い講座でした。
普段から1人でできる練習も教えていただいたので、習慣にしたいと思います。
参加した生徒さんの疑問に合わせて講座をしてくださいました。
説明もとても分かりやすかったです。

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:秋葉原・御茶ノ水

    受講料:¥ 3,240

この講座の関連ツイート

大城 慶太 さんの他の講座

Page Top