お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

経営計画書をイチから学ぶオンライン講座

オンライン

経営計画書を完成させるための作業ステップやポイントをわかりやすく解説|SWOT分析、損益分岐点を理解して、堅牢なビジネスモデルを構築する

こんなことを学びます

経営計画書を本格的に作りたい経営者や経営企画担当者の方はもちろん、
経営計画書をより有意義な内容にしたい方、経営計画書を初めて学ぶ方は必見!

経営計画書の策定する進める際のポイントを集約して、
120分オンライン版で分かりやすく解説します。

----------
【12月の開催予定】
・12月16日(水) 19:00 - 21:00
----------

https://www.slideshare.net/bizhousejp/managementplanbizseminar

本セミナーは、

・経営計画書をより具体的、且つ実現可能な内容にまとめたい…
・自社の将来、戦略の方向性を明確にしたい…
・定性分析、定量分析の知見を、企業経営に生かしたい…

このような考えをお持ちの方を対象に、作業ステップとポイント分かり易く解説します。

本セミナーを、企業経営、組織運営、現場実務、
そして人材育成に繋げるきっかけとして、ぜひご活用ください。

<本セミナーのインプット>

・定性情報の分析(SWOT分析)と、定量情報の分析(損益分岐点)
・言葉と数字の読み方、使い方
・堅牢なビジネスモデルを構築するためのポイント
・6W3Hによる施策の整理

<こんなことが出来るようになります>

・経営計画書を完成させるための作業ステップ、押さえておくべきポイントを理解できる
・自社の特徴を把握し、将来の不確実性に対処することができる
・成長、拡大を目指すべく、未来を切り拓く道筋を明らかにすることができる
続きを読む

12月16日(水)

19:00 - 21:00

オンライン

予約締切日時

12月14日(月) 19:00

参加人数

1/5人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥6,600

zoomを使用してのオンライン講座です。 テキスト資料は、セミナー開催の前日にメッセージにて送信します。
  • 12月16日(水)

    19:00 - 21:00

    オンライン

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
19人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

12月16日(水) 19:00 - 21:00

¥6,600
参加人数 1/5人

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

オンライン受講料に含まれるもの

受講料には、下記が含まれます。
・テキスト(データ形式PDF)
・参考資料(データ形式PDF)
※事前にダウンロード用URLを送信しますので、ダウンロード、及び印刷をお願いします

本セミナーは、Zoomを使ったオンラインセミナーです。
受講に伴う通信費の負担、端末機器の準備、テキストの印刷などは、
ご自身にてお願いします。

この講座の先生

迫 大輔のプロフィール写真
企業研修講師からビジネスナレッジを分かりやすく学ぶ

迫 大輔

<アプローチ・教え方>

・難しい言葉を使わず、分かり易く、丁寧に
・より多くの気付き、きっかけを与えられるように
・時事ニュースも織り交ぜて、議論し、考えて、腹落ちするように

<ストアカ講師を始めた理由>

・知らないことを知る面白さを共有したい
・個人でも多様なテーマの研修を受けられる場を作りたい
・皆さんの学びたい意欲に応えたい

<経歴>

早稲田大学大学院ファイナンス研究科 修士課程修了
Master of Business Administration

大手リース会社、大手金融機関系シンクタンク等にて
融資、M&A、経営コンサルティング、研修講師とキャリアを積み、
現在はビズハウス株式会社 代表取締役、株式会社ミライズム 取締役 として活動中。

この講座の主催団体

企業研修講師からビジネスナレッジを学ぶ講座

〇〇に取り組みたい、〇〇を実現したいから、知りたい!学びたい!
未来志向の方を全力で応援するセミナーを開催します。

<ビジネスパーソンの方へ>

・新入社員研修以来、研修を受けたことがなくて…
・自分の興味があるテーマの研修が実施されていなくて…
・そもそも、自己啓発の機会、社内研修というものがなくて…

会社で実施される研修には限りがあり、
必ずしも自分の興味に沿ったテーマであるとは限りません。

自己研鑽に励みたい、新しい知見・視点を習得したい、スキルアップを通じてビジネスチャンスを掴みたい、と考えている方々に、知見を深める内容のセミナーを提供します。

<独立・フリーランス・副業に取り組む方へ>

・受講するにも値段が高く、平日昼間は時間の都合がつかない…
・自分の興味あるテーマをピンポイントで受講したい…
・より有意義に活動していくためのインプットをしたい…

知らない分野を学びたい、経営に資するスキルをインプットしたい、リーダーシップ・マネジメントの定義と活用法を習得したい、と考えている方々に、実務に通じる内容のセミナーを提供し...
もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ■5分 オリエンテーション
     ・講師紹介
     ・本セミナーの目的、身に付けられる知見の確認

    ■25分 経営計画書の意義
     ・企業経営の難しさを理解する
     ・経営計画書は未来への道標!現状分析、将来設計、行動計画策定の順番で

    ■40分 現状を分析する
     ・外部環境と内部環境を、言葉と数字でヌケモレ無く把握する
     ・SWOT分析による定性分析
     ・損益分岐点による定量分析

    ■20分 将来を設計する
     ・理念、ビジョン、スローガンを言葉で表現する
     ・目指す目標は必ず数値で設定する
     ・堅牢なビジネスモデルを構築する

    ■25分 行動計画を策定する
     ・攻めか守りか、6W3Hで施策を整理する
     ・取り組み効果を検証する、取り組み可否を判断する、優先順位を設定する
     ・一つひとつの行動を、スケジュールに落とし込む

    ■5分 終わりに
     ・セミナーの復習をざっと!
     ・今日のインプットを次に繋げる

    ※セミナーの進捗状況によって、タイムテーブルに多少のズレが生じます
    • こんな方を対象としています

      ・定量的な要素を経営計画に取り込みたい経営者、経営企画担当者の方
      ・経営計画を策定している方、及び経営計画の策定を現在進めている方
      ・仕事のレベルを一段上げたいと思っている方
      ・とにかく参加して勉強してみようという方 など

      専門書を読む、資格の勉強をする、原理原則の積み上げだけでは物足りない方へ、
      時事ニュースと関連させて、質・量を伴った学びの機会をご提供します。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ・お手元に電卓をご用意ください
      ・本セミナーは、Zoomに接続できる方が対象となります
      ・カメラ、マイクをオンにできる環境でご参加ください
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー3

    • 楽しかった!( 1 )
    • 勉強になった!( 2 )
    • 行く価値あり!( 2 )
  • M3

    男性 30代

    この講座は「経営計画書にまつわる経営全般のことを学べる有意義な講座」でした

    中間管理職として、普段からもっている素朴な疑問や課題に具に答えてくださり、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
    同様の続編講座やシリーズで講座があれば、ぜひ参加させていただきたいです。ありがとうございました。

  • M2

    男性 60代

    この講座は「実践的なセミナ-」でした

    今、自社の経営計画書を書いていて、ひとつの弾みにしたく受講しました。
    内容は経営計画書の初歩的なセミナ-で、計画書の書き方には、コンサルの方の数だけ、テクニックがあるとつくずく思いました。
    このセミナ-にも、私にとり、新しい気付きがあったので、満足してます。

  • W1

    女性 30代

    この講座は「具体的で明日から役に立つ、全てのビジネスマンが受けるべき講座」でした

    SWOT分析を中心に教えていただきました。分析の方法や、それがもたらす影響など、とてもわかりやすく教えてくださいました。途中、何度も質問させていただきましたが、一つ一つ丁寧に、そして的確な回答をくださりました。これまで色々な方の講座にでてきましたが、明日から使える、役立つと思えるベスト講座でした。日程調整にも快く応じてくださり、ありがとうございました。他講座に参加することも楽しみにしています。またよろしくお願いします。

  • この主催団体の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?