2回コース 2日間で学ぶ即効性!膝痛整体!!古武術とボディバランスで攻める!

変形性膝関節症の患者様にもおすすめ!膝の関節可動域を変化させると同時に、筋肉が引き起こす膝痛も、その場で改善。3回~5回の整体で安定します。

learn

こんなことを学びます

 <活法って何?>
活法整体は、古武術の裏ワザが、現代まで人知れず伝承されてきた技術の総称です。
表の技は相手を倒すことを目的とする殺法ですが、
柔術には「活殺自在」という言葉もあるように、実は、味方を回復させたり蘇生させるための技術「活法」も、一子相伝という形で、人知れず伝えられてきたのです。

<こんなことを学びます>
この「活法膝痛ベーシック」では、活法が得意とする、短時間で、力を必要としない、効率的な手技療法を、碓井先生が導入した、体を支えるための最新のボディーバランス理論の枠組みに当てはめることで、10手の主義をひとつにセット化した、「ひざ痛調整の決定版」を、惜しげもなく丸ごと伝授いたします。

これまで、あなたが、毎回あきらめ半分で、惰性のようにして同じことの繰り返しをしてきた膝痛患者さんに対して、まったく別次元の効果を出すことができるようになります。

やる側もやられる側も、短時間、少ない負担で、かえって高い効果を感じることができる。
そんな双方にとってWIN-WINの嬉しい技術を手に入れることができるのです。

<こんなことが出来るようになります>
セミナーの時間のほとんどが、練習時間で占められています。
活法は、実戦主義。だから、大事なことは反復練習であって、理論が後から付け足せばいいものです。特に、初心者向けのベーシックセミナーでは、理論的な細かいことよりも前に、まず、型を身に付けていただき、できるだけ、頭で考えなくても体が勝手に動くくらいの状態になるまで繰り返します。

その結果、まだ社会人一年目の、国家資格取り立てで治療経験なしの新人の先生でも、翌日から教わった通りに実践し、驚くほどの効果を上げることができるのです。
面白いように効果が出るので、かえって、術者の方が、その効果に驚いてしまうほどです。


<こんな風に教えます>
少人数制で、2人1組でペアを組み、互いに施術を行いあっていただきます。
受けることもまた、大いに勉強になります。

必ず、練習を行っている間、こちらが細かいところまで目を光らせて、その人の段階に応じたアドバイスをしていきます。一回一回が真剣勝負。
まる2日間のセミナーの間、集中力がもたなくなるくらいの回数、繰り返しますので、

これまで受講生の中から、練習時間が足りない、もっと練習させてくれという声が上がったことは一度もありません。

<持ち物>
動きやすい服装(生地はデニムなどの硬い生地ではなく、ジャージやTシャツなどの柔らく、触診の妨げにならないも)
筆記用具
必要に応じて、飲食物(練習時間内も自由に飲食可能)

<定員>
5名前後
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

新宿・代々木

価格

¥150,000(¥75,000 × 2 回)

受けたい
3人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

古武術の叡智【碓井流活法】実践整体師

ぎっくり腰を起こした当日でも、
安全に、かつ高い効果の施術を行うことができたら、
柔整師にとって
こんな心強いことはないと思いませんか?

わたしは、友人からの紹介で、
この貴重な技術を伝える
碓井先生に出会うことができました。

自分が腰痛もちなので、

なぜ骨をボキボキやったり、
もみほぐしをうけたりするのでは、
腰痛がよくならないのか

その理由を知りたくてたまらなかったのです。

活法の学習を通じて、
その理由を身をもって理解できました。

いまでは
活法専門の整体院を経営しておりますが、

この技術は、その場で、しかもはっきりと
効果が体感できるので、
患者様の反応がとにかく面白い!

この仕事をやることに日々喜びを感じています。

実は、
腰痛の対処法にしぼって勉強するのであれば、

何年も整体塾に通い詰める必要はなく、

たったの2日間でも
かなり幅広い腰痛のケースに、
自信をもって対応することができるようになるのです。

当セミナーでは、現代のニーズに対応し、
たったの2日間で、
驚く... + 続きを読む

detail

講座詳細

カリキュラム

  • 第1回 ひざに体重がかかる際に負荷をうける筋肉をゆるめる調整

    10:00 ご挨拶。参加者どうしの自己紹介。講師紹介。
    10:30 ひざに体重がかかる際に、どのような筋肉が負荷を受けてしまうのか。座学でレクチャー。
    11:00 具体的に、それらの筋肉を緩めるための方法を3手学び、繰り返し練習。
    12:00 昼休憩(昼食)
    13:00 午前中に練習した3手を、もう一度復習。
    13:30 続けて、足のアーチ構造の調整を徹底的に練習(難易度、高し)

    14:30 6割の膝痛は、この方法で軽減できる!腓骨の骨頭の瞬間調整術をマスター!

    腓骨の調整、ひたすら練習・・・

    15:30 ここまでの技術を、一通り、流れるように施術できるようになるまで、とおして練習。(何度も繰り返す)

    16:30 質疑応答。今日の総括と来週に向けて、自宅で復習しておいてほしいことの確認。

    17:00 セミナー終了。懇親会へGO!ひたすら、交流を深める。

  • 第2回 ひざのどの位置に痛みが出ているかによって、それに適した技術を使い分ける調整

    10:00 一週間の間に、復習してきて、困ったこと、悩み、質問などがあれば、すべて出してもらう。
    10:20 質問・悩みをもとに、まずは前回の復習を一通り行う。
    11:00 ここから、前回学んでいない内容に突入。まずは座学で、レクチャー。ひざのどの位置が痛いかによって、どのような技術を選んで使えばいいのか、を講義します。
    11:30 早速、その中のひとつ、内転筋の調整を練習。
    12:00 昼休憩(昼食)
    13:00 内転筋の調整の練習を続行(難易度、高し)
    14:00 膝眼周辺の痛みに有効な、「オスグット系の調整」の練習
    14:30 突発的な関節の動きで、膝に痛みが出てしまったという「ぎっくりひざ」のための骨格調整の練習
    15:00 ひざの裏側の痛みに有効な、「半月板の透し」の練習
    15:30 仕上げに、膝の関節の動きの中心を整える「中心づくり」の練習
    16:00 1日目と2日目の全技術を、流れを切らずに通して行えるように、反復練習。
    17:00 セミナー終了。いざ、懇親会へ!

  • こんな方を対象としています

    柔道整復師や柔道整復師専門学校生をはじめとする、手技療法に携わるすべての人々。
    その他、鍼灸師などの国家資格保有者・専門学校生をはじめとして
    国家資格の有無はといませんので、整体師、リラクゼーションサロンのセラピストも含めて大歓迎です。
  • 受講料の説明

    食事代は含まれておりません。昼食などはお昼休みに、みんなで買いにいきますし、ご持参いただいても結構です。
    交通費も含まれておりません。

    教材費(テキストや復習用DVD)はすべて含まれているのでご安心ください。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    駅から会場までは徒歩20秒と近いですが、迷いやすいので、わかりにくければ悩まずにその場で、会場の代表番号03-6265-7410までお電話ください。

more

この先生の他の講座

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も見ています