お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

【Excelでできる】統計モデルで効果検証(オンライン開催)

書籍「Excelでできるデータドリブン・マーケティング」で紹介した時系列データ解析による効果検証法を著者がお教えします。

こんなことを学びます

【こんなことを学びます】
TVCMやWEB広告やSNS広告や紙媒体、屋外広告やチラシなどのマーケティング施策によって実店舗やECなどの売上はどれだけ増やしているか?効果を定量化して把握することができるマーケティング・ミックス・モデリングを学びます。
https://youtu.be/NebCEO3RvKE


【こんな風に教えます】
Zoomウェビナー機能を使って講義を行います。Excelで行う演習はビジネスでExcelを使っている方であれば実行できるような内容です。講義中はZoomのチャットやQ&Aで講師に質問することもできます。拙書「Excelでできるデータドリブン・マーケティング」で紹介したオリジナルExcel分析ツールを使って行う分析の要点を共有します。

(Amazon書籍紹介ページ)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07KGPBCPL

◆書籍は50万部を超える大ヒットシリーズとなった「統計学が最強の学問である」西内啓氏の推薦を頂きました。



【こんなことが出来るようになります】
重要なKGIまたはKPI(たとえば実店舗の売上金額や来店数、ECのコンバージョン数など)を目的変数としてTVCMやWEB広告といったマーケティング施策や季節性などの変数を説明変数としてより良い分析モデルを探索できるようになります。それぞれの施策が目的変数(KGIやKPIとなる値)をどれだけ増やすか?定量的に把握することができるようになります。

◆分析できるのはTVCMなどの大規模な投資がされた事例に限定されるわけではありません。たとえば1店舗の飲食店でも、来店数を目的変数としてチラシやポスティングの配布枚数を説明変数とした時系列データ解析で、それぞれの施策で来店数がいくら増えたか定量化できます。


【必要環境】
Zoomのアプリケーションが動き、Excelをインストールしたパソコンが必要です。推奨環境の詳細は「参加の際の留意事項」をご確認下さい。ストアカでの当講座を購入頂いた方には登録用のZoomのURLを送付しますので、講義開始(できれば開催前日)までに当該Zoomウェビナーの登録を済ませてください。




【セット割引】
「【Excelでできる】確率モデルで需要予測」を受けた方には本講義の割引チケット(期限付き)をご案内しています。
また、本講義受講終了後に、「【Excelでできる】確率モデルで需要予測」の割引チケットを配布します。


「【Excelでできる】統計モデルで効果検証」では、マーケティングの「HOW」(TVCMなどのコミュニケーション施策など)の効果からどこに注力するか?を定める「戦略」を。本講義(【Excelでできる】統計モデルで効果検証)では、マーケティングの「WHO」「WHAT」を仮説する「戦略」を。それぞれ導くためのマーケターのためのデータサイエンス手法を共有します。ぜひセットで受講ください。

【アピールポイント】
ストアカ「マーケティング・広報・PR」カテゴリーでは本講義と、本講義と対になる「確率モデルで需要予測」が人気1位と2位の常連となっています。マーケティング戦略を描くための仮説検証力を養いましょう!
https://www.street-academy.com/tokyo/marketing?trigger=search-category_top
※最終確認2020年5月8日




続きを読む
オンライン開催あり

6月27日(土)

09:00 - 12:30

オンライン開催 / ビデオ会議

予約締切日時

6月25日(木) 18:30

参加人数

3/40人

開催場所

ビデオ会議によるオンライン開催です

価格(税込)

¥6,800

  • 6月27日(土)

    09:00 - 12:30

    オンライン開催 / ビデオ会議

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
110人が受けたい登録しています

開催日程 オンライン開催あり

6月27日(土) 09:00 - 12:30

¥6,800
参加人数 3/40人

オンライン開催 / ビデオ会議

この講座の先生

秤となる知識を共有するマーケティングストラテジスト

小川貴史
(株)秤 代表取締役社長 / ネットイヤーグループ(株)マーケティングストラテジスト/(株)カーツメディアワークス フェロー:電通グループをはじめとした広告会社ではマーケティングプランナーとして、各種シンジケートデータを分析したコミュニケーションプランニングを行う。ここ数年は多変量解析などを駆使したマーケティングリサーチによる戦略立案やデジタルマーケティングコンサルティングの支援を行う。著書「Excelでできるデータドリブン・マーケティング」(「統計学が最強の学問である」シリーズ著者 西内啓氏推薦)宣伝会議「マーケティング分析講座」講師他、講演や研修実績多数。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ・マーケティング・ミックス・モデリングとは?
    ・ウォームアップ演習 基本統計量/相関係数
    ・MMM分析ツールで回帰分析
    ・残存効果と非線形な影響を加味
    ・季節性を考慮するダミー変数を追加して分析
    ・偏相関係数をもとにした変数選択法
    ・タイムラグをとって分析
    ・HADを使った重回帰分析(自動変数選択)
    ・効果グラフ作成
    ・交絡因子とは?など復習方法について
    ※3.5時間のうち、20~30分休憩を入れる予定です。(40~60分ごとに休憩)1回5分または10分
    • こんな方を対象としています

      ・TVCMやWEB広告などのマーケティング施策によって売上など重要なKGIまたはKPIがいくつ増えたのか?定量化して把握し効果を上げる方法を知りたい

      ・データに基づいて確からしくマーケティングの意思決定を行えるようにしたい

      ・マーケティング業務に必用な統計知識などのリテラシーを養いたい
    • 受講料の説明

      約120ページ強のPDFのテキスト(復習用の内容となる拙書の引用箇所含む)とExcelの演習ファイル件マーケティング・ミックス・モデリング分析ツールのExcelBookのデータ。Zoomで3.5時間(休憩含む)の講義への参加権。

      【復習用動画の閲覧】
      Zoomのクラウド機能を用いて、開催日の1週間後の正午まで閲覧可能なZoomの動画閲覧権(ただし、ストアカのユーザー名とメールアドレスの登録が必要です)

      ※メールアドレスに直接販促などのご連絡をすることはございません。復習用動画の部外者閲覧を防止するためのものです。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      Excelで分析の演習を行うのでパソコンでの参加を推奨します。複数デバイスで参加も出来るのでスマホ(講義用)とパソコン(Excel演習用)両方で参加するのが更にオススメです。

      【推奨PC環境について】
      講義時のExcelの操作画面は筆者のWindows環境で行いますのでWindows推奨です。演習では関西学院大学社会学部 社会心理学研究室 清水裕士氏が製作された「HAD」というExcelで動く統計ソフトも使います。HADの動作基準からWindowsの方はExcel2010以降を推奨します。MACユーザーの方は、講師の操作方法(Windows版)の内容を咀嚼して実行ください。最新のExcel for Mac 2016以降で参加ください。それ以前のバージョンで動いた実績もありますが、比較的重い計算を行うため、低スペックだと演習の分析が終わらない可能性があります(分析結果ファイルを細切れにご提供するのでその内容を確認下さい)
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 27
    • 楽しかった!( 5 )
    • 勉強になった!( 19 )
    • 行く価値あり!( 10 )
  • M1

    その他

    この講座は「実務に使えるマーケティングの効果検証がよく分かる講座」でした

    講師の作成したエクセルを使って、実務で使える効果検証がよく分かる内容でした。統計の専門的な内容は若干理解出来なかったところがありましたが、しっかりと復習したいと思います。

  • M3

    男性 30代

    この講座は「統計モデルで効果検証」でした

    ありがとうございました。効果検証の具体事例で非常に勉強になりました。実践でどう使うか?重みの付け方、業界特性など考慮し前提を置いた上でトライしたいです。今までの自分の効果検証方法が単純すぎて比較になりませんでした。使いこなしに時間がかかると思いますが頑張ります

    先生からのコメント

    コメント頂きありがとうございました。本来大変高度かつ高価な分析サービスだったものを汎用化するために、詳しく書いた書籍から、要点を抜粋する方式を取りました(多くを復習用教材として盛り込む)が、かなりボリュームが多い内容で恐縮です。より、分かりやすくお伝えできるよう今後も磨きをかけて参ります。貴重なご意見ありがとうございました。

  • M1

    男性 50代

    この講座は「エクセルでの解析作業を基礎から学べる講座」でした

    内容的には、かなり高度でしたの、着いて行くのは大変でしたが、丁寧なテキストもいただけるので、復習してみます。
    日頃の業務に活用できそうな、統計解析作業を基礎から教えていただけましたので、大変勉強になりました。
    また、先生が実務をやってこられた方というのが、非常に信頼性がありました。

    先生からのコメント

    コメント頂きありがとうございます。統計専門家の立場ではなく、実務家として必要に駆られて学び実行し、書籍を出版し、より分かりやすく共有するための講義をご用意しました。実務家としての経験知見を今後も積みあげて、よりよい講義にできるよう邁進いたします。貴重なご意見ありがとうございました。

  • M3

    男性 40代

    この講座は「非常に濃密な内容の口座でした!」でした

    ECの効果検証をしたくて以前から統計学を学びたいと思っていました。
    統計学は難しいので難儀しておりましたが、ビジネスに特化した形で、回帰分析の分析手法を実務レベルで学ぶことが出来ました。
    何を説明変数とするか?という根本的な問題はありますが、分析手法の実務方法を知ることが出来たので、ようやく問題点の分析にむけてスタートラインに立てたように思います。
    一度の講座では情報が多くて理解が追いついていませんでしたので、テキストを繰り返し拝読し理解を深めていきたいと思います。
    ありがとうございました。

    先生からのコメント

    コメント頂きありがとうございます。クロスチャネルの効果把握にぜひ活用頂ければ幸いです。説明変数の選択についてはあてはめてみてという部分もありますが、マーケター(私)としての実務経験からのお話を仮説として共有することができるよう今後も意識して参ります。貴重なご意見ありがとうございました。

  • M1

    男性 40代

    この講座は「実務的なコツが分かる」でした

    説明も分かりやすく、テキスト 教材も充実している。少しエクセルの作業のところが、早く進んだ所があったが質疑も丁寧に応えて頂き、良かったです。

    先生からのコメント

    コメント頂きありがとうございました。エクセルについて、皆さんのペースを考えた進行を留意して参ります。内容が盛りだくさんなので、より詳しくは(テキスト復習用要素)と、演習のメリハリを分かりやすくすることを今後も意識して参ります。貴重なご意見ありがとうございました。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?