お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

【ライブオンライン】戦略的プレゼン資料作成〜ストーリーライン実践編

対面 オンライン

ストーリーラインの型を学び、実践する

こんなことを学びます

【全国からの受講可能なライブオンラインで開催】

全国から受講可能です。リアル版との内容の差はなく、オンラインの特性を生かしたインタラクティブな内容です。オンライン版は以下の変更をしております


①チャットでの発言、アンケートシステム、ブレイクアウトセッション、挙手ボタンを活用することで一方的ではなく、集中力が途切れないインタラクティブなセッションです(zoomの操作は冒頭に説明するので初心者もご安心ください)

②受講生には映像を共有いたしますので、より深く学ぶことが可能です

※オンライン版の品質にご満足いただけない場合は、講座終了後、理由を確認し、料金を半額キャッシュバックいたします。

----------------

※過去に開催した本講座はこちらをご覧ください。
https://www.street-academy.com/myclass/42144

<「戦略的プレゼン資料作成講座」〜ストーリーライン実践編〜とは>

実際に仕事で資料作成をしてみようとすると、資料の構成(ストーリーライン)を決めることに苦労する、という経験はありませんか。

ストーリーライン作りは、コンサルタントでも3年目以降にならないと任せてもらえない、とても高度なスキルです。全体で伝えたいことを理解しつつ、個別のスライドに落とすことはかなりの訓練を要します。

この「訓練」のプロセスをできる限りショートカットして、誰もが納得するようなストーリーラインを作るためには、①基本をしっかりと学びつつ、②「型」を覚えることが重要です。

本講座ではストーリーラインの基本をおさえつつ、「目標設定型」と二つの「原状回復型」のパターンを学び、実践できるようになることを目指します。

【本講座の特徴】
本講座ではパワーポイントを使わず、以下の3つを目標に、スライド作りの手前までの流れを丁寧に解説します。

①ストーリーラインづくりのための型を理解することで、自分自身でストーリーを作成できる
②作成したストーリーラインをもとに、スライドのスケルトンを作成できる
③実際に手を動かしてストーリーラインを作成することで型を習得する

ストーリーラインは相手にどのようなアクションを期待し、どのようにコミュニケーションするかという「コミュニケーションの本質」に関わります。

ストーリーラインを作成を学ぶことは、資料作成以外にも、仕事の進め方、会議の進め方、意見の伝え方など非常に広範な仕事のスキルの向上に役立ちます。

本講座では、ストーリーラインの作成方法を体系的に学び、最後のグループワークで1つのストーリーラインを協同で完成させることで、ストーリーラインの作成スキルを磨きます。

講師は、法人向けビジネスコンサルティングも行っており、リアルなビジネスの現場の状況を把握し、日々のコンサルティングから得られた知見を常に講座に反映しています。現役コンサルタントだから提供できる「現場で実践されるスキル」を皆さまに提供します 。

講師に関する記事や登壇レポート(他、多数あります)
・日経BizGateの記事 https://bizgate.nikkei.co.jp/series/DF220320183621/
・アカデミーヒルズスクールでのセミナー https://www.academyhills.com/school/detail/av5bgp000000qhi5.html
・ヤフー株式会社LODGEでのセミナーレポート https://www.rubato.co/blog/19030301-2/

◆本講座の詳細については31~32ページをご覧ください。
戦略的プレゼン資料作成講座の全講座については前後のページをご覧ください。
https://www.slideshare.net/rubatoslide/190410-slideshare-rubato2

◆前回開催した本講座のレポート
https://www.rubato.co/blog/19052401/

▼講座ラインナップ

【総合】
① 戦略的プレゼン資料作成2日間集中講義https://bit.ly/32tVi2N
② 資料作成キャンプ https://bit.ly/2Q6rVPf
③ 全体プロセス演習https://00m.in/pRE8v

【単科講座】
①イントロダクションと操作https://bit.ly/36jnpnO
② ストーリーラインと情報整理https://bit.ly/3e4ZmLZ
③ 基本図解https://bit.ly/3cUJImk
④ 応用図解 https://bit.ly/3e2h4zV
⑤ グラフhttps://bit.ly/2yk3Jng
※【単科①〜⑤】と【総合-①】は同じ内容です

【実践講座】
① 操作と表現~文字と図形の操作 https://bit.ly/3aBqMJ3
② 操作と表現~表とグラフの操作https://bit.ly/2MLXjTs
③アウトプットのためのロジカルシンキングhttps://bit.ly/3e7pnKB
④ 図解実践~図解での比較~https://00m.in/eASRT
⑤ 図解実践編~ビジネス図解のルールhttps://bit.ly/2nZ0goP
⑥ グラフ実践編 https://bit.ly/3aAnQMO
⑦ ストーリーライン実践編 https://bit.ly/3h9dO7S

※おすすめ受講順
【総合-①】または【単科-①〜⑤】
→【総合-②】資料作成キャンプ(毎月開催)
→【実践講座①②③→④⑤→⑥→⑦】
→【総合-③】全体プロセス演習

※講座の開講日程はこちらのページからご覧いただけます
https://www.rubato.co/course/kojin_open


https://youtu.be/XGJbUgiiHpg
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

四ツ谷・飯田橋

価格(税込)

¥15,000

受けたい
46人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥15,000
場所 四ツ谷・飯田橋

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥15,000

この講座の先生

Rubatoアカデミア 講師チームのプロフィール写真
「人を動かす資料コミュニケーション」を実現します

Rubatoアカデミア 講師チーム

◆松上 純一郎
神戸大学大学院、University of East Anglia修士課程修了
米系戦略コンサルファームのモニターグループで、マーケティング・営業戦略等の策定に従事。その後NGOにて企業の新興国進出案件に携わる。現在はルバート代表取締役として、事業計画策定等のコンサルと研修に従事。

◆大塚 雄之
Thunderbird School of Global Management修了
外資系化学メーカー3M Japanでアカウンティング、キャッシュマネジメント、組織再編、ビジネス開発、工業用製品の予算策定・実績管理の業務等に従事。
現在は米系ヘルスケアメーカーで、ファイナンスの観点からvision策定と戦略実行サポートに従事。

◆渡邉 浩良
筑波大学大学院人間総合科学研究科修了
JTB総合研究所で観光のマーケティング戦略や事業戦略のコンサル業務に従事し、現在JTBに勤務。競合にプロポーザルで負けた経験から、資料作成研究をはじめる。

◆中川 拓也
慶應義塾大学環境情報学部卒業
JTBを経て、JTB総合研究所で観光のマーケティング戦略や事業戦略のコンサル業務に従事

この講座の主催団体

Rubatoアカデミア

ビジネスパーソンが社会で活躍するために不可欠な「ビジネスコアスキル」と「セルフマネジメントスキル」の2つの領域の実践的な講座を提供するアカデミアです。ビジネススキル習得のための集大成ともいえるロジカル思考に基づく「戦略的プレゼン資料作成講座」をメインに開講しています。

▼Rubatoアカデミアのミッション
Rubatoとは「テンポを自由に動かしながら演奏すること」を意味する音楽用語です。人ぞれぞれ、自分に合ったテンポで人生を歩んでいく。人は学び続けることで、自らを変え、人生を選び取っていくことができると私たちは考え、学びたいと思うすべての方に真摯に向き合います。

▼Rubatoアカデミアをスタートした背景
会社勤めの方から、よくこんな悩みを耳にします。
– ちょっとした資料や分析に時間がかかり、気がつけば残業。。。
– 話の内容や資料が分かりずらいとよく言われる
– 根性がウリだが、それだけでは通用しないと感じてきた
– 自分の考えを上司に上手く伝えられない
-顧客に提案がうまく伝わらない

仕事で行き詰まりを感じるのは、多くの場合、経験ではカバーで... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <講座の流れ>

    1.目的と伝えたいことを決める
      - DMP、DMUを考慮する
      - 自身と相手をプロファイリングする

    2.要素に分解する
      - ストーリーラインは「背景→課題→対策→効果」が基本
      - 基本から派生する3つの定番パターンがある

    3.スライド要素を決める
      - スライドの流れは拡散と収束
      - スライド要素からタイトルメッセージに落とす
    • こんな方を対象としています

      ・企画営業、マーケティング、経営企画、コンサルタントなど企画や情報をまとめて人に伝える仕事に従事されている方、あるいは目指している方

      ※営業・マーケ職からコンサルタントを目指される方や事業会社からコンサルティングファームへの転職を機に受講される方も多数いらっしゃいます。また、部署異動や転職によって、資料作成の機会が増えて自身のスキル不足を感じ、必要に迫られて本講座に駆け込んでくる方が多数いらっしゃいます。

      ▼参加条件
      ・元外資コンサルによる「戦略的プレゼン資料作成講座 2日間集中講義」を修了された方
      ・「戦略的プレゼン資料作成講座 2日間集中講義」の未受講者においては、講師松上の著書『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』の第3、4、5、9章の読了が参加条件。また、後半にグループワークがあるため、普段からパワーポイント資料の作成を業務として行われている方を対象といたします。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ▼講師
      ・松上純一郎、大塚 雄之、渡邉浩良の3名が担当いたします。

      ▼定員
      ・30名(最大)
      ※会場によって異なります。

      ▼持ち物
      ・ノート
      ・筆記用具
      ・「戦略的プレゼン資料作成講座 2日間集中講義」で配布した資料一式
      あるいは、「戦略的プレゼン資料作成講座 2日間集中講義」を未受講の方は『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』(技術評論社)

      ▼留意事項
      ・参加者からの質問などへの対応により、終了時間を30分程度オーバーする場合があります。予めご了承ください。
      ・急用等でどうしても日程の都合がつかなくなった場合には、事前に連絡していただければ半年以内の他日程に振替が可能です。
      ・勤務先が講座の費用を負担する場合には、ストリートアカデミーから領収書が発行できますのでこちらをご覧ください。https://support.street-academy.com/hc/ja/articles/201345225
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー14

    • 楽しかった!( 6 )
    • 勉強になった!( 11 )
    • 行く価値あり!( 10 )
  • M1

    男性 30代

    この講座は「資料構成を型で作成する講座」でした

    資料を作るときにどのような流れで描いていくか悩むことが多かったのですが、この講座を受けてシーンごとの構成の型が分かったので、その型に当てはめるだけで資料構成がうまく作れるようになりました。

  • M2

    男性 30代

    この講座は「コミュニケーションの本質まで学べる講座」でした

    本講座は資料のストーリーライン(シナリオ)を作成するためのポイントを「体系的」に絞って学べる講座です。特に「体系的に」というところがポイントであり、多くの優秀なビジネスパーソンが暗黙知として有していたことを本講座では、「見える化/言語化」してくださっています。
    本講座で「プロセスの型」を学ぶことにより、ストーリーラインを組むために、最もブレインパワーを注ぐべきところに集中してブレインパワーを注ぐことが出来るようになります。
    また、本講座は資料作成ということを前提としているものの、会議や1on1でのコミュニケーションなどにも十分応用の利く内容となっています。そのため多くのビジネスパーソンにとってメリットを享受できる講座内容であると感じます。
    最後に、講座運営を進めてくださった講師の方々や一緒にワークを進めた受講者の皆さんには、大変よい気づきと学びの機会を与えてくださったことに感謝申し上げたいと思います。

  • M3

    男性

    この講座は「明日から実践に使える講座」でした

    少々、レベルが高いです。

  • M1

    男性 30代

    この講座は「暗黙知が言語化されている講座」でした

    多くの人が重要性を説きつつも言語化できていない領域。それが見事に形式知化されておりました。

  • W1

    女性 40代

    この講座は「プレゼンマスターへの第一歩!」でした

    資料作成において相手に伝えることを意識した内容で大変有益でした。

  • この主催団体の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?