【リピーター様専用】もっともっと写真が撮りたくなる2時間集中講座!

講座を一度でも受けたことのある方専用の講座です。もっと学びたい!もっと写真のことを知りたい!という方のために。

こんなことを学びます

白石ゆうの講座を一度でも受けたことのある方限定の講座です。
生徒さんの希望によってマンツーマン講座、または数人で撮影会形式の講座も行っていく予定です。

「一度受けたけどもっと写真のことを学びたい!」

「一回じゃ理解できなかったからもう一度復習したい!」

など

もっと
カフェの料理をうまく撮りたい
人をうまく撮りたい
景色を綺麗に撮りたい
などそれぞれのご希望に沿った講座を開催します✨
 
 
この講座では
・もっとカメラ仲間を増やしたい

・情報の共有をしたい

・ダイレクトに写真の事を聞きたい

・自分の悩みをすぐに解決したい

・もっといろんな場所で撮りたい

という交流をメインにやっていきます✨

リピーター様はお気軽に開催希望されてください😊
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

11月26日(火)

15:00 - 17:00

福岡 / 糸島

予約締切日時

11月25日(月) 15:00 まで

参加人数

0/3人

開催場所

筑肥線 筑前深江駅駅 徒歩10分
深江海水浴場 〒819-1601 福岡県糸島市二丈深江2129−5

価格(税込)

¥6,000

  • 受付中

    11月26日(火)

    15:00 - 17:00

    福岡 /糸島

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
12人が受けたい登録しています

この講座の先生

「思わず人に見せたくなる写真」をお手伝いします

『糸島ドラマチックフォトグラファー』

24歳の頃、務めていた会社を辞め「歩いて日本一周」の旅へ。

約三年間全国を行脚し、思い出を残すため一眼レフを購入。

旅をする中で、多くの人に出会いお世話になった人を写真に収めることがきっかけで、カメラマンを目指すようになりました。

個人の方には
「誰かにこの写真見て欲しい!!」と思えるような写真を撮ってもらいたい。

事業者の方には
売上に直結する魅せ方を学んでいってもらいたい。

そんな想いで講師をしています。
 

現在は福岡県糸島市を拠点にカメラマンをしています。

最近では女性起業家の方を対象に
・PR写真撮影
・リアルに特化した好きを仕事にする起業塾
などを行っています。

生徒さんからは
「庶民的で質問がしやすかったです」
などのレビューをいただきました(笑)
取っ付きやすいみたいなのでお気軽に申し込みや講座のリクエストをされてくださいね✨ + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    生徒さんの学びたい要望で開催の仕方を変えていきます。
  • こんな方を対象としています

    スマホ講座・一眼レス講座を一度でも受けたことのある方限定の講座です。
  • 受講料の説明

    受講料には場所代、レッスン代が含まれます。

レビュー

  • 20
  • 楽しかった!( 17 )
  • 勉強になった!( 17 )
  • 行く価値あり!( 18 )
  • M2

    男性

    この講座は「楽しい講座」でした

    楽しく教えて頂き、わかりやすくよかったです!

  • M3

    男性 40代

    この講座は「もっともっと上手に写真が撮りたくなる講座」でした

    もっともっと上手に写真が撮りたくなる講座です。

    複数人が参加されており、単独行動ではなくペアになって撮影できる機会もあり、楽しく過ごせました。

    また参加したいです!

  • W1

    女性

    この講座は「楽しく学べる講座」でした

    今回は実際外に出て2回目のレッスンでしたが、分からない事があるとすぐ質問を投げかけて、すぐ解決できる!!すごく贅沢な時間でした。分かりやすく丁寧な回答で本当に楽しかったです。

  • M2

    男性

    この講座は「楽しい講座」でした

    楽しい講座です、毎回新しい発見があります!

  • W2

    女性 40代

    この講座は「勉強になる講座」でした

    何度も白石先生の講座受けてますが、毎回先生の人柄がよく、知識が豊富で話を聞いていて前向きな気持ちになれます。写真も頑張ろうと思えます。

  • この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?