お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

篠原明夫作文メソッド認定講師が教える 読書感想文対策講座

対面

読書感想文を苦手と思い込んでるお子様の自力で書き上げる満足感・達成感を引き出します!

こんなことを学びます

この講座は『スキルシェア2018』において、
ストアカの子育て・キッズ部門 カテゴリ別優秀講座賞を受賞しています
篠原明夫「フレームワーク作文メッソド」認定講師です

どう言う感想文が評価される感想文だと思いますか?
そもそも文章を書く力は何の為に身に付けるのでしょうか?
この2つが分かれば、文章なんて恐くない。作文なんてお茶の子さいさい。
もう読書感想文で悩む事はなくなります。

そして、あらすじを書いて、ろくに感想を書かない感想文を書いていた頃を恥ずかしく思います。
読書感想文なのに感想を書いていなかった……。
そして今まで書いていた「あらすじ紹介文」より、「読書感想文」を書く事の方がどれだけ簡単かって事に驚きます。

と言うのは理想形。
でも「感想文なんて大嫌い!」な子も、ちゃんと下書きまで書き終えられます。
※時間延長で、書き終えるまで指導します。

写真にもありますが、作文が不得意だった子が、区から賞状を頂きました。

この講座は、講師が誘導して書かせるものではありません。
子供の力を引き出して、自力で書き上げる講座です。
出来上がりの優劣の保障は御座いません。予めご了承下さい。

<小学 中学 高校 学校 夏休み 冬休み 宿題 読書 感想文 文章 作文 書評 基本 選び方 書き方 方法 コツ 読書メモ 楽 ラク らく 完成 簡単 終わる 解決 講座 ワークショップ >


<こんな風に教えます>
少人数制のグループ5人までで丁寧に教えます。


<持ち物>
下書き用の原稿用紙
筆記用具 読んだ本のメモ

<定員>
4名
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

相模原・大和

価格(税込)

¥4,000

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
7人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。

この講座の先生

書くことも芸術も出来る特定社会保険労務士!

昭和37年2月生まれ
一部上場企業の代表取締役を父親にもち
開業18年日本橋で事務所を開設し大会社様もお客様にして
仕事をしておりました。
社会保険労務士は公的な書類を書いた入り
会社の人事労務をお手伝いする国家資格です
社員研修やセミナーをするのも仕事のうちです
7年前熱海に引っ越しました
社会保険労務士業以外にもハーバリュウムの講師の資格を持ち
今は東京と熱海を往復する日々です
熱海の子供やシニアの食堂を主催するグループの副代表でもあります
障がい者・老人福祉に特化した活動を展開しています
山の幸染めのインストラクターコースに在籍中

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    9時   開場
    9時10分 開講
    9時40分 座学
          1なぜ文書が書けると良いのか
          2素敵な読書感想文とは・・?
          3お家で失敗する指導ミス
     ここで保護者の方は退室願います
     約2時間 (ご希望者は書きあがるまで居残り出来ます)
     1.読書メモを書く
     2.インタビュー
     3.作文設計図をお作りします
     4.とにかく書き上げてみよう!
     5.ちょっとだけ修正
    書き上げた人から解散
    13時 全員終了していれば閉講
    • こんな方を対象としています

      夏休み、なかなか感想文が書けずに、憂鬱な数日間を過ごしてしまう小学生~高校生。

      と、本来、児童・生徒を対象にしていましたが、
      ・子供と一緒の時間を過ごしたいお父さん
      ・ビジネス書の内容を深めたいビジネスマン
      ・指導のコツを学びたい学校教諭
      なども参加されています。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      エアコン対策で上着をご持参ください
      予め読書は終えて参加される事をお薦めします。
      読みながら、感動した場面をメモっておくと良いです。
      付箋は余り良くないです。

      兄弟姉妹、お友達など知り合いでの参加は2名以下でご参加下さい。
      仲良し3人娘での構成は他の参加者を巻き込んで全く進行しません。
      2人兄弟とそのお友達というパターンも進行が困難になります。
      顔見知りは2人迄でお願いします。

      当日は
      ・読んだ本
      ・筆記具(鉛筆はHBが推奨です。)
      ・原稿用紙(宿題に出された枚数をお持ち下さい。下書きまで書き上げますので、提出用の原稿用紙ではなく、100均やコンビニで売られているもので結構です。)
      ・宿題の分量を明確にしておいて下さい。原稿用紙3枚。と言うのは、3枚目に入っていれば良いのか、3枚目の半分は超えたいのか、1200文字なのかという具合です。お子様にもお伝えください




    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?