4回コース 人生100年時代の「マイライフデザイン」プログラム(4日間)

40歳~60歳代で、60歳代以降も活躍し続けたい人のための自分らしい人生をデザインします

こんなことを学びます

人生100年時代を迎え、
自分らしい人生も多様になりつつあります。

40歳~60歳代は、
既にスキルや知識、経験があります。
家庭の事情、人生の優先順位、人生観や人間関係も様々です。

人として成熟し、生活スタイルが多様化した私たちが、
活躍し続ける後半生とはどのようなものでしょうか?

「マイライフデザイン」プログラムは
「40歳~60歳代で、60歳代以降も活躍し続けたい方」
を対象に、
1)これまでの人生を5つの視点から振り返り
2)後半生を5つのアプローチでデザインし
3)他者の人生を参考にし
ワークショップ形式で人生100年時代の後半生を探求します。

1)これまでの人生を5つの視点から振り返る

<1> 人生を時間軸で再評価し一貫するビジョンを探る
<自分史視点>
人生で起きた過去の出来事を時間軸で再評価し、
過去に築いてきた土台と一貫する未来のビジョンを探ります。

<2> 人生充実のカギとなる「価値観と信念」を探る
<価値観視点>
自分でも認識しにくい自分の「価値観」や「信念」とは何かを理解し、具体的に引き出した「価値観」を満たすビジョンを探求する。

<3> 日常生活の理想的な「ライフバランス」を探る
<ライフバランス視点>
「生活環境」「仕事」「娯楽」「成長」「健康」「お金」「家族」「対人関係」
などの軸から自分の人生で大切にしていることを振り返り、
理想の状態、バランスを具体化します。

<4> 自分の特徴を理解し豊かな「人間関係」を探る
<人間関係視点>
「エゴグラム」*¹を活用して、
自分と他者の特徴や自分の人間関係の特徴を客観的に理解し、
理想的な他者との人間関係を手に入れるための計画を立てます。

<5> ゴール達成に必要な「リソース」を見つける
<リソース視点>
「人」「もの」「金」「経験」「知識」「技能」「性質」「時間」
などの過去に培ってきたリソースを洗い出し、未来に役立てます。
またゴールを達成するために新たに開発するリソースを見つけます。

2)後半生を5つのアプローチでデザインする

<1> 確実に達成できる8つのポイントでゴールを描く
意識と無意識の特徴を理解し、
意識しなくても達成に向かい続けられる
ゴールを描く8つのポイントを使って後半人生を描く。

<2> 成功のための思考・言動・やる気を引き出す
「iWAM(アイワム)診断テスト」*²を使って、
自分の「考え方」「行動」「言葉」「モチベーション」
に影響を与える「認識スタイル」を定量的に可視化します。
ゴール達成に有効な「認識スタイル」を特定し、行動計画を立てます。

<3> 後半人生の「ライフデザイン」を語る
後半人生のライフデザインを自分の言葉にします。
「スピーチ」として完成させ、他者にも伝わる形にします。

<4> 後半人生の「ライフデザイン」を描く
後半人生のライフデザインのイメージを引き出します。
ビジュアル化して、共有します。

<5> ライフデザインに「意識の階層」を調和させる
後半生のライフデザインを6つの意識の階層
「環境」「行動」「能力」「価値観・信念」「自己認識」「関係性」
の観点から再確認し、不統一感を調和させる。

3)他者の人生を参考にする

本プログラムは、
自分の人生を語ることにより、自身の人生の捉え方が明確になる。
他者の人生を聞くことにより、他者との違いから自分を理解する。
など気づきを生み出します。

① 2人のゲスト講師のライフデザイン
② 講師が講義の中で語る自分の人生
③ 他の参加者の人生
をご自身の人生の理解とデザインに役立てていただきます。

<前回開催時の参加者の声>
・一人ではなし得ない自分の振り返り・客観化が多様な人と共にでき、これからの生き方を考える貴重な機会を得られます。
・これまでの人生を振り返り、自分の大事な価値観を把握した上で今後のライフプランを立てる機会を持てます。
・参加者同士でのフィードバックをもらうことで、自分では気づかない視点を取り入れることができます。
・なりたい自分の姿を明確にして、これからの人生をデザインするヒントが得られます。
・これからも自分らしく生きていくために、 人生100年時代の自分の人生を、自分を再認識し、多様な人の経験を参考にデザインできます。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥64,800(¥16,200 × 4 回)

受けたい
1人が受けたい登録しています

この講座の先生

河村 庸子のプロフィール写真
マネジメントの「しくみ」「人間力」プロデューサー

河村 庸子

英国国立レスター大学MBA。
株式会社リクルートに入社後、大規模システムや商品開発を実践。
2002年、グローバル経営を学ぶためにニューヨークのIBMに出向。
帰国後は、国内外8事業の経営/マネジメントを経験。
2010年、業界1位から転落した400人の営業組織のマネジメント改革を実施。
1年間で生産性は2倍。業績はV字回復。
組織の人間関係、やる気、行動力を押し上げる、マネジメントの「しくみ」とリーダーの「人間力」を展開することを使命とし、2012年に独立。
現在は、プロセスマネジメントを実現する「PDCAマネジメント」と、部下指導のための面談・OJT・会議・対話など、人間力のトレーニングを提供。
著書は、「生産性マネジャーの教科書」と「リーダーの戦術ノート」。

この講座の主催団体

カリキュラム

  • 第1回 人生を振返る

    1[はじめに]講義
     プログラムの進め方(本間浩一)

    2[自分史視点/振返り]ワークショップ
     人生を時間軸で再評価し一貫するビジョンを探る(河村 庸子)

    3[事例]セミナー
     ゲスト講師のライフデザイン(1) (福井 修巳)

    4[価値観視点/振返り]ワークショップ
     人生充実のカギとなる「価値観と信念」を探る (河村 庸子)

  • 第2回 人生を振返りゴールを描く

    1[ライフバランス視点/振返り]ワークショップ
     日常生活の理想的な「ライフバランス」を探る (河村 庸子)

    2[事例]セミナー
     ゲスト講師のライフデザイン(2) (坂口 真実子)

    3[人間関係視点/振返り]ワークショップ
     自分の特徴を理解し豊かな「人間関係」を探る (河村 庸子)

    4[ゴール/描く]ワークショップ
     確実に達成できる8つのポイントでゴールを描く(本間 浩一)

  • 第3回 3つのアプローチでゴールを描く

    1[リソース視点/振返り+描く]ワークショップ
     ゴール達成に必要な「リソース」を見つける (大嶋 友秀)

    2[認識スタイル/描く]ワークショップ
     成功のための思考・言動・やる気を引き出す (内海 賢)

    3[スピーチ/描く]ワークショップ
     後半人生の「ライフデザイン」を語る (大嶋 友秀)

  • 第4回 マイライフデザインを発表する

    1[ビジョン/描く]ワークショップ
     後半人生の「ライフデザイン」を描く (本間 浩一)

    2[意識の統合/描く]ワークショップ
     ライフデザインに「意識の階層」を調和させる (河村 庸子)

    3 発表(受講者以外の見学可)
     「マイライフデザイン」発表会 (本間 浩一)

    4[まとめ]
     チェックアウト (本間 浩一)

  • こんな方を対象としています

    40歳~60歳代で、60歳代以降も活躍し続けたい人
  • 受講料の説明

    エゴグラム診断、iWAM診断テスト受験料、パーソナルレポート、テキスト・資料代を含みます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ・講師や他の参加者との対話に意欲を持って参加してください。
    ・ご自身の人生に関して宿題が出ます。事前に宿題をやってください。
    ・新しいやり方に好奇心を持ち、違和感を感じたときにもそれを楽しんでください。
    ・メールとfacebookを諸連絡、情報共有に使用します。

この主催団体の他の講座

relation

関連講座