無名でも出版できる!Kindle電子書籍のイロハが分かる講座

初心者でも最短3日で出版できる方法を教えます。

こんなことを学びます

【こんなことが学べます】
・そもそもの出版するメリット
・紙の本と電子書籍の違い
・Kindleで電子書籍を出版するべき<4つのメリット>
・出版の基本の流れ<かんたん7ステップ>

【こんな人にピッタリ】
・いつか出版したい
・同業よりも一歩先へ行きたい
・実績が少ない
・SNS、ブログ以外でメルマガの読者、フォロワーを増やしたい

【他にはない特徴】
・Kindle出版だけにとどまらないマーケティング知識が身につく
・DRMを意識した導線づくり
・Amazonランキング累計26部門で1位を獲得した
本人とクライアントの実績

【なぜ紙の本ではなく電子書籍なの?】

すばり、、

かんたんにブランディングできて
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
すぐに売上に直結するから!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

権威性、という点では商業出版(紙の本)には劣るものの

ーーーーー

◆実績をすぐにつくれる

◆見込み客をすぐ集める

ーーーーー

という点では
紙の本よりもスピーディー!


1~2年以上かけて
権威性をつくるか、

たった1日でも
まずまずの実績(ランキング1位)
を獲得して

専門性をアピールしていくか??


とくにこれといった実績がまだない
個人起業家こそ、

スピーディーに実績を積んでいける
後者を選択するべきです。


事実、私自身も、
ほぼゼロイチから始めた起業活動ですが、

"メルマガの専門家"としてメルマガに特化して発信し、
昨年初めてKindle本を出版し「著者」になったことで

自然と「先生」と呼ばれることが
増えてきました。

そして、毎日頑張ってSNS、ブログを鬼更新していた
日々からも卒業し、

出版してからずっと、24時間365日、
Kindle本からメルマガリストが集まり続けています。

他の人たちと同じように、
がむしゃらに量産型の集客方法を
選んでいたら、おそらくできなかったこと。


もし、あなたも

◆権威性アップ!

◆専門性をアピール!

そして

◆同業よりも一歩先へ行きたい

◆週1回のブログでもリストを倍以上に増やしたい


と考えるなら、ぜひ電子書籍の出版にトライしましょう!




※今回は、電子書籍の書き方については詳しくお伝えしません
※会場は追ってご案内いたします。







続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

新宿・代々木

価格(税込)

¥3,500

受けたい
2人が受けたい登録しています

この講座の先生

Kindle出版プロデューサー

1987年生まれ

会社員から"書く"ことを仕事にしたいと、起業家向けにステップメールのライティング代行を始める。
当初は案件単価を上げられず、月1人の集客もできない状態。現状を打破するために、ビジネスの基本やマーケティングを学びながら、徐々に制作実績を積み上げていった。

その後Kindle書籍を出版し、1冊目は1部門1位、2冊目で11部門1位、3冊目で過去最高の14部門1位を獲得。

ここでKindle出版において、分野カテゴリーランキング1位になるためのメソッドを確立し、生徒に伝授。中にはAmazonランキング15部門1位をとり、「女性と仕事」部門においてはベストセラーを記録する生徒も。

この実績から、本業がコンサル業の生徒のビジネスに広告費やツールなど集客費は0円で、

◆LINE @70件
◆メルマガ新規登録32件
◆顧客の新規ハウスリスト取得に5日間で102件

に貢献。

今後は、特にこれから起業を目指す人に、周りと差をつけビジネスを加速させるツールにもなるKindle出版を広めていく。 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    セミナー時間は90分

    ・自己紹介タイム
    ・電子書籍を出版するべき4つのメリット
    ・紙の本と電子書籍の違い
    ・電子書籍の中でもKindleを選ぶべき理由
    ・Kindle出版の基本の流れ7ステップ
    ・質問タイム
  • こんな方を対象としています

    おもに個人起業家
    ・電子書籍を出版したひと
    ・同業より一歩先へいきたいひと
    ・ブランディングに悩んでいるひと
    ・実績を増やしたいひと
    ・安定継続的に集約をしていきたい
    ・メルマガリストを安定して取り続けたい
  • 受講料の説明

    ※定価1万円のところ、オープン記念価格!
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ・電子書籍の書き方がメインの講座ではありません
relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?