お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

1人1人・1日1日の特徴を知り、人生が楽しくなる占星術講座

✦明るい愛と光があふれ出ます❗️ ✦人への理解が深まり心から人間関係を楽しめるようになります ✦あなたの大切な方お1人と、あなたを鑑定します

こんなことを学びます

 あなたの大切な方お1人とあなたの鑑定をします。

今と未来、そして過去まで変わる〜潜在意識を活用する方法はいくつかありますが、人への理解を深めて、自分の役割や価値を知って真の個性を輝かせていただきたい思いで開催いたします。
当たる当たらないという見方がされがちな占いですが、こちらの占い鑑定の意図は、占い鑑定することで、運勢が良くなることにあります。


※あなたとマヤ暦に関する説明書をA4紙15〜18ページを一冊のファイルにまとめてお渡しします!

あなたの人生の幸運な流れに乗り続けるためにご参加下さい。

私たちは、人生の目的や自分の使命をどうすれば実現できるのか⁉︎その実現できる方法を選んで生まれてきました。自分が選んだエネルギー(生年月日)、それがマヤ暦でいうKIN(ソウルナンバー)です。

マヤ暦と占星術について、関係のある言葉の意味や歴史、自分自身の適性や潜在能力を活用する方法を学べます。 また学習を通じて、より自分らしく生きることを後押ししてくれる仲間と出会うことができます。

参加者の方の個性と相性相関図、人生サイクルの鑑定結果と、260種類の個性の見方、身近な方の相性相関図の算出方法など、一回の講座でご自身についての鑑定はもちろん、身近な方の鑑定の仕方までを学ぶことができます。(※人生サイクル表は鑑定者ごと)

続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

梅田・北新地

価格(税込)

¥11,000

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
9人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。

この講座の先生

健康で明るく豊かな人生設計をコンサルティング

未来設定コーチ・コンサルタント なべくら恵美です。

お客様の自信につながりアファメーションになる占いを個人セッションに活用したところ、こちらの占いと出会えて良かったとお客様にも好評!

占いと願望との一致から自信につながるものの、お客様お一人でも自信のある状態と願望実現までサポートが必要だったので、セルフコーチングの仕方をお伝えすると、ご自身で目標や夢へ向かう自信や、好きなものを選べる自信になったり、行動を起こす後押しになったとのお声をいただく。

苫米地式認定コーチからコーチングを学び、独自のセルフコーチング講座開催や、占いの活用術をお伝えしています。

8年半の小樽商科大学在学中に café経営 、化粧品・健康食品の取扱店を兼営し美容部員として10年、飲食業での接客を20年間経験し、結婚。
8年前より関西での生活が始まり、金融業界で3年間の経験を積み、現在に至る。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    90分の講座の中で、鑑定結果をもとに才能や、人生サイクルにもとづいたポイントとなるタイミングの見方と、マヤ暦の活用の仕方をお伝えします。


    • こんな方を対象としています

      ✦願望実現したい方 ✦運気&幸福感を高めたい方 ✦悩みや古い思い込みから抜け出したい方 ✦運命のパートナーと出会いたい方 ✦自分の役割や価値を見極めたい方
    • 受講料の説明

      テキスト代
      ※2019年12月中までは、飲食代なども別途費用はかかりません。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 1
    • 楽しかった!( 1 )
    • 勉強になった!( 1 )
    • 行く価値あり!( 1 )
  • W1

    女性 40代

    この講座は「いいスタートがきれると思わせていただけた講座」でした

    毎日生きてる。
    ただ日々を送るのと自分という人間を客観的に分析をして目標を作って送るのと何年後かでいや何か月で差がでるなと思いました。せっかく生まれてきたので人生思いっきり楽しんでやろうと思いました。
    いろんなタイミングが重なってこの講座を受講したことちょっと鳥肌ものでした。
    私、引き寄せたな(笑)と思いました。
    ありがとうございました。またお世話になります。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?