ワンコイン演劇レッスン♪「カラダの声を聴く」

演じることは、自分自身と向き合うこと。いつも体は何かを感じ伝えてくれています。そんな体の声に耳を傾けてみませんか?

  • 開催回数

    1
  • 受けた人

    1
  • 受けたい人

    44
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

実はプロも知らない・・・演技の全貌‼

俳優にとって、演じることは昔から大きな関心事でした。
仕事だから、関心が高かったわけではありません。

演じることを職業にしていても、ほぼすべての俳優は、
演技するとはどういうことか、よく理解していなかったからです。

感覚としては漠然と分かっていても、説明したり言語化することができませんでした。

俳優になりたいあなたはどうでしょう?演技について理解してると言えますか?
演技を説明するのは、ひどく難しいことではありませんか?

だからこそ、古来から名優たちが「演技の極意」を書物に残してきたのです。
スタニフラフスキーの「俳優修業」やマイケル・チェーホフの「演技者へ」など、
あなたも読んだことがあるはずです。

しかし、名優たちがどんなに言葉を尽くして「演技の極意」を語っても、
本を読む私たちには理解できません。
なぜなら、名優が書き残した「演技の極意」は、個人の感覚を頼りにしているから、
どんなに深く読み解こうとしても、読者である私たちは想像するしかなく、
本に書かれた通りに演技をしても、正解が見えないのです。

正解がないと言ってもいいでしょう。
あなたと名優たちの体の感覚は違うのですから、当たり前の話です。
では、何を基準に演技をすればいいのでしょう?

演技とは、結局、俳優個人のものです。
個人が自分の感覚で行うものを規定しようとしても、基準を定めることはできません。
最終的には「自分で自分のやり方を探すしかない」に行き着いてしまいます。

しかし、演技には確かに「伝わる、伝わらない」があります。
演技の上手、下手はつまるところ、伝わるか伝わらないかです。
では、どうやって「伝わる演技」ができるのでしょう?

一度踏み込んだら抜けられない。誰もが陥る「演技の迷宮」・・・

「伝わる演技」を目指すと、俳優たちが陥る迷宮があります。
俳優が陥る迷宮とは何かというと・・・

俳優は演技するときに「どのように伝えるか」に意識が向きます。
俳優にとって、どのように伝えるかとは、どんな体の状態で伝えるかであり、
俳優が行う演技に関するすべての作業は、体の感覚に基づいていると言っても過言ではありません。

なぜなら、俳優は伝えたいことを観客に伝えるためには、どのような体の状態を作ればいいかを常に探し、トレーニングしているからです。
しかし、「どのように伝えるか」を突き詰めれば、待っているのは「個人の感覚」という正解のない迷宮です。

演技の迷宮に陥らないために、長い歴史の中で俳優たちは伝わる演技を導き出す基準や正解はないのか!と探し続けてきました。
そして、とうとう発見したのです!
台本の中に答えや基準が書かれていることを!

「どのように伝えるか」ではなく、「何を伝えるか」に意識を向ければ、
台本から「演技をする際の基準」を読み取れることに気がついたのです。

つまり、だれが読んでもシェイクスピアの「マクベス」は、王を殺そうとして失敗します。
「千と千尋の神隠し」の千尋は、お父さんとお母さんを「湯ばあば」から救い出します。

演技で大切なことは、「どのように伝えるか」ではなく「何を伝えるか」です。
見方を変えれば演技とは不可解なものではなくなります。

基本が学べない日本の演劇‼

しかし、恐ろしいことが起きています。日本では、演技の基本を教えてくれるところがありません。なぜなのでしょうか?

日本の演劇界で、基本が学べないのは「基本は誰でもが学べて、誰でもが共有するが、基本に自分の持ち味を上乗せして、個性を際立たせるのがプロ」という当たり前の考え方がないからです。

私は、悪しき日本の家元制度の影響ではないかと思います。
演劇には、いまだに奥義や秘伝が横行しているのです。

私はこのストリートアカデミーで、演技の基本を徹底的に共有したいと思っています。

基本を熟知して初めて、基本に忠実になるか、無視するかを選べるようになって、俳優は、演技からもっと自由になるはずです。

「感情の記憶」なんて覚える必要はないと私は考えます。個人の感覚に立っているとレーニングは無意味です。
大切なことは、ごく単純な演技の基本を学ぶこと。
一緒に楽しく基本を共有しましょう!

場所 東京都港区(お申込みいただいた方にご連絡いたします)
料金 500円
講師 斉藤 豪
   (演出家、映像作家、プロデューサー 文学座研究所を経てスーパーカムパニーで俳優として活動。モデルなども経験しながらアメリカ人女流演出家 映画監督デボラ・アン・ディスノーの片腕として20年に亘り様々な作品制作にかかわる。
現在は、演劇を使った地域おこし、ドキュメンタリー映像の制作など、日本の基層文化+演劇を探る活動を開始。)

お気軽にお問い合わせください!
ご連絡、お待ちしております。






この講座の先生

斉藤 豪

斉藤 豪

プロが教える映像、舞台両方で使える「自然な演技」

*米国公共放送局PBS人気ドキュメンタリー番組「Empire シリーズ」で放映されたドキュメンタリー・ドラマ「JAPAN :Memoirs of a Secret Empire/もののふたちの記憶」のProducer in Japanとして番組制作全般を統括。本作品は国際ドキュメンタリー協会賞...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数1

教えた人数1

当日の流れとタイムスケジュール

※下記は一例となります。
当日の詳細をご希望の場合は日時を指定の上お気軽にお問い合わせください。

18:45 受付
19:00 トレーニング開始 講師・メンバー紹介
19:30 映画の観方講座(台本の構造や、台本の読み方のエクササイズを同時進行)
20:00 簡単な台本を使った即興
20:30 講師からのアドバイス
21:00 希望者のみ15分ほど質疑応答や面談

こんな方を対象としています

開催日時:平日+土曜日19時~21時 外苑前駅徒歩1分

演じてみることに興味のある方。
普段気が付かない自分自身とであってみたい方。
年齢、性別、一切不問です。
定期コースとの同時参加となります。
どのタイミングで参加されても大丈夫なプログラムとなっておりますので奮ってご参加ください。

受講料の説明

参加費以外の費用はかかりません。
当日、動ける服装をお持ちください。

受講する際は以下をお読み下さい

動きやすい服装
飲み物
自分が役作りしてみたい人物が登場するJ-POPあるいは洋楽をCD等で持ってきてください。(参考資料として活用させて頂きます。)

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:銀座・大手町

    受講料:¥ 500

過去に開催した日程一覧

この講座の関連ツイート

Page Top