最短でWebサイトの成果を120%UPさせるアクセス解析!計画編

重要指標を決定しレポートを自動化します。そして、目標数値と改善アクションをセットにして継続的に取り組みを行う方法をお話させていただきます。

learn

こんなことを学びます

Webサイト(ホームページ)のアクセス解析をする際、多くのメディアで利用されている解析ツールがGoogleアナリティクスです。このGoogleアナリティクスをどういうふうに活用していくのか、Googleアナリティクスの概要や基本的な使い方について『初めてのアクセス解析(Googleアナリティクス)基本講座』でお話させて頂いております。

この講座に関しては、開催させて頂いたほとんどの回で、満席となり本当に有り難い限りございます。また、お受け頂いた皆様に嬉しい感想を頂くとともに、続編や中級編のリクエストをいただいております。しかし逆に「物足りなかった」といったお言葉もいただき、反省しながら講座テキストに改良を加え実施をしています。

そこで、この講座の続編としまして『最短でWebサイトの成果を120%UPさせるアクセス解析!重要指標に対する行動計画編』講座を開催させて頂くことになりました。この講座では、下記のような事をお話とワーク(下記1と3)を交えた時間で、その後に活かして頂けるように出来ればと思っております。


1.コンバージョンと関連性の高い指標を決める

コンバージョン(Webサイトの最終的な成果)として、多くのメディアではGoogleアナリティクスの目標設定にフォームの完了ページを設定しているかと思います。何かしらの申込み(予約)完了や資料請求者の獲得などです。また、イベントトラッキングを設置してダウンロードやクリック(タップ)に対してコンバージョンを定義しているかもしれません。

このコンバージョンに対して関連性の高い指標が何かを把握しておく事が成果をあげるための早道です。その関連性の高い指標を伸ばしていく(改善していく)ことで、コンバージョンもアップしていきます。逆にこの追いかける指標がコンバージョンと関連性が低い場合は、かけた労力が思ったほどコンバージョンに結びつきにくくなってしまいます。

本講座では、いくつかのメディアパターンに対して、『関連性の高い指標が何なのか』『なぜ関連性が高いのか』をお話させて頂きます。そうする事で運営される「コンバージョン」「関連性の高い指標が何か」を決定して頂けるかと思います。


2.指標のレポート化(自動化)

「コンバージョンが何か」「関連性の高い指標が何か」が分かれば(仮説をたてれれば)、Webサイトを運営していく上で、その指標に対する数値データを定期的に確認していく流れになるはずです。これは、Webサイトで成果を上げ続けるために何かしらの行動(コンテンツを作ったり、動線を変えてみたり、バナーやボタンをテストしてみたり)が、『コンバージョン』『関連性の高い指標』に影響するはずだからです。

これらの指標と数値データの確認作業を出来るだけ効率的にする為に、レポートを自動化する方法をご説明します。これはGoogleのデータスタジオというツールを使って行います。まだベータ版ですが、Googleアナリティクスのデータをグラフや表などのレポートに変換してくれる優れたツールです。あらかじめ運営するメディア用にレポートをカスタマイズしておくことで、その後の数値確認がとても簡略化されます。このデータスタジオというツールを使ってレポートを作る方法をご紹介します。


3.行動計画と具体的な行動例について

Googleアナリティクスを見るだけでは、Webサイトの運営はうまくいきません。成果を出すための指標ををアップさせる為の具体的な行動が必要になってきます。よく指標として設定されるパターンに対しての行動例をご紹介させて頂きます。また進捗管理が出来るよう行動計画シートの例もご紹介します。運営されているWebサイトと合うようでしたら、今後この行動計画シートをご活用して頂ければ嬉しいです。


■下記に該当する場合、参加いただく事で何かしら得て頂くものがあるかと思います。

・分析にあまり時間をかけれない方
・定期的に数値を確認して手作業でエクセルなどにレポートをまとめている方
・Googleアナリティクスをたまに見てPVなどを確認するだけの方
・改善策をたくさんするというより、成果に関連性の高い改善だけをしたい方
・Googleアナリティクスを見て、成果をあげていくための具体的なアクションが思いつかない方
・どの指標に対しての改善に注力したら良いか分からない方

■下記に該当する場合、この講座でご満足いただくのが難しいかと思います。

【アクセス解析に不慣れな方】
・またGoogleアナリティクスにログインした事がない方
・Googleアナリティクスでどういったデータが見れるか分からない方
・Googleアナリティクスを設定しているWebサイトをお持ちでない方

【難易度の高い分析手法や応用的な使い方を求められている方】
・大規模なWebサイト(メディア)を運営されている方
・サイト構造が複雑なWebサイト(メディア)を運営されている方
・ご自身で分析(課題抽出など)ができ、改善策がだせる方
・出来るだけ改善点を多く抽出して取り組みを行いたいと思っている方


<持ち物>
パソコン(iPad)、お飲み物、筆記用具、名刺など
※PC貸出はしておりませんが、コンセントをご利用頂けます。
※上記持ち物は必須ではありませんので、手ぶらでも問題ございません。

<開催場所>
株式会社ケイアートファクトリー大阪本社
大阪府大阪市西区南堀江1-7-4 マルイト南堀江パロスビル 7F
※四ツ橋筋沿いのオレンジストリート入り口近くです。1階に美容室が入っているビルです。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

心斎橋・なんば

価格(税込)

¥2,000

受けたい
28人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

Webマーケッター

広告代理店ケイアートファクトリー勤務。
メディア運営・分析・LPO・WEB広告などにおいて、様々な企業のWebマーケティングをサポート。Google AdWords 認定資格保持。Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)保持。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1.コンバージョンと関連性の高い指標を決める
    2.指標のレポート化(Googleのデータスタジオを使って自動化)
    3.行動計画と具体的な行動例について(行動計画シート使用)
    ※ワークとして取り組んで頂く時間もございます。
    ※内容が前後する可能性がございます。
  • こんな方を対象としています

    ・分析にあまり時間をかけれない方
    ・定期的に数値を確認して手作業でエクセルなどにレポートをまとめている方
    ・Googleアナリティクスをたまに見てPVなどを確認するだけの方
    ・改善策をたくさんするというより、成果に関連性の高い改善だけをしたい方
    ・Googleアナリティクスを見て、成果をあげていくための具体的なアクションが思いつかない方
    ・どの指標に対しての改善に注力したら良いか分からない方
  • 受講料の説明

    受講料にはテキスト代・場所代が含まれております。
review

レビュー

  • 5
  • 楽しかった!( 2 )

  • 勉強になった!( 5 )

  • 行く価値あり!( 4 )

  • 女性 20代

    この講座は「初心者でもわかりやすい講座」でした

    初心者でもわかりやすい内容でしたが、Googleアナリティクスの高度な使い方など大変役に立つ内容でした。今後の仕事に生かそうと思います。

  • 女性 50代

    この講座は「最短でWebサイトの成果を120%UPさせるアクセス解析!計画編」でした

    基礎編を受講したあとにそのまま計画編を受講しました。
    両方受講したことでより理解が深まりました。

  • 男性 40代

    この講座は「最短でwebサイトの成果を120%upさせるアクセス解析!計画編」でした

    実践的に活用出来るようにワーク+細かく解説していただきました。フォローもしてくださったので、アクセス解析をより深く理解出来ました。ありがとうございました。

  • 女性 20代

    この講座は「目的を明確にすることが出来る講座」でした

    前回教えていただいた基礎知識をもとに、どのような目標を設定し、何を改善しデータを分析していくべきかを丁寧にご説明いただきました。最近、行かれたセミナーでのお話などもしてきただき時間があっと言う間に感じました。セミナー後のフォローもしっかりしていただけるので、その場で分からない場合も安心だと思います。

  • 女性 20代

    この講座は「基礎だけでなく、「実践的で明日から活用できる講座」」でした

    分析後、実際に施策をどううつべきかモヤモヤした点があった状態で講習を受けました。成功した実例をパターン別で話していただいたことや、対策をうつ優先順位のつけ方、知らなかった分析ツールについてお話いただいたことは、とても学びになりました。また、先生が某会社の人気の講座で学ばれた内容も、惜しみなく話してくださり、丁寧でとてもわかりやすかったです。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています