指ハブを編む

平紐を使って沖縄の民芸品「指ハブ」を編みます。コレを使えば、誰とでも、意中の人とでも仲良くなれます

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
平紐を使った指ハブの編み方を指導します。編み具を一切使わない必殺の手編みの手法を伝受します。4本の平紐をを丸く筒状に編んでいきます。

<こんなことが出来るようになります>
指ハブとは、沖縄の民芸品でアダンという乾燥した幅広の葉を使って、筒状に細長く編んだものです。筒状に編んだ口の中に指を入れ、引っ張ると一瞬抜けなくなるという遊び方をします。この講座ではアダンの代わりに平紐を使って指ハブを編みます。色も柄も綺麗和風、海外の友人にあげても喜ばれるお土産になると思います。

<こんな風に遊びます>
完成したら、ぜひ友人知人あるいは子供さんに、試して見てください。相手が指を入れた瞬間「get!」(愛の告白、、)で引っ張れば、、、思いを寄せる彼or彼女と、きっといい関係になれると思います。

<こんな風に教えます>
少人数で実際に講師と一緒に作業を進めます。

<持ち物>
素材、ハサミ等用意しますので、持ち物は一切不要です。

<定員>
基本2名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

11月23日(土)

11:00 - 12:00

東京 / 吉祥寺・三鷹

予約締切日時

11月22日(金) 11:00 まで

参加人数

0/2人

開催場所

中央線 吉祥寺駅 徒歩8分
マックパソコン教室 武蔵野市吉祥寺東町1−5−11 マックパソコン教室

価格(税込)

¥1,500

受付中

11月24日(日)

11:00 - 12:00

東京 / 吉祥寺・三鷹

予約締切日時

11月23日(土) 11:00 まで

参加人数

0/2人

開催場所

中央線 吉祥寺駅 徒歩8分
マックパソコン教室 武蔵野市吉祥寺東町1−5−11 マックパソコン教室

価格(税込)

¥1,500

  • 受付中

    11月23日(土)

    11:00 - 12:00

    東京 /吉祥寺・三鷹

    選択中 選択
  • 受付中

    11月24日(日)

    11:00 - 12:00

    東京 /吉祥寺・三鷹

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
9人が受けたい登録しています

この講座の先生

無心の手作業は心の糧

手作業好き、放浪旅好きのお爺さんです。

 草玩具(草バッタ、金魚、フェニックス等)を作って、フリマに出したり、子供達に教えたりしています。
 ストローアート(エビ、サソリ等)は独特の雰囲気を持つ形態を考案しました.
 とても高く飛ぶ竹とんぼを作ります。無心に竹を削っていると時間を忘れます
 海外旅では日本人学校を訪問、現地の子供たちと一緒に折り紙を楽しんだりしています。
 折り紙は折った後で遊んで楽しめる、唇、花火、マジックボールなどが大好きです。
 数独は独自に編み出した3/2法を使えば、超難問レベルも楽々クリアーです。
 最近は裁縫に目覚め、ネクタイリメイクでペンケースを作ったりしています。
ーーー世界一周旅、自転車やバイクで日本一周、四国のお遍路をしたりしました。その時、上にあるような手作業の技のおかげで、外国でも言葉の壁を乗り越えて、現地の人たちと交流できました。

  • こんな方を対象としています

    初めて指ハブ編みを体験する方、体験してみたい方。
    指ハブを使って彼or彼女ともっと仲良くなりたい方
    お相手はいるがそのきっかけがつかめない方
    (肝心なことを忘れていました)
    純粋に純真な子供と一緒に楽しい時間を持ちたい方
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    素材、ハサミ等用意しますので、持ち物は一切不要です。

レビュー

  • 1
  • 楽しかった!( 1 )
  • 勉強になった!( 1 )
  • 行く価値あり!( 1 )
  • W2

    女性 50代

    この講座は「楽しくてわかりやすい講座」でした

    編み物など規則性のある作業が苦手で、うまくできるか心配だったのですが、とても丁寧に繰り返して教えてくださり、わたしにも指ハブを編むことができました。楽しかったです。
    練習して、いろいろな指ハブをつくってみたいです。

  • この先生の他の講座

    15

    開催リクエスト受付中

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?