働く人のためのビジュアル・シンキング(観察・分析力向上編)

美術鑑賞を通じて、観察・分析力を向上させよう!

こんなことを学びます

「働く人のためのビジュアル・シンキング(観察・分析力向上編)」

参加対象:「働く人のためのビジュアル・シンキング(対話型鑑賞の実践編)」を受講済みの方

美術作品をよく観察し、情報収集能力や分析力向上に役立てるための講座です。「何かに気付く」という行為は、情報をキャッチし、脳がそれらの情報を処理した結果です。しかしそれ以前に私たちは、自身のフィルターにより多くの情報を見過ごしている場合が多くあります。

そんな自身のまなざしを考慮に入れつつ、積極的に「観察」し、視野を広げてより多くの情報をキャッチするトレーニングの機会としてお楽しみください。

※何度でも受講可能です。


【開催概要】
・会場:Creator's District(渋谷駅徒歩6分)
・参加費:2,980円
・参加対象者:「働く人のためのビジュアル・シンキング(対話型鑑賞の実践編)」を受講済みの方
・定員:最大24名 ※予約制

※当プログラムはあくまでも個人向けのものです。研修等の場合は別途お見積もりになりますのでご了承ください。
※価格は予告なく改定されることがあります。


【プログラム】
Creative Arts Laboratoryでは、創作するだけでなく、対話型鑑賞会を通じて感じた想いを語り合い、気づきを得られるプログラムを実施しています。アート体験を楽しみながら、想像力・創造力を取り戻す場として、また自分と向き合う場としてぜひご参加ください。

▼プログラムの流れ
1. ​オープニング
​・アイスブレイク(自己紹介など)

​2. 導入
・「見えていない」を知る

3. ​鑑賞会
・鑑賞と分析

4. ​振り返り
・実施したこと/気づき/どう活かすか


作品の解釈は、「創る」活動と「見る」活動とをつなげて行うことで、豊かなものになります。ご自身のペースに合わせて、ぜひ「創る」活動にもチャレンジしてみてください!
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥2,980

受けたい
17人が受けたい登録しています

この講座の先生

"想い"が伝わる!アートコミュニケーション

1983年東京生まれ。東京造形大学卒業後、単身ドイツ デュッセルドルフへ。2年間の海外生活、創作活動から「アートを通して人の役に立つことをする」というテーマへとシフトしていく。
帰国後は、人々の自己肯定感を高め、自己や他者とコミュニケーションすることを主な特徴とした芸術療法を学び
老若男女を問わずアートワークショップを展開。

現在は、

「クリエイティブ」「学び」「対話」

をキーワードに、他分野で働く人々の知識や経験の共有や、参加者同士の繋がりの強化を行っている。


【これまでの活動内容】
・アートワークショップ主催【小学校夏期講座/造形教室(対象:子ども・大人)/療育】
・社会人対象イベント他

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?