動画制作ビデオカメラの扱い方【撮影】

ビデオカメラと一眼レフどちらがいいの?動く被写体はどう撮るの?

こんなことを学びます

【満足できる「動画」制作ができていますか?】
【動画編集に膨大な時間がかかっていませんか?】


動画制作において、撮影はどのくらいの時間を咲けばよいでしょうか?
撮りたいものを効果的に撮影するにはどのような位置にカメラを於けばよいでしょうか?

カメラフレームに収める画面の種類は3つしかありません。
それが映像制作理論です。

絵コンテの重要性は書いてみるとよくわかります。
書いたとおりに撮るには準備と勇気が必要なこともわかります。
そして絵コンテを書くと撮影が100倍らくになります。
そんなシンプルで効率良く、効果的な動画制作の方法をお伝えいたします。


◾︎こんな悩みを解決します。
・ 音楽をどのように挿入するか…
・ 撮影時の録音などをどのようにするか…
・ 音楽使用や著作に関してどうしらいいか…
・ YouTubeの利用方法などどのようにしたらいいか…
・ 想像以上に時間を費やす編集作業をどうしたらいいか…


★動画を発信することで自ら(商品・サービス)のブランド力を高める方法★

動画を制作することで、自ら(商品・サービス)の良さを再認識することができ、ブランド化を進められるということです。
【動画制作】x 【商品・サービスの再認識】=【ブランド化】

クライアントからのオーダーにて動画を制作はしているが、クライアントは「そんな大したものでなくても結構、チャチャッと仕上げて!」とのリクエストがあります。ところが、制作をしてみると、写真撮影して、加工してクライアントに納品するような流れでは「動画」は提出することができません。なぜなら、同じカメラ(機材)を利用していても動画制作はその制作過程が最初の最初から全く異なるからです。


動画の活用方法をマスターして、効率よく、最短距離でNY式映像理論を学びます。質の良い『動画の作り方』を手に入れ、効率良く動画を量産することができるようになります。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

目黒・五反田

価格(税込)

¥15,000

受けたい
7人が受けたい登録しています

この講座の先生

ワカムラ ショウタのプロフィール写真

ワカムラ ショウタ

  • 9人
  • 6回
教室ページをみる 先生に質問する

動画(映像)制作コーチ

自分や商品のPVプロモーションビデオの作り方をお伝えしています。どうやって企画するのか?フリーソフトでの編集のコツは?業者に依頼するとしたら見積の読み解き方は?など、機械やソフトの使い方よりも大切な、誰も教えてくれないことを教えます。
ニューヨーク市立大学ハンターカレッジ校で映画理論を学んだNY仕込みの撮影テクニック、監督術です。
家族のために映像を撮影して残す。
社内で動画を制作する、または現在プロとして映像を制作する必要がある方など、映像制作の基本から応用までお伝えします。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    90~120分程度

    <当日の流れ>
    60分  動画制作の撮影について
     ワークシートを書き込みながら、質問やディスカッションを繰り返していきます。
     弊社のカメラでテスト撮影などもします。ご自身のカメラをご持参頂く必要はありません。

    30分~ 質問

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?