【体験】ものの見方を楽しむ対話型鑑賞会

対話型鑑賞会を通じて、視覚や思考の幅を広げよう!

こんなことを学びます



『ものの見方を楽しむ対話型鑑賞会』(体験講座)

美術作品をよく見て、作品に対する自分の見方や感じ方、考え方を他の人と共有し、多様な見方や価値観を深めたり広げたりすることを目的とした対話型鑑賞会です。

★こちらは一度体験してみたい方のためのお申込みフォームです。通常クラスにご参加いただきます。

「アートってよくわからない」「子どもの頃から苦手だった」 方も気軽にご参加ください♪


【開催概要】
・会場:渋谷会議室
・体験費:1000円
※体験は、おひとり1回限りとなります。
・参加対象者:年齢不問。30代~40代 社会人の方が多いです。(初参加、お一人でのご参加も大歓迎です!)

※当プログラムはあくまでも個人向けのものです。研修等の場合は別途お見積もりになりますのでご了承ください。
※価格は予告なく改定されることがあります。

【プログラム】
Creative Arts Laboratoryでは、創作するだけでなく、対話型鑑賞会を通じて感じた想いを語り合い、気づきを得られるプログラムを実施しています。アート体験を楽しみながら、想像力・創造力を取り戻す場として、また自分と向き合う場としてぜひご参加ください。

▼プログラムの流れ
1. ​オープニング
​・アイスブレイク(自己紹介など)

​2. 導入
・「思い込みが目を曇らせる」

3. ​対話型鑑賞会
・鑑賞会ルール説明
・ダイアローグ

4. ​振り返り
・実施したこと/気づき/どう活かすか


【対話型鑑賞会通常クラス】
<クラス曜日>
毎月第3木曜日19:30〜20:45
毎月第3土曜日10:30〜11:45
※2か月に1度(第3日曜日)に美術館にて課外活動を行なっています。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥1,000

受けたい
56人が受けたい登録しています

この講座の先生

"想い"が伝わる!アートコミュニケーション

1983年東京生まれ。東京造形大学卒業後、単身ドイツ デュッセルドルフへ。2年間の海外生活、創作活動から「アートを通して人の役に立つことをする」というテーマへとシフトしていく。
帰国後は、人々の自己肯定感を高め、自己や他者とコミュニケーションすることを主な特徴とした芸術療法を学び
老若男女を問わずアートワークショップを展開。

現在は、

「クリエイティブ」「学び」「対話」

をキーワードに、他分野で働く人々の知識や経験の共有や、参加者同士の繋がりの強化を行っている。


【これまでの活動内容】
・アートワークショップ主催【小学校夏期講座/造形教室(対象:子ども・大人)/療育】
・社会人対象イベント他

レビュー

  • 3
  • 楽しかった!( 2 )
  • 勉強になった!( 1 )
  • 行く価値あり!( 1 )
  • W1

    女性 40代

    この講座は「身構えず絵画と向き合える講座」でした

    絵画の観察を通して自分自身の考え方、感じ方を見つめ直すと共に、他の参加者から異なる考えを聞くことで、新たなものの捉え方の気づきになりました。

  • W2

    女性 40代

    この講座は「見方が広がる講座」でした

    これまでの経験や知識から物事を見る癖がついてるのがよく分かりました。
    色々な角度から丁寧に絵を見ていくと、沢山の発見があって、面白かったです。早速美術館に行きたくなりました!

  • W2

    女性 30代

    この講座は「ビジュアルシンキングに触れられた」でした

    まだ、こういったことに触れたことがない方にとっては新鮮な体験になるかと思います。

  • この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?