ユーザビリティ評価実践入門(3)~計画編~

様々な製品やアプリ、Webサイトなどが、ユーザーにとってわかりやすくできているか、検証する方法が学べます。

learn

こんなことを学びます

【講座概要】
ユーザビリティ評価実践入門では、様々な製品やアプリ、Webサイトなどが、ユーザーにとってわかりやすくできているかを検証するための手法"ユーザーテスティング"のやり方を実践的に学びます。
ユーザーテスティングとは、被験者にタスクを与え、評価対象を実際に操作する様子を観察することで、問題点を発見する手法です。

ユーザビリティ評価を価値あるものとするためには、評価の各工程に様々な注意点や工夫が必要で、短時間の座学で伝えきれるものではありません。従って、ユーザビリティ評価実践入門は(1)~(4)の講座で構成し、それぞれ半日~1日程度の時間をかけて、より実践的、体験的にじっくりと学んでいただきます。すべての講座にご参加いただければより効果的かと思いますが、必要に応じて個別にご参加いただくことも可能です。

『ユーザビリティ評価実践入門(3)~計画編~』は、ユーザビリティテスト(ユーザーテスティング)を成功させるため、どのような計画を立てればよいか、実践的な課題を通して学んでいただきます。

【学べること】
『ユーザビリティ評価実践入門(3)~計画編~』では、以下のようなことが学べます。
・ユーザビリティテスト計画書作成(評価方法、タスク、被験者条件、スケジュールなどの決定)
・タスクシナリオの作成
・被験者リクルーティングについて

【指導方法】
・事前説明(ユーザビリティ評価の概要、ユーザビリティテスト概要)(40分)
・ユーザビリティテスト計画書の作成(課題実施・解説)(60分)
・タスクシナリオの作成(課題実施・解説)(40分)
・被験者リクルーティングについて(解説)(40分)
・ディスカッション・質疑応答(30分)

【持ち物】
筆記用具

【定員】
10名
3人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:東京都内

    受講料:¥ 40,000

萩本 晋 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

萩本 晋

ユーザビリティ、UXデザインの専門家

株式会社キトヒトデザイン 代表取締役

1993年 千葉大学大学院修士課程工学研究科工業意匠学専攻修了
1993〜1997年 富士ゼロックス株式会社 ヒューマンインターフェース アンド デザイン開発部にて、操作性デザインを担当
1998〜2012年 株式会社ヒューマンイ... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    【所要時間】3時間40分

    13:30 受付開始
    14:00 事前説明(ユーザビリティ評価の概要、ユーザビリティテスト概要)(40分)
    14:40 ユーザビリティテスト計画書の作成(課題実施・解説)(60分)
    15:40 休憩(5分)
    15:45 タスクシナリオの作成(課題実施・解説)(40分)
    16:25 休憩(5分)
    16:30 被験者リクルーティングについて(解説)(40分)
    17:10 ディスカッション・質疑応答(30分)
    17:40 終了
  • こんな方を対象としています

    ・ユーザビリティ評価に興味をお持ちの方
    ・これからユーザビリティ評価技術を学びたい方
    ・ユーザビリティ評価の経験があり、まだ試行錯誤中の方
    ・できれば『ユーザビリティ評価実践入門(2)~分析編~』を受講しているか、同等の知識、経験がある方
  • 受講料の説明

    参加費には、配布資料が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ・実施会場は、東京またはその近郊であれば対応可能です。
    ・事例として扱う評価対象製品は未定ですが、PC用Webサイトまたはスマートフォン用Webサイト、アプリを想定しております。
    ・ご参加人数が少ない場合、実施を見送らせていただく場合がございます。