ピアノ演奏に悩みをお持ちの方、その悩みの原因と解決法お伝えします!

遅く始めても、大人になってからでもピアノのテクニックは改善できる!自分の手が自由に動く楽しさを実感しましょう。

learn

こんなことを学びます

ピアノを趣味として楽しまれている方、これからもっと上達したいと考えている高校生、大学生、音大生、ブランクがあって、以前のようにピアノが弾けないと感じている方・・・

こんなお悩みはありませんか?

●弾きたい曲があるが、テクニックに自信がなくチャレンジできない
●仕事が忙しく練習時間が取れないのでなかなか上達感がない
●トリルが苦手・トレモロが苦手・オクターブ和音が苦手
●自分ではやっているつもりだが「もっと気持ちをこめて歌って」といつも指摘されてしまう
●速い曲は苦手意識がある
●脱力の仕方が分からない
●曲の中でどうしても弾けない部分がある
●どの曲を弾いてもなんだか重く、野暮ったくなってしまう
​●ミスタッチが減らせない
●譜読みが遅くて、なかなか一曲を完成させられない
●上達したいけど、練習が苦しい
●納得する音が出せない          etc・・・・


これらの悩みの原因と、解決方法をお伝えします!

当教室は、あなたのピアノ演奏のお悩みを総合的にだけではなく、ピンポイントでも解決するお手伝いをしております。

また、他のお教室で習われていて、テクニックだけを向上させたいという方には
御木本澄子さん「正しいピアノ奏法」、藤本雅美さん「ピアノのためのフィンガートレーニング」を教材として、基礎メカニック向上のみを目的としたレッスンも行っております。(こちらは既に原因が分かっている方向けの講座です)
お悩みが1つだけでも、気軽にお問合せください。

詳細、講師プロフィールについては、HPをご覧ください。
あなたが悩みを解決し、より充実した気持ちで、ピアノ演奏を楽しめるよう応援しています。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

さいたま

価格(税込)

¥5,000

受けたい
3人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

諦めないで、あなたのピアノ奏法の悩みを解決します!

はじめまして、MUSICA音楽教室主宰・ピアニスト・ピアノ奏法パーソナルトレーナーの高田です。

11歳で幼児教育科の先生にピアノを習いはじめ、
高校2年生からようやく本格的なピアノ指導を受け始める。
2006年 国際芸術連盟新人オーディション合格、学内選抜コンサート出演。日本教育連盟ピアノオーディション 奨励賞受賞
2007年 学内選抜サマーコンサート、ピアノコンサート出演
2008年 卒業演奏会出演
2009年 ソロリサイタル秋田、東京公演開催
2010年 日本大学大学院、芸術学研究科ピアノ専攻を卒業。ハンガリーにてリスト音楽院夏期セミナーに参加

大学院在学時より大人の中・上級者、ブランク有の方や受験指導を中心にレッスンを行う。現在までに2歳~60代までのべ80人ほどの指導経験あり。川越のセレモニーホールの専属ピアニスト、チェロ、クラリネット奏者の伴奏や演奏会でのソロ演奏活動も行っている。これまでにリクルート運営「おしえるまなべる」にて編集部のおススメ先生認定。ピアノ教室net.にて、教室ランキング全国1位を獲得(2015年8月~2016年10月)
+ 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    60分コースは基本コースです。
    まず初めに弾けない個所が、なぜ弾けないか原因の特定を行います。
    その後、原因の改善方法について、基礎から見直す方法と、即効性が高い練習方法の両方をお伝えします。受けられる方のお悩みにフォーカスしてレッスンを行っていくオーダーメイド制のレッスンとなります。
    ですので、当日、あるいは予めお悩みをご相談ください。

    目安としては60分でお悩み1~2つ程度ですが、お悩みの種類や数によって、どのくらいの数ができるか変わってきます。

    ご不安な方は事前にご相談ください。丁寧にお答えさせていただきます。
  • こんな方を対象としています

    ピアノを趣味でやっているが、悩みがある方。
    ピアノをもっと上達させいたいと考えている方。
    音大受験、音高受験、(専科、副科ともに)
    保育士、教員試験で実技ピアノが必要な方。
    テクニックだけを向上させたいと考えている方。
    ピアノ演奏に、なにか1つでも悩みを抱えている方。
  • 受講料の説明

    こちら60分の単発の料金です。
    時間に応じて料金変動します。
    この他にかかる費用はございませんが、不安な場合はお問合せください。

  • 受講する際は以下をお読み下さい

    普段弾いている曲、または悩みのタネとなっている曲の楽譜などをお持ちください。

more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています