ユーザビリティ評価実践入門(1)〜観察編〜

様々な製品やアプリ、Webサイトなどが、ユーザーにとってわかりやすくできているか、検証する方法が学べます。

learn

こんなことを学びます

【講座概要】
ユーザビリティ評価実践入門では、様々な製品やアプリ、Webサイトなどが、ユーザーにとってわかりやすくできているかを検証するための手法"ユーザーテスティング"のやり方を実践的に学びます。
ユーザーテスティングとは、被験者にタスクを与え、評価対象を実際に操作する様子を観察することで、問題点を発見する手法です。

ユーザビリティ評価を価値あるものとするためには、評価の各工程に様々な注意点や工夫が必要で、短時間の座学で伝えきれるものではありません。従って、ユーザビリティ評価実践入門は(1)〜(4)の講座で構成し、それぞれ半日〜1日程度の時間をかけて、より実践的、体験的にじっくりと学んでいただきます。すべての講座にご参加いただければより効果的かと思いますが、必要に応じて個別にご参加いただくことも可能です。

『ユーザビリティ評価実践入門(1)〜観察編〜』は、講座のスタートとして、実際のユーザビリティテスト(ユーザーテスティング)を観察するところから始めます。
これにより、実際のユーザーが製品を使う様子を観察することが、製品の課題を見つけるためにいかに役立つかを体験していただきます。
さらに、評価の狙いに合ったテスト運営を行うために様々な工夫が必要であることを感じていただけると思います。(2)〜(4)の講座では、ご自分でその工夫を実践していただくことになるので、そのイントロダクションとして最適だと思います。

【学べること】
『ユーザビリティ評価実践入門(1)〜観察編〜』では、以下のようなことが学べます。
・ユーザビリティテストの雰囲気および観察体験
・製品の課題を見つけるために、実際のユーザーが製品を使う様子を観察することの意義
・評価の狙いに合ったテスト運営には、工夫が必要なこと

【指導方法】
・事前説明(ユーザビリティ評価の概要、評価対象と被験者についての説明、観察のポイントなど)(30分)
・ユーザビリティテスト観察体験(60分×2名)
・ディスカッション・質疑応答(30分)

【持ち物】
筆記用具

【定員】
10名
5人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:船橋・津田沼

    受講料:¥ 60,000

萩本 晋 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

萩本 晋

ユーザビリティ、UXデザインの専門家

株式会社キトヒトデザイン 代表取締役

1993年 千葉大学大学院修士課程工学研究科工業意匠学専攻修了
1993〜1997年 富士ゼロックス株式会社 ヒューマンインターフェース アンド デザイン開発部にて、操作性デザインを担当
1998〜2012年 株式会社ヒューマンイ... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    【所要時間】3時間40分

    13:30 受付開始
    14:00 事前説明(ユーザビリティ評価の概要、評価対象と被験者についての説明、観察のポイントなど)(30分)
    14:30 ユーザビリティテスト観察体験 1人目(60分)
    15:30 休憩(30分)
    16:00 ユーザビリティテスト観察体験 2人目(60分)
    17:00 休憩(10分)
    17:10 ディスカッション・質疑応答(30分)
    17:40 終了
  • こんな方を対象としています

    ・ユーザビリティ評価に興味をお持ちの方
    ・これからユーザビリティ評価技術を学びたい方
    ・ユーザビリティ評価の経験があり、まだ試行錯誤中の方
  • 受講料の説明

    参加費には、配布資料が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ・実施会場は千葉県船橋市(船橋駅から徒歩約10分)の会場を予定しております。ご要望があれば、東京都内での開催を検討させていただきます。
    ・評価対象製品は未定ですが、PC用Webサイトまたはスマートフォン用Webサイト、アプリを想定しております。
    ・当日のユーザビリティテストの様子は録画いたしますが、現状その営業を参加者の方にご提供する予定はございません。ご要望が多い場合は、検討させていただきます。
    ・当日、講座参加者の方による録音・録画はご遠慮いただきます。
    ・ご参加人数によっては、実際のユーザビリティテストの代わりに、以前実施したビデオ映像をご覧いただく方法に変更する場合がございます。
    ・ご参加人数が少ない場合、実施を見送らせていただく場合がございます。