アートシーンで使える英語レッスン-課外授業-

都内の美術館やアートの現場、美術関連の施設へ出向き、作品鑑賞や見学を通して専門的な美術英語の表現や、日常で実践的に使える英語を学びます。

こんなことを学びます

参加者同士のアクティビティやディスカッションを中心に、アートの現場や制作活動、社会を取り巻くさまざまなシーンを取り上げながら、専門的な美術英語の表現や、日常で実践的に使える英語を学んでいきます。
初心者向けの講座です。

各回内容が異なりますが、都内の美術館、アート関連施設へ展示を鑑賞したり、美術に関連したお店などの見学へ行き、そのあとカフェで参加者同士で英語で意見交換を行うレッスンです。
場所は、各回変わります。これまでに美術館、ギャラリーで展示鑑賞のほか、商業施設でのカフェレッスンなどを行ってきました。
様々なジャンルの美術に触れるとともに、実際に体験した内容や展示作品を英語で考えたり、英語でディスカッションをしながら、専門的な美術英語の表現や日常で実践的に使える英語を学びます。

英語でのコミュニケーションに苦手意識がある方、
アートやデザインなどクリエイディブシーンで活躍している方、
作家活動や仕事を国際的に展開していきたい方
などにおすすめです!
会話・アクティビティ中心のレッスンですので、初級レベルの方も是非ご参加ください!

主催している東京築地にある itadaki BLDG. -いただきビルディング- は、ア
ーティストやクリエイター、起業家の方々のためのシェアアトリエビルです。
英会話レッスンにもアーティストやクリエイターなどが多数参加していますので、美術関係で仕事をされている、またはこれからしていきたい方々、
アートに興味がある方々、アート向けの英会話を探してる、クリエイターやアーティストと交流をしたい、というかたにもおすすめの講座となっています。

続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

未定

価格(税込)

¥2,000

受けたい
19人が受けたい登録しています

この講座の先生

加藤 久美子のプロフィール写真
アーティストやクリエイター向けの英会話レッスン

加藤 久美子

1998年からアラブ首長国連邦ドバイに滞在。
2004年帰国。
2011年に大学院修了。
設計事務所・広告会社に勤務した後、フリーランスとして翻訳業を本格的にスタート。
クリエイティブ関連の翻訳を中心に、明快で自然な表現の英日翻訳を提供している。
また、フィールドワークをベースにしたインスタレーション作品を展開する現代美術作家としても活動中。

ことばは人間が生み出した豊かなコミュニケーションツールであり、その意味は日々更新されています。
英語を使うことが日常的になった現代、一つひとつのことばがもつ奥深さを追求しながら、皆様と世界を繋げるお手伝いをしたいと考えています。

この講座の主催団体

アーティストやクリエイター向けのイベントを開催!

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    各回内容が異なるため、大枠の概要となります。
    回によって変更することもありますので、ご了承ください。

    ・都内の施設、美術館など指定の場所に集合
    ・施設の展示、アート関連のものを鑑賞または見学(フリータイムあり)
    ・カフェへ移動
    ・鑑賞したテーマについて、各自発表
    ・特定の美術ジャンルまたは様々なトピックにフォーカスを当て、それについて意見交換を行う。
    • こんな方を対象としています

      英語でのコミュニケーションに苦手意識がある方
      アートやデザインなどクリエイディブシーンで活躍している方
      作家活動や仕事を国際的に展開していきたい方
      美術関係で仕事をされている方、またはこれからしていきたい方
      アートに興味がある方
      アート向けの英会話を探してる方
      クリエイターやアーティストと交流をしたい方
    • 受講料の説明

      受講料には、レッスン代、材料代、カフェ飲食代が含まれます。
      美術館や施設などへいく場合、入場料は受講料には含まれません。
      その旨ご了承ください。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      初心者向けです。
      ※1回分の料金。
      ※毎月定期開催。企画内容によって金額が変更することがあります。
      ※1回のみでも参加可
      ※各回出向く場所が違いますのでご注意ください。
      ※集合場所は、ご予約後にお知らせいたします。
      ※現地集合、現地解散となります。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?